1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 | 8|  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 |  33 |  34 |  35 | All pages

2010年08月15日

三日目。

 三日目は暑かった~。

 鳥人ヒロミさんの彩男同棲編を読んで、そういえば原作ちゃんと読み終えてないんだった、と思い出した!えー赤鬼と黒鬼が斬り合いなんてしてたんだっけ。
 いとう由貴さんのオリジを数冊買ったのでこれはゆっくり読む。環レンさんとのフィギュア漫画がベタだけど面白い。続き物だそうなので楽しみ。
 えすとえむさん…新刊二冊あるなーと思ったら一冊はスペインのフットボールもののか。原作読んでないや。ケンタウロスシリーズの新刊がうれしい~…けど、舞台日本て…なんかちがう!あと馬は足まげて座らないとおもう!
 大和名瀬さんは、やはりあたしは豆茄子カプそんなにすきではないのかも…と思った。面白いんだけどね。
 大竹直子さんの新刊は軍人じゃなかった…時代物だった。
 本橋馨子さんとこのオリジ本も買った。
 あと、口蹄疫チャリティーの合同誌を買うつもりで間違って別の本買っちゃった…庭とかで頒布あるかなあ。

 なんかテンションが高かったのか、作家さんに結構声をかけさせていただいてしまった…。あー変なこと言ってなかったかなー。

2010年08月14日

一日目。

 旅行に行く前に財布から出したのは覚えているのだけれど、その後ICカードどこにいっちゃったんだろう…とここしばらく探していたのですが、そういえばこないだクレカ一体型に変更したのだった。ようするにクレカがICカードなんだ!すっかり忘れてた。

 きのうは夏祭り一日目にいちきましたv
 一般参加でマリィさんとコスあわせ目的ですv今回は、聖なるお兄さんマンガの大天使さまで、マリィさん→ミカエル、クロエ→ガブリエルです。わはは。地黒なあたしがやると、ガブリエルというよりジブリール、という感じかもしれないとか思いつつ。
 ジャンル日ではなかったのもあってちょっとアウェイ感がありましたが、なんと神の子!コスの方にお会いすることが出来て、一緒に写真をとらせていただきましたvありがとうございました~!

2010年08月03日

ベトナムとカンボジア。

 ごぶさたしました~。
 現地からもちょびっとだけツイッターしましたが、ベトナムとカンボジアにいちきましたv
 今回は、ここ数年チケットがとれないクロアチアがやはり今年もとれず、行き先選びに難航するかと思いきや、Sさんの崩壊する前にアンコールワットを見ておきたい、という言葉でわりとすんなり行き先が決まりました(笑

 ベトナムはハノイにいちきましたv
 ツアーだったのでハロン湾観光が入っていたのですが、ハノイから車で三時間以上かかり、道もあまりよくなかったので、車に弱いあたしはgdgdになってしまいました…。あと雨季で天候も微妙だったので、風光もさほど感銘をうける感じでもなく…鍾乳洞もまあふつうの鍾乳洞で…ちょっと残念だった…。
 あとはバッチャン村にちょっと寄ったり、ハノイで水上人形劇をみたり。ホーチミン廟では、今までで一番厳しい警備体制をみた気がした。手荷物検査もあったし、廟の入り口の警備兵さんとか、ちょっとでもあやしいうごきしたら銃剣で刺し殺されるんじゃないかという感じでした…。


ホーチミン廟

 食事はKhai's BrothersのビュッフェがよかったvあとHa Hoiは店員さんが関西芸人のような面白いひとでよかった(笑。
 今回ホテルは多少はりこんだので、ニッコーハノイで、もちろん万全だったのですが、特に朝ごはんのビュッフェがおいしかったv

 それからハノイを出て、空路シェムリアップへv
 カンボジアははじめてだったのですが、とにかく空が広くて緑が多くて、とってもキレイv…な街なのですがー、でもそれはたぶんアンコールワット観光のための街シェムリアップだからで、観光地としての歴史もたぶんそんなにないからで、だからとってもキレイなんじゃないかなあ…という気もしたのです。


シェムリアップ空港の夕景

 アンコール遺跡群はよかったです!アンコールワットではスコールに降られてしまったけれど、やっぱりスゴイ。堀の水にうかびあがる寺院の形態が、とっても均整が取れていてうつくしい。アンコールトムはとにかく広い。事前に三島の「癩王のテラス」を読んでおこうと思っていたのに、忘れてたのが残念…。あとバイヨンて名前が既になんかいい。しかしとにかく、どこも人が多かった!


スコールぎみのアンコールワット内

 クメール料理はわりとおいしかったv夕食ビュッフェのときにアプサラダンスを見て、あれ習いたい!と騒いだのだけれど、あたしはぜんぜん指が反らないことが判明してがっかり(笑。
 あとカンボジアの人々はみんなにっこにこで、親切なひとが多かった。どちらがいいとかではなくて、わりと事務的なベトナムとはけっこう対照的だった気がした。
 ホテルはここではメリディアンアンコールvで、それはもう堪能しましたとも!メリディアンって、たしか高河ゆんの『REN-AI(恋愛)』で、落ち込んでる久美に真吾がどうしょうもない誘い方をしてたホテルで(笑、なんかすごい印象に残ってる。一日自由日をつくっておいたので、ホテルのプールとかお茶とかスパとかで遊んでました。しかし…昔は、わざわざ海外に行ってホテル遊びするというのがあまり腑に落ちなかったんですが…やー、楽しいもんですよね(笑。


メリディアンのプールサイド

 そんなこんなで、あっという間の旅行でございました。あっという間に八月になってるよー!

2010年07月17日

サランラーップ。

 さいきんの池上彰のモテっぷりはパねえなあと思っていますが、そんできよほうへんさまざまだなあとも思っていますが、彼がニュース845で毎日毎日毎日つまんねえダジャレを言ってた過去についてはあまり話題に出てこないので、あまり知られていないのかなあと思います。池上さんのつまんないダジャレは私屋カヲルのコミクスでもネタにされていたなあ。

 そんなわけでこないだは出張にいちきました。まだ筋肉痛…な、へんな出張だった…。あたしの出張は年に三回くらいあって、きっと他の仕事のそれよりも少ないんだろうなと思っていたんだけれど、冷静に考えてみると別に少なくもないかもなあ。
 で、ホテルでひさびさにテレビを見てた(部屋にテレビがないので)のですが、強烈なCMをやってて思わずくいいるように画面をみつめてしまった!

 サランラップという設定の岡田准一が、野菜炒めお兄さんやきんぴらお兄さん、ハムおっさんやいなり五兄弟にどんどん抱きついてくのですよ…!企画立てたひとはぜったいふじょしだと思う…すごくカワイイと思います!!!

2010年06月21日

奇妙なギャルソンと奇妙な客。

 そんなわけでついったーのアカウントをつくりました。使い方がまだよくわかってないし、うまく活用できなさそうな気がしますが、よかったら遊んでやってください。山中クロエで登録してます。

 先日は蜂郎さんマリィさんと、ギャルソンカフェというところに行ってきまして、ああいう、なんていうのでしょう、接待カフェ?設定カフェ?は初めてで、ちょっとどきどきしておりました。
 担当してくれたギャルソンが小池徹平伊集院先生似のかなりの美少年?美青年?だったのはよいのだけれど、なんというかめちゃくちゃ浮世離れした人物で、会話のリズムがめちゃくちゃゆっくりだわ、サービングもめちゃくちゃとろとろしてるわ、あなた一般社会で生きてけてるの?大丈夫なの?と心配になってしまいました。ちょう不思議ちゃん。マリィさんは『初恋姫』の花時雨だと評してましたが、ほんとどこぞの深窓のおひーさまかというか、花時雨の方がまだものになるんじゃないかという感じで、あれではきっと普通の飲食店ではやっていかれない。まあ斬新な体験でございました。

 今日は友人と旅行の相談を兼ねて飲みに行ったのですが、ちょうどあたしたちのテーブルの横が個室になっていて、でも壁のほとんどがガラスばりなので中がよく見えてたのですよ。それはいいんだけど、たぶん注文の品なのだろうお皿を持って引き戸を開けた店員さんがぎゃっと叫んだのでそちらを見てみると、なんか中の女の人達が着替えてて、下着も見えてるの。動揺して出てきた店員さん(男)が気の毒だったのでちょっと声をかけたのですが、彼が前代未聞です…と呟いていたのが印象的でした。なんだろうね、彼女たちは新手のスタンド使いだったのかなあ。というわけで今日もびっくりだったのでした。

2010年06月11日

映画『レギオン』

 ネタバレぎみです!
 バルト9で見てきました。画像はサントラで代打。
 人間を滅ぼそうという神の意に逆らい、人類を守るために地上に降り立ったミカエル。自ら翼をもいだミカエルは、銃を手に最後の希望である赤子をみごもったチャーリーの元へと向かい、ただ一人で天使の軍勢へと立ち向かう。

 うーん、設定はすごく面白そうなんだけれど、なんだかとっても勿体無かった。

 そもそも戦い方が、人間に取り付いた天使たちがチャーリーたちをおそう、という形なので、見た目は狂った人間との戦いだし、あんまし天使軍という設定が活きてない感じ。トレイラーの、天使の軍勢が空を駆けるような戦いを期待していたのに、普通のパニック映画になってしまってた…(涙。
 チャーリーの働いてるダイナーの人々やその客の描写が多かったのも、パニック映画っぽかった理由のひとつだと思う。人情話的なパートが多くて、けれども結末がああなので、なんか中途半端…。
 あと、予算があんましなかったのではなかろうかとも思う。CGもいまいちだった気がした。唯一有翼のままやってくるガブリエルのあたりとか…。ミカエルの斑紋も、いかにもマジックで書きました、という感じで…。あと翼をもいだあとの傷口とか、あんなに大きな翼をもいだらもっと傷は大きいだろうし、あんなすっぱり平らにならないと思う…。世界の終末の描写もアメリカ国内だけだし、それもラジオの情報くらいしかないし。

 それはさておき、やっぱりもっとミカエルをきっちり描いて欲しかったなあというのが一番大きい。役者さんや、コートに銃火器な外見はプーチンみたいですごくカッコよくてよかったんだけれど、なんかキャラが練りきれてなかった感じ。
 人間を愛し、人間のように生きたいと思い、神の命令に背いて翼をもいでまで地上にやってきた天使、というのはすごい魅力的な設定なのに、いくら天使にとり憑かれているとはいえ、ためらいもなく人間を殺してしまうし、チャーリーを守るのが第一とはいえ、お客を見殺しにしてしまうし(しかもその後、オードリーは助けに行くし…あれはチャーリーが無茶をしようとしたからなんだろうけれど、なんだかふにおちない…)。人類のために殺人をおかしてしまい、その後苦悩したり祈りをささげるなどの葛藤が見たかった…。あるいは、価値観の違いから、機械的に敵を倒していく様子をチャーリーやジープに恐れられ、人間を守るって言ったのになんでそんなに冷酷なの?とかゆわれて動揺させられてしまうミカエルとか。
 あと、神の命令には背いたけれど、神がくださった自分の心には背けない、というセリフはよかったのだが、ガブリエルは神の命令に従い、自分は神の御心に従ったのだ、という解釈は、そうなの?と思った。なんかそもそものこの話の根幹であるところの神の意というのがわからなくなってくる…確かに最後は、神の意志はわからないのよ、と閉められてるけれど…。なんか設定が荒いなあという印象。
 ガブリエルに点数稼ぎめ!とかゆうのもなんかなあ。全般にあれだ、ミカエルは、高潔でいて人間臭い、もっとこてこてのキャラでいてほしかったなあと思う。そもそも、他のキャラの描写が多いせいもあってか、ミカエルの描写自体が物足りない。ミカエルがもっとがっつりメインかつがっつりキャラ立ちしてる映画を期待してたんだよなあ…。

2010年05月31日

フィルハーモニア管弦楽団@サントリーホール。

 サロネンをきいてきましたv
 フィルハーモニアはなんかイギリスらしく華やかな感じ(個人的な印象だけどイギリスのオケってそんなイメージ)で、キラキラしてた。なんかコンマスにやたら見覚えがあったけれどなんでだろう。サロネンは意外と小さかった。

 はげ山の一夜原典版は、鐘ってならさないんだっけ?ラヴェル版では鳴らすような気がするのだけれど。あと、幻想の最終楽章もワルプルギスなので、なんであえてこの選曲なんだろう…とは思った。演奏は、ちょっとイメージにあわなかった感じもした。
 バルトーク中国の不思議な役人は、バルトークがちょっとニガテなのと、曲自体が初めてだったこともあって、すごく聴いていてつかれた…。
 幻想交響曲、一楽章難しいなー。三楽章はのどかなのでちょっと眠くなった。四、五はやっぱりカッコいい。演奏もハマっていてとってもよかった。ところで、ハープ複数台って、二楽章だけかー。うーん…アマだとトラ代的に大変なのかなあ。
 アンコールは悲しきワルツ、ローエングリンで、ワルツはすごい緩急とけれん味のある演奏でちょっとびっくりしたのだけれど、思い返すと全般的にそういう傾向なのかなあ。幻想二楽章のワルツもそんな感じだった。ローエングリンはメインで聴いてみたいと思った。

 いずれにしても、オーケストラを聴くのは久々だったので、とってもいいリフレッシュになりましたv

2010年05月27日

サラサーテか。

 あんまりすきではない曲も、生でいい演奏を聞くと一気に大好きになったりしてしまうのって、結構あるなあと最近思います。ピロウズのニガテ曲をライブで聴いて大好きになるのとか、ニガテな食べ物も本場でおいしいのを食べて好きになったりとか、そんな感じ?(笑。

 すこし前、未来のマエストロに無伴奏ツィゴイネルワイゼンを聴かせてもらってから、ニガテだったこの曲もかなりすきになりました。ツィゴイネルって、やっぱりあんまりぎょうぎょうしくて、あざとくて、ニガテだったんですけど、バイオリン部分だけで聞くと凛としてて(奏者の個性もあったけど)意外な感じでよかったし、あと生だというのもあって、技法とかもわかりやすく理解できて、よさに気づけたような気がします。フリッシュのピチカートがちょうカッコイイこととか。
 あんまり関係ないけど内田百間つながりで、鈴木清順のツィゴイネルワイゼンを見ようと思っていたんだったそういえば。

 あとラヴェルの序奏とロンドカプリチオーソは、タクミくんの二次で音楽話書くときに聴いたことがあったのですが、また二次でバイオリンのでてくる話を書こうかなと思ってまた聴いてます。これもすき~タクミが弾くにはカッコよすぎでいい(笑、原作者のセンスが。ところでこれ、サラサーテに献呈されてるのね。そういえばツィゴイネルっぽいというかロマっぽいね。

 さいきんはあとブルッフのスコットランド幻想曲が気に入って、ずっと聴いてます。これはユーチューブのディスコ機能で適当にハイフェッツから聴いてたら流れてきた曲で、最終楽章がブルッフらしくてスコットランドっぽくてとてもいいのです。…ところでこの曲もサラサーテが初演で被献呈者なのかー、そうかーすごいな!

 バイオリン曲のことばかりだけれど、来週はサロネンを聴きに行くのでそっちも楽しみ!

2010年05月19日

映画『シャーロック・ホームズ』

 さいきんなんかもうカオスかつゲル化している感じなのです。なんかもうヤーなのですがそうも言っていられない…。

 公開前にポスターを見た瞬間に、これは絶対見なきゃいけない映画だな!と思っていたのですが、なんかこんなに遅くなっちゃった。レイトショーでみてきましたv画像は例によってサントラで代打。

 ダメダメホームズとイケメンワトソンがワトソンの婚約で痴話喧嘩してたら、なんか黒魔術の団体さんが悪だくみしてまして。

 とっても面白かった。19世紀のロンドンの映像もよかった。細かい仕掛けが多くて頭がつかれた。
 テンプル修道会という事件の設定は、なんかありがちな設定だという気もしたけれど、いちおう最後には推理で解決したのでよかったかな…。
 あと、そんなに原作にくわしくないので、細かいネタがいまいちわからなくて(推定)残念だった。くるみとか、左右の指をぜんぶあわせるとか、そんなあたりはわかったけれど、たぶんもっとあったはず…。

 ホームズは、なんかもうちょっとカッコよくてもよかったんではなかろうか。魅力的ではあったけど、なんか、こう…もったいない感が…(笑。身長が小さいのが気になったのかな。ただ、ダメダメホームズというのもわりとよくある設定だけれど、それでもカッコいいというのが一般的だったような気がするので、あえてそういう演出なんだろうなあとは思うが。メアリーへの暴言をしまった、と思ってる表情とか、かわいそうでよかったなあ(笑。そしてそのメアリーは、病院での反応がとてもカッコよかった。
 一方のワトソンはカッコよすぎてとってもよかった。強かったし。ダメダメなホームズに愛想をつかしたいのに巻き込まれてしまったり、ついつい興味を示してしまったりというのが、ベタでよかった。忘れてった銃を見て、わざとか?とか思うとことか。そしてそんな関係なのに、造船所でワトソンが自分の身をかえりみずにホームズをかばうのが、今飛ばなくても変わらなかったんじゃない?役に立ってなくないか!?と萌え、逆に工場でワトソンが危険になったとき、ワトソンの方はホームズを気づかったのに、ホームズがワトソンではなくアイリーンを助けに行ったのにオイイィ!!と萌えた。

 …や、べつに、萌えとかそういうの抜きにして、とても面白いいい映画だと思います。べ、べつに邪な期待なんて…ちょっとしか…ほんとですよ!

2010年05月05日

大人買い。

 連休が終わっちゃう…。

 最近ジョジョは原作を遠く離れてしまって、あたしの中でゲシュタルト崩壊をおこしてますが、それでもジョジョは好き~。
 ゲーセンのプライズでとったジョルノ!カコイイ!!最近のプライズはスゴイ!

 これはヴィレッジヴァンガードで買ったイギー!これも元々はプライズなのかな?かわゆい~!!

 あと最近またエヴァのいろんなグッズがでているけれど、なんでカヲルくんものはないんだろう!あったら絶対コンプするのに!

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 | 8|  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 |  33 |  34 |  35 | All pages


もくじ

映画『ゴースト・バスターズ』
映画『シン・ゴジラ』
そんなわけで、
運命石。
沖縄。
放電中。。
あっ…
2015ねん。
映画『幕末太陽傳』
映画『Godzilla』
ボストン交響楽団@東京芸術劇場。
そんなこんな。
映画『サイコ』
鹿児島。
サクレクール。
大阪。
映画『ウォーキングwithダイナソー』
映画『鑑定士と顔のない依頼人』
2014年。
全日本フィギュアスケート選手権。
「午前10時の映画祭」
「レオ・レオニ 絵本の仕事」
「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」
危機。
結婚式。
WBC。
ご無沙汰しました…。
映画『塀の中のジュリアス・シーザー』
2013年^^
そんなわけで、
映画『最強のふたり』
「ジョジョ展」
いきもの。
映画『これは映画ではない』
おまつり。
鹿児島。
夏祭り、京都。
お引っ越し。
九州。
へにーで。
妄想。
「五月場所千秋楽」
映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』
がっかり。
うちなー。
いちねん。
へにーで。
映画『おとなのけんか』
「没後150年 歌川国芳展」
「スターズオンアイス」
ひさびさにヘニーデ。
2012年!
一日目。
映画『アンダーグラウンド』
映画『ベニスに死す』
映画『サヴァイヴィングライフ』
映画『人生、ここにあり!』
映画『明日のパスタはアルデンテ』
三日目。
一日目。
ハワイ。
映画『ブラック・スワン』
ドロドロ。
ルクエ。
めも。
こんばんは。
二日目。
新年ー。
おおみそかー。
映画『インセプション』
三日目。
一日目。
ベトナムとカンボジア。
サランラーップ。
奇妙なギャルソンと奇妙な客。
映画『レギオン』
フィルハーモニア管弦楽団@サントリーホール。
サラサーテか。
映画『シャーロック・ホームズ』
大人買い。
ここは…
映画『フィリップ、きみを愛してる!』
春。
グーグル様。
新年。
二日目。
映画『イングロリアス・バスターズ』
チンチラとか。
バロック。
宴の後。
三日目。
一日目。
映画『GOEMON』そのた。
パラオ。
戻りました。
カオスというかエントロピー過多というか。
「中島敦展―ツシタラの夢―」
酒は飲んでも太るな。
さば。
限界なんて、
「森鷗外展 -近代の扉を開く-」
Yonda?パンダ。
ヘニーデ。
バックシートドッグ的に。
もう三月!?
新年~。
三日目。
「Akinator」
映画『僕らのミライへ逆回転』
「NHK音楽祭」
都道府県大戦。
ぐだぐだなるままに。
冬ですね。
映画『デトロイト・メタル・シティ』
自分にご褒美とかごまかすな。
おろかなくちとかいて。
仕事だっつーの。
サヨナラサマー。
ベトナムに行ってきました、その2。
ベトナムに行ってきました、その1。
わー!
君の夢がかなうのは、
沖縄に行ってきました。
沖縄。
東京でバナナが育つくらい。
『連想キャラバトン』
日焼け止めレビュー。
衝動買いのガイドライン。
六月祭。
雨の歌、だったん人の踊り。
「眼鏡人伝」その7
やれやれだわ。
映画『俺たちフィギュアスケーター』
電脳めも。
まよいがこいもも。
月とか太陽とかに吠えたい。
旅旅。
旅。
いちごがすきでもあかならとまれ。
かわいさ選手権・第二回。
リンクありがとうございました。
新年。
二日目。
江戸東京博物館特別展「文豪・夏目漱石―その心とまなざし―」
博多大阪。
出張中。
三日目とか。
二日目。
一日目。
カワイさ選手権。
「やれやれだわ。」
『知りたいバトン』
そんなわけで。
忙中閑…なし?アレ?
春ですね。
BL萌えツボタグクラウド。
週刊萌えニュース。
サロンミュージック「KELLY'S DUCK」
美DIO。
映画『ファントムブラッド』
入稿とか。
ドラマ『百鬼夜行抄』
タグクラウド。
立春とかいうの。
文楽『摂州合邦辻』『妹背山女庭訓』
ワーキングライクアドッグ。
そういえばペニシリンってどこ行ったの?
新年ッ!
二日目。
ストレイテナー「Melodic Storm」
映画『パプリカ』
文楽『義経千本桜』
かえりみる。
iPOD shuffle。
50000ヒット御礼&7周年記念。
忙中閑あり。
軽さと重さ。
文楽『仮名手本忠臣蔵』
四国に行って来ました。
帰りました。
ナルト
地の底
土佐
道後温泉
だから暑いのか。
三日目。
一日目。
gdgdだ。
駒苫の主将がメガネ。
映画『DEATH NOTE -デスノート-』
一回戦。
"Henryk Szeryng plays Tzigane by Ravel"
テディベアUSBメモリ
守村伊集院と医龍アイコン。
最近の、
大体オッケー。
志賀。
『管理人の輪を増やそうバトン』
タグふれんず。
太陽にみとれて少し焦げた。
昼寝をしてしまったよ。
迷っている時間はないですよ。
ロッシュフォール
映画のお楽しみ。
たけのこ食べたい。
映画『変態村』
temporarynotice
映画『ブロークバック・マウンテン』
清明。
「マヨイガの成分解析結果」
アーカイブについて。
時代が望んでも、流されて描いたりしないぜ!
『見た人はすぐやらねばならないバトン』
ネットのあれこれ。
まんがのかきかた。
にゃんこもえ。
三井寿
イタリアに行ってきましたその2。
仕切りなおしだ。
イタリアに行ってきました。
帰りました。
イタリア。
改装中。
名前をつけてやる。
「おお振り妄想オープニング」
つらつら。
そんなわけで。
諸行無常ね。
電柱殿下は雪兎の夢を見るか。
背景変更しました。
「AudioScrobbler」
コミックランキング更新。
それでは文学、文学…
コミックランキング更新。
映画『チャーリーとチョコレート工場』
サイトデザインを替えました。
コミックランキング更新
コミックランキング更新。
「ちゅねとも」を導入しました。
バック絵変更&フジミはじめました。
夏コミに行ってきました。
広島に行ってきました。
コミックランキング更新。
映画『ハウルの動く城』
梅雨明けにて。
コミックランキング更新。
土手。
コミックランキング更新。
コミックランキング更新。
ククールさん。
映画『呪怨』『アザーズ』
バック絵変更しました。
BL Review Ringに参加しました。
「電柱殿下の奇妙な冒険」
ザ・ニューサイト!
あけましておめでとうございます
過去ログを整理しました。
アカネ
いわゆるひとつの衝動買い
映画『カーリー・スー』
「月下の一群」3(小説)
「月下の一群」2(小説)
「月下の一群」1(小説)
アロマ
試験は終わる、されど終わらず。
アリーヴェデルチ(じゃ、またね)。
バック絵変更しました。
ヘニーデ姫
コミックランキング更新
ドラクエ
まだ一応霜月なのだが。
空条徐倫
バック絵変更しました。
ウッソー!?イヤ?
テディベアル
ミスチル
たまにはきちんと日記を書いてみよう。
紀宮って一発変換なのね。
「ジョニー・デップ」と「空飛ぶクルマ」
めまぐるしい日々。
元気玉
コミックランキング更新しました。
田臥萌え
禁断症状中
「あなたの漢らしさを鑑定」
「仙台ダイヤモンドクレイジーズ」
教科書雑感
「甘党のピテカントロプスはサトウキビの夢を見るか」
「偉人たちの代理戦争」
O-ZONE「Dragostea Din Tei」
しるこを食ふの記

コミックライティング
フレグランス
携帯と状態
映画『シックス・センス』
コミックランキング更新
帰り道
思わず描きたくなる…
お金がない
マイヤヒーフラッシュ
ファッション
ほんかくサスペンスまんが
ライブドア
タッチタイピング
ランキングはじめました
光の速度で
文学ですが何か?
月がキレイですね
わらいごと
ラッシュ
ランナーズハイ
トップ
あなたとあたしさくらんぼ♪
Lくん
元気です
はぁ
うつくしきもの
「ドラマ版デスノートキャスト候補一覧(まとめ)」
スタンド
まじめにがんばっている教員も一杯いると思うのよ
アナログ
映画『ヴァン・ヘルシング』
わたしと映画と映画館と
今日の予定そのた
あっ
まだ体が痛いのよ
sleepy head

「EdMax」
小人は夜来る
バック絵変更しました
洪水は我が机上に及び
魔法のほうきをイメージした新しい乗り物SWEEPER
はぁ。
二学期がはじまって。
完全パンクマニュアル「はじめてのセックス・ピストルズ」
このサイトについて
MOVABLETYPEを導入しました
過去ログ
リンク
with Ajax Amazon
with Ajax Amazon