1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 | 33|  34 |  35 | All pages

まじめにがんばっている教員も一杯いると思うのよ

 泣きぬれて夕餉の下ごしらえをしつつ(活きのよいタマネギであった)、こないだ市民(シトワイヤン)・おやぎさんがそのサイトYAGIWHEREの日記の中で、マヨイガの更新頻度について触れておられて、省みるだにだらだら日常を垂れ流すわたくしのブログなんて恥ずかしゅうございますよ、と平身低頭的気分だったのですが、まぁそれでもやめはしないので、どんどん垂れ流していこうと思います(笑。
 まぁそれもあってかなくてか、絵日記にはマジメな話は入れないつもりでずっと来たんだけど、実験的にちょっとずつ書いてみようかと思う。

 さて、リンクすぐに切れちゃうだろうけど。
 <小6同級生殺害>学校の対応うわべだけ 保護者に違和感
というヤフーの記事を読んでいて感じたのは、ここには「学校」「教員」への批判のまなざしがうずまいているということで、聞き及んでいる学校側の
対応を考慮するとそれは致し方ないのだろうけれど、どうにも「学校批判」が前提として/共通理解として存在しているようで、はっきり言ってしまえば愉快で
はない。
 たとえば「加害女児を「犯人」と呼んだ児童に「友達のことを犯人なんて言うな」と怒鳴る教師。校長は処分決定の翌日、6年のクラスで加害女児をかばうよ
うな説明をし、子供たちから「なぜ悪いことをした子をかばうのか」と強い反発を受けた。」という部分。この記述からでは「加害女児をかばうような説明」の
内実はなんなのか?など、詳しいことはわからない。しかし、「友達のことを犯人なんて言うな」と発言した教員がいたのは、おそらく事実なのだろう。
 まず私事で恐縮だけれど、ここを読んで「もしわたしの授業の中で、こういう発言をする生徒がいたら、わたしはどう反応するだろう?」と考えてしまった。
「教師」は「怒鳴」ったと表現されているけれど、「児童」の発言には何の注釈も与えられていないので、これまた様子がわからない。けれども、それはもしか
したら「教師」がたしなめたくなるような発話行為だったのかもしれない。だったら、多分わたしは一瞬止まってしまうと思う。それこそ文字通りに止まると思
う。
 もちろんだからといって、その場で即座に「怒鳴」った「教師」を賞賛したり擁護したりする気は毛頭ないのだけれど、当事者である教員にとって、もはや教
室という「場」は戦場に等しいものなのではないか、とも思うのだ。
 近年「学校」や「教員」が批判されるのはいわれのないことではないし、仕方のないことだとも思う。しかし、直接に関わっている保護者や生徒からのそれは
ともかく、メディアが一方からのまなざしのみで事象を「語る」のは、すごく怖いことだと思う。
(ただし、ここでは学校側が取材をほとんど拒否しているらしいので、また違う問題もはらんでいるのだけれど、メディアがそれのみを言い訳にするのは怠慢と
いうか想像力の不足だと「も」思う)
 まぁ、一番問題なのは、最近何を言っても結局メディア批判になってしまうわたしの方かもしれない。自己韜晦をふくめて、先入観には気をつけたいものです
ね。先入観というか、自己の思考・発言の土壌の存在か。
 というかさ、イチローのここにきての一試合五安打ってスゴイですね。

2004年09月21日

アナログ

 iPODのためにいろいろ手直しするのが面倒で、以前リアルプレイヤーでつくっていたMP3をiTunesでつくりなおしたのですが、どうせ容量はたっ
ぷりあるしと思って今回は高ビットレートでつくりました。なので、以前のデータは消去したわけなのですが、一曲だけは以前のバージョンもとってあるので
す。
 それがピロウズの「RAIN
BRAIN」という曲なのですが、このファイルには、どういうわけなのかイントロの終わりで音が切れてしまっている部分がありました。この曲のイントロで
は二小節が四回繰り返されるのですが、その四回目の一小節と二小節の間、つまり歌に入る直前に一瞬無音が入るのです。それがやけにカッコよくて、とても気
に入っていたので、ゴミ箱から拾い上げて(あぶないあぶない)残して置くことにしたのです。
 こういうのって、テープ時代にはわりとよくあった楽しみだと思うのですよ。聴きすぎてゆるゆるになってしまったのがかえってカッコよかったりとかね。
MP3ったってもデジタルデータなのだから、ほとんどそういうお楽しみが発生できない状況なわけなんだけれど、それでもまれにこういうことがあるのです
ね。まぁ、何が言いたいのかというと、それすらも奪ってしまうCCCDってどうよ?ってことですが。

映画『ヴァン・ヘルシング』

 したっけ、観て来ました。感想を書こうとするとどうにもこうにもネタばれなので細かいことは割愛しますが、ラストの展開とラストシーンは個人的には微妙
でした。あの終わりは次につなげる終わりであって、それはそうなのかも知れないんだけれど…。あと周辺に関して、フランケンシュタイン博士とかジキル博士
とかの配置センスは個人的に好みでした。他で言うと『シャンハイ・ナイト』もジャッキーの役名とかラストの「あの」場面だけでゆるせるくらいに、「そーい
うの」好きなので(笑。
 それはともあれ、一番強く感じたのは、あのフンイキがどうにもこうにも椎名高志を思い出してしまうってことで、これは自分ながらかなりショックでした
(笑。前述の人選もふくめて、錬金術の描写とかすごく椎名。ドクター・カオスとか出てきてゼンゼンおかしくないもの(笑。だからなのかな、もっとコメディ
であっても面白いのかも??なんて思いました。
 あ、なんだかXMENを思いだすなぁと思ってたら、ヒュー・ジャックマンはウルヴァリンをやっていたのか。全く忘れていたよ…。
 さて、『ハウル』はもともと観るつもりだったのですが、テレビで流してない(というかわたしが見たことのない)予告を見て…、はッ!今の何??半裸の萌
えキャラがッ!??


こんなんですぜ。
 内容ゼンゼンしらない
んですが、この萌えキャラの声をキムタクがあてるのですか?異様だ。異様過ぎる(もともとハヤオの声優を使わない主義には疑問なのですが、それにしてもキ
ムタクはないでしょう。あと、魔法使いということだから外見もいろいろかわるのですか?そうではないとしたら、…あのキャラとかあのキャラは別の人間なの
であって、要するに男性陣は萌えキャラだらけということになってしまうんですが…。
 ハヤオよ、あなたは何処へ行くのか。

2004年09月20日

わたしと映画と映画館と

つい出来心で20GBを買おうと思っていたiPODを40GBにしてしまった昨日の今日、忘れていた先月の旅行代金の引き落としが発覚し、泡をふいて倒れ
そうです。
でもiPODおもしろい~。かわい~。こないだメインマシンにJAYROと名前をつけたんだけど(LANつなぐときに他マシンにJOHNNYだのなんだの
つけようという愚かな算段で)iPODは二秒ほど考えた(@東京大学物語)末に、Giornoにしました。なんかそんな気分だったのです。
今日は夜映画を見に行こうと思います。
わたしが映画をなかなか見られない理由にはいくつか自覚しているものがあるのですが、ひとつには確実に幼少時のPTSD(もうこの扱いをしてよいくらい
に)があるので、日教組をうらんだり腹をたてたりしましたが、もうひとつには映画に限らないことなのですが、わたしはどうにも作品世界にのめりこみすぎる
ような気がしていること、特にそれがスクリーンから流入してくるとかなり疲れてしまうという理由があります。そのくせ最近はレイトショーばかりに行くので
(チケ代のためではなく、何となく気軽に行きやすい気がするから)今日も10時くらいから見て帰ってきたら眠れなくなるんではなかろうかと非常に心配です
が、まぁその時はその時で。
あと全く関係ありませんが『ベルリン
天使の詩』という邦題はどういう経緯でつけられたのか唐突に気になりだしました。原題も英題も関係ないですよね?邦題オリジナルなのでしょうか。好きなん
ですよ、このゴロ。もちろんピロウズの「バビロン 天使の詩 Verses of
Angel」の存在も込みですが(笑、いやいや、ここにバビロンという名を持ってきたさわおのセンスもなかなかだと思いますがどうでしょうか(笑。この曲
はわたしはピロウズダメソングの雄だと思っているし、そんなダメっぷりをかもしだすにはバビロンというトポスがピッタリではありませんか。ピロウズはさて
おき、どなたかご存知でしたらご教授くださいませ。

2004年09月19日

今日の予定そのた

 ここ数日ピロウズばかり聴いているし、あたまの中をずっとまわってもいるんだけど、一番まわっているのが巴里の女性マリーなのです。「君は有名な巴里のお嬢さん♪」って。なんだかな。

 裏ジョジョの絵を企画絵を描いていたら、なんだかものすごい分量・派手さになってしまいました。どうしようか(いや、どうしようもない。やっと最近ペインタークラシックスに慣れてきましたが、どーにも慣れないアプリって息がつまりそうになるので、仕上げでフォトショップに移行するとやはりホッとします。あとフラッシュも作ってますが、使い方をほとんど忘れていて、いろいろ検索しながら作りました。でもやはり楽しいですね、フラッシュって。

 今日はiPODを買おうと思ってます。論集入稿したら、自分にご褒美だッ!と思っていたのですが、まだまだゼミ発表やらなんやらありますね。まぁいいさ。その後友人と沖縄料理を食べにいちきます。

 関係ないけど、女性誌の広告コピーとかで、平仮名で「ごほうび」とか「ごちそう」とか書いてるのを見ると、とても情けない気分になります。百閒先生の『御馳走帳』は大好きです。

2004年09月18日

あっ

いやいや、ちょっとまってくれ、今日わたし誕生日だったそういえば(笑。わーい。うれしいのか悲しいのか。

まだ体が痛いのよ

そうそう、昨日本屋で、『タラ・ダンカン』の絵に村田蓮爾をつかうという出版社の意図とかセンスとかってどうなのよと思いつつ、また村田蓮爾のこの絵もど
うなのよわたしには手抜きに見えるんだけど~?違うのだとしたらさ、それはそれで村田蓮爾どうなん~?と思いつつ、こんなことを以前も考えたような気がす
るので不毛だからやめた(遅いか。
昨日は疲れのあまり状況がよくわからない日記を書いてしまったけれど、とにかくまだ体がちょっとイタいです。でも筋肉痛が間を空けずにきてたのは喜んでい
いのか。
遅くなったけれど、ピロウズ15周年のセットリストをよそ様の日記で確認させてもらい、元の日記
追記。いちおう曲名だけでもと思ってメモは作ってみてたんだけど、Midnight Downだけ忘れてたなぁ。あとWalkin' on the
spiralだけは初聴きだったので(もちろんその未来は今もだけど)、やっとタイトルがわかった。こうしてみると、うすうす気づいてたけど、ロストマン
からハッピービバークまでのアルバムからそれぞれ5曲ずつとか選ばれてたのだなぁ。

2004年09月17日

sleepy head

なにか足が筋肉痛で(とびすぎ)、つまさきが痛くて(踏まれすぎ)、首も凝ってて(見上げすぎ)、眠いですが(仕事ってなにさ)、気分はわりかしいいので
す。入稿にいちきました。正直、ホッとしました。もう何をいわれようとも知りません。済んだことです。
とにかく、少し眠らせて…

2004年09月15日

だんだん秋めいてきましたね。まだまだ暑い日もありますが、空はもう秋ですね。今日は秋刀魚を二尾食べました。食べすぎです。油が。
昨日から、仕事に追われているせいもあるんだけど、とにかく今日のこの夜を鬱屈せずに過ごして就寝したいがために、がんばって仕事をやっつけたり先送りし
たりいろいろしてました。で、わかったのは、いつもぎりぎりまでことに取り掛かれないのは、やはりただの怠惰だったということです。やればできるんじゃ
ん。
さて、ドリエルでも飲んで明日のために早く寝まーす。明日は四時間授業で、そのあとAXにいちきます。

「EdMax」

 パソコンを買い換へて、以前のメーラはメデイアで残つておらぬ、されとてアウトルツクは危険であらう、サテ、メーラをどうしやうか、と思ひ思ひしつつ、ベクター
どを覗いてゐたところ、なんとフリーのメーラを発見、しかもインタフエイスは昔わたしの愛用してゐたベッキー旧版にうりみつつ(ベッキー2はどうもダメだったんだ)、早速ダウンロードし、サテサテどんなものかと使用してみたところ、アラ心地よきかなの使用感、コレでフリーとは太つ腹な、ただし名前が気に食わぬ、EdMax、イーデイーマツクスとは何のことやら、まるでイン(略、ではないか、そこだけが気に食はぬ、気に食はぬ、…ヤヤ、違つた、エドマツクス、これがそなたの呼び名か、アホか、なんだエドマックスって、蝶パンクじゃねぇか、気に入ったぜコンチクショー!
---
Edcom home Page」さん
http://www.edcom.jp/(宮崎年之さん)

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 | 33|  34 |  35 | All pages


もくじ

映画『ゴースト・バスターズ』
映画『シン・ゴジラ』
そんなわけで、
運命石。
沖縄。
放電中。。
あっ…
2015ねん。
映画『幕末太陽傳』
映画『Godzilla』
ボストン交響楽団@東京芸術劇場。
そんなこんな。
映画『サイコ』
鹿児島。
サクレクール。
大阪。
映画『ウォーキングwithダイナソー』
映画『鑑定士と顔のない依頼人』
2014年。
全日本フィギュアスケート選手権。
「午前10時の映画祭」
「レオ・レオニ 絵本の仕事」
「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」
危機。
結婚式。
WBC。
ご無沙汰しました…。
映画『塀の中のジュリアス・シーザー』
2013年^^
そんなわけで、
映画『最強のふたり』
「ジョジョ展」
いきもの。
映画『これは映画ではない』
おまつり。
鹿児島。
夏祭り、京都。
お引っ越し。
九州。
へにーで。
妄想。
「五月場所千秋楽」
映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』
がっかり。
うちなー。
いちねん。
へにーで。
映画『おとなのけんか』
「没後150年 歌川国芳展」
「スターズオンアイス」
ひさびさにヘニーデ。
2012年!
一日目。
映画『アンダーグラウンド』
映画『ベニスに死す』
映画『サヴァイヴィングライフ』
映画『人生、ここにあり!』
映画『明日のパスタはアルデンテ』
三日目。
一日目。
ハワイ。
映画『ブラック・スワン』
ドロドロ。
ルクエ。
めも。
こんばんは。
二日目。
新年ー。
おおみそかー。
映画『インセプション』
三日目。
一日目。
ベトナムとカンボジア。
サランラーップ。
奇妙なギャルソンと奇妙な客。
映画『レギオン』
フィルハーモニア管弦楽団@サントリーホール。
サラサーテか。
映画『シャーロック・ホームズ』
大人買い。
ここは…
映画『フィリップ、きみを愛してる!』
春。
グーグル様。
新年。
二日目。
映画『イングロリアス・バスターズ』
チンチラとか。
バロック。
宴の後。
三日目。
一日目。
映画『GOEMON』そのた。
パラオ。
戻りました。
カオスというかエントロピー過多というか。
「中島敦展―ツシタラの夢―」
酒は飲んでも太るな。
さば。
限界なんて、
「森鷗外展 -近代の扉を開く-」
Yonda?パンダ。
ヘニーデ。
バックシートドッグ的に。
もう三月!?
新年~。
三日目。
「Akinator」
映画『僕らのミライへ逆回転』
「NHK音楽祭」
都道府県大戦。
ぐだぐだなるままに。
冬ですね。
映画『デトロイト・メタル・シティ』
自分にご褒美とかごまかすな。
おろかなくちとかいて。
仕事だっつーの。
サヨナラサマー。
ベトナムに行ってきました、その2。
ベトナムに行ってきました、その1。
わー!
君の夢がかなうのは、
沖縄に行ってきました。
沖縄。
東京でバナナが育つくらい。
『連想キャラバトン』
日焼け止めレビュー。
衝動買いのガイドライン。
六月祭。
雨の歌、だったん人の踊り。
「眼鏡人伝」その7
やれやれだわ。
映画『俺たちフィギュアスケーター』
電脳めも。
まよいがこいもも。
月とか太陽とかに吠えたい。
旅旅。
旅。
いちごがすきでもあかならとまれ。
かわいさ選手権・第二回。
リンクありがとうございました。
新年。
二日目。
江戸東京博物館特別展「文豪・夏目漱石―その心とまなざし―」
博多大阪。
出張中。
三日目とか。
二日目。
一日目。
カワイさ選手権。
「やれやれだわ。」
『知りたいバトン』
そんなわけで。
忙中閑…なし?アレ?
春ですね。
BL萌えツボタグクラウド。
週刊萌えニュース。
サロンミュージック「KELLY'S DUCK」
美DIO。
映画『ファントムブラッド』
入稿とか。
ドラマ『百鬼夜行抄』
タグクラウド。
立春とかいうの。
文楽『摂州合邦辻』『妹背山女庭訓』
ワーキングライクアドッグ。
そういえばペニシリンってどこ行ったの?
新年ッ!
二日目。
ストレイテナー「Melodic Storm」
映画『パプリカ』
文楽『義経千本桜』
かえりみる。
iPOD shuffle。
50000ヒット御礼&7周年記念。
忙中閑あり。
軽さと重さ。
文楽『仮名手本忠臣蔵』
四国に行って来ました。
帰りました。
ナルト
地の底
土佐
道後温泉
だから暑いのか。
三日目。
一日目。
gdgdだ。
駒苫の主将がメガネ。
映画『DEATH NOTE -デスノート-』
一回戦。
"Henryk Szeryng plays Tzigane by Ravel"
テディベアUSBメモリ
守村伊集院と医龍アイコン。
最近の、
大体オッケー。
志賀。
『管理人の輪を増やそうバトン』
タグふれんず。
太陽にみとれて少し焦げた。
昼寝をしてしまったよ。
迷っている時間はないですよ。
ロッシュフォール
映画のお楽しみ。
たけのこ食べたい。
映画『変態村』
temporarynotice
映画『ブロークバック・マウンテン』
清明。
「マヨイガの成分解析結果」
アーカイブについて。
時代が望んでも、流されて描いたりしないぜ!
『見た人はすぐやらねばならないバトン』
ネットのあれこれ。
まんがのかきかた。
にゃんこもえ。
三井寿
イタリアに行ってきましたその2。
仕切りなおしだ。
イタリアに行ってきました。
帰りました。
イタリア。
改装中。
名前をつけてやる。
「おお振り妄想オープニング」
つらつら。
そんなわけで。
諸行無常ね。
電柱殿下は雪兎の夢を見るか。
背景変更しました。
「AudioScrobbler」
コミックランキング更新。
それでは文学、文学…
コミックランキング更新。
映画『チャーリーとチョコレート工場』
サイトデザインを替えました。
コミックランキング更新
コミックランキング更新。
「ちゅねとも」を導入しました。
バック絵変更&フジミはじめました。
夏コミに行ってきました。
広島に行ってきました。
コミックランキング更新。
映画『ハウルの動く城』
梅雨明けにて。
コミックランキング更新。
土手。
コミックランキング更新。
コミックランキング更新。
ククールさん。
映画『呪怨』『アザーズ』
バック絵変更しました。
BL Review Ringに参加しました。
「電柱殿下の奇妙な冒険」
ザ・ニューサイト!
あけましておめでとうございます
過去ログを整理しました。
アカネ
いわゆるひとつの衝動買い
映画『カーリー・スー』
「月下の一群」3(小説)
「月下の一群」2(小説)
「月下の一群」1(小説)
アロマ
試験は終わる、されど終わらず。
アリーヴェデルチ(じゃ、またね)。
バック絵変更しました。
ヘニーデ姫
コミックランキング更新
ドラクエ
まだ一応霜月なのだが。
空条徐倫
バック絵変更しました。
ウッソー!?イヤ?
テディベアル
ミスチル
たまにはきちんと日記を書いてみよう。
紀宮って一発変換なのね。
「ジョニー・デップ」と「空飛ぶクルマ」
めまぐるしい日々。
元気玉
コミックランキング更新しました。
田臥萌え
禁断症状中
「あなたの漢らしさを鑑定」
「仙台ダイヤモンドクレイジーズ」
教科書雑感
「甘党のピテカントロプスはサトウキビの夢を見るか」
「偉人たちの代理戦争」
O-ZONE「Dragostea Din Tei」
しるこを食ふの記

コミックライティング
フレグランス
携帯と状態
映画『シックス・センス』
コミックランキング更新
帰り道
思わず描きたくなる…
お金がない
マイヤヒーフラッシュ
ファッション
ほんかくサスペンスまんが
ライブドア
タッチタイピング
ランキングはじめました
光の速度で
文学ですが何か?
月がキレイですね
わらいごと
ラッシュ
ランナーズハイ
トップ
あなたとあたしさくらんぼ♪
Lくん
元気です
はぁ
うつくしきもの
「ドラマ版デスノートキャスト候補一覧(まとめ)」
スタンド
まじめにがんばっている教員も一杯いると思うのよ
アナログ
映画『ヴァン・ヘルシング』
わたしと映画と映画館と
今日の予定そのた
あっ
まだ体が痛いのよ
sleepy head

「EdMax」
小人は夜来る
バック絵変更しました
洪水は我が机上に及び
魔法のほうきをイメージした新しい乗り物SWEEPER
はぁ。
二学期がはじまって。
完全パンクマニュアル「はじめてのセックス・ピストルズ」
このサイトについて
MOVABLETYPEを導入しました
過去ログ
リンク
with Ajax Amazon
with Ajax Amazon