1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 | 22|  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 |  33 |  34 |  35 | All pages

2006年03月30日

アーカイブについて。

 マヨイガはちょこちょこ調整してるんですが、先日過去ログの第一回一斉整理を行ったらものすごくサーバに負担を掛けてしまって、ドキドキしました。まあ付加掛けてるのがMovabletypeだからxreaで使ってる人も多いCGIだし、いきなりアカウントが凍結されるようなことはないと思う、けど…。

 ということで、ログはまだまだ復旧途中ですが、カテゴリアーカイブの表示形式を替えてみました。表示はちょっと見づらいかもなのですが、ログとしてはこの方が見やすいかなと。おお振りとフジミのアーカイブを独立サイトっぽく表示するための改装だったのですが、他のカテゴリもこの方がおそらく便利、かもしれない。よろしければご利用ください。バナー↓からリンクしてます。おお振りバナーもつくっちゃった(笑。


WE KEPT OUR PROMISE TO YOU
WE KEPT OUR PROMISE TO YOU

楽興の時 [Moments Musicaux]
楽興の時 [Moments Musicaux]


 ついで。↓これ、三橋(左)と田島(右)にしか見えないんですが(笑、色的には逆(左が田島で右が三橋)のほうがしっくり来ますね。

タジ猫ミハ猫

*ネット上で拾った画像です
 問題がありましたらすぐに削除しますので、ご一報ください

2006年03月28日

時代が望んでも、流されて描いたりしないぜ!

 純情でバカで天然で素朴な主人公をムカつかれないように描くのは難しいよね。大和名瀬の『デキる男・・・』の和葉は反省することでそれをクリアしてるのかなあと思う。他にどんな回避の方法があるかなあ。ハンターのゴンは微妙だよね。特権的すぎるし、時々出す黒さがあざとすぎて逆効果、でもそんなにムカつかない…というかあんまり印象に残らないからかな…。

 サイトが二つもあるし同人誌も描いているし、ジョジョはコンスタントに二次創作っているのですが、おお振りやフジミはやはり作品を読んだときにグワーと盛り上がって絵や文章を書くというハマり方な気がします。
 一方、タクミくんへのハマり方はちょっと特殊みたい。ずーっと大盛り上がりしてるってわけではないんだけど、別に再読したとかでもないのに最近ものすごい書きたくてたまらない。文字だからかなあ、他では文字書かないし。わかんないけどとにかく、ここんとこすごいいっぱい更新したし、まだまだ書いてる。アップしてない文字がメモや下書き、プロットを合わせて10万字近く、ただのテキストファイルが200kb近くになっているのは、もう超おかしい。

 おおふりや表ジョジョはなるべく原作を意識して絵を描いてるので、原作を脇に置いて描いてたりするのですが、そうすると父に盗作はいかん!と怒られます。まあ確かに二次創作は法律のグレーゾーンつーかゲンミツにはアウトだけどね。

 追記、追記。タイトル、わたしがこんなこと書くとアホみたいだな!(笑
 フールオンザプラネットで「流されて、歌ったりしないぜ」ってさわおが言うんですよ。さわおだからこそ、カッコイイんだ。

2006年03月25日

『見た人はすぐやらねばならないバトン』

 最近忙しくなってきてて、更新滞りがちですみません。
 アレについて書きたいのですが…ああとりあえずもう、和さんのバカ!!!!!
 続きは明日にします…。

 Sage巡回してたら、なまけもののひとりごとのたつみさんの書かれている『見た人はすぐやらねばならないバトン』を見てしまいました(笑。下記します。

続きを読む "『見た人はすぐやらねばならないバトン』" »

2006年03月17日

ネットのあれこれ。

 突然出現するキャラAAって、昔はせいぜいポルナレフくらいだったのに、プチトマト以来花京院もちらほら見かけるようになりました。わはは。

 なんとなくめんどくさいので使ってなかったけど、RSSチェッカーはめちゃめちゃ便利ですね。これでブログ系のサイトさんを回るの楽になりました。早く導入すればよかったなあ。今メインブラウザがきつねなのでSageセージ?と読むのかな、を入れました。きつねはアドインツールを入れられるのも、ちょっと面倒ですが便利ではあります。もうちょっと便利なアンカー作成のアドインがあればいいなというくらい。時折、わざわざIEtabでひらいてオートアンカーライトをつかっていたり、します(笑。IEもタブブラウザになるそうだけど、どうなんでしょうねえ。

 最近またMovabletypeの挙動があやしくてちょっと心配です。マヨイガでのファイル作成動作があやしい感じで、同じCGIをつかっているタクミくんサイトでは問題はないので、重すぎるんでしょうかね。一日一エントリーくらいなのになあ。今後大丈夫かな…。過去ログの切り分け・分離が簡単に出来たらいいのになあ。
 MTと言えば、エントリーを書く際に「下書き」という機能があって、これで登録するとブログに表示せずにエントリーを保存できるのです。しかし、これがどういう仕組みなのかが未だによくわかりません。通常のエントリーは、登録するとアーカイブフォルダの所定の場所にそのエントリーの内容を保存するファイルがつくられるわけなんですが、下書きで保存すると、そのファイルがつくられないのです。だからといって、どこかにtempなどのファイルやフォルダがつくられるわけでも、ないようです。ftpソフトでいろいろひっくりかえして調べてみたのですが、未だに一体どこに保存されているのか判りません…MTの七不思議です。

2006年03月16日

まんがのかきかた。

 飲んでも酔わない時もあるのだ。おいしいワインが飲みたいなあ。

 漫画といえば、最近の作業手順を備忘のためにメモ。
 プロット。まず山場や全体の雰囲気を大体決めて、決めゼリフやテンポにたよった会話を思いつくままにメモっていく(これは二次創作だからこそな手順かも。間をつなげるようにセリフやト書き(動作や表情の他、構図、どんな絵で描くかのメモもふくむ)を入れていって、しょぼい戯曲台本のようなものをつくる(ところで論文も思いついたところをメモして、間をつなげていくことがある。このプロットが出来た段階で満足してしまうことも多い。

 下書き。プロットをつくった段階でほぼ絵やコマ送りは必然的に決まっているはずだ、という信念のもと、ネームはきらない(面倒なだけとも言う。この段階では枠線もフリーハンド。結構楽しい。プロットのセリフは随時変更する。逐次的にテキストファイルにフィードバックして、写植をつくる。

 下書きをもとに、枠線と吹き出しをペン入れ。これが一番嫌いな作業。以前は「スクリーントーンと雲右衛門が大嫌い」と公言していたゆずりですが、最近ではトーンよりも枠線引きが嫌い、吹き出しを書き込むのはもっっと大嫌いになりはてました。だーって神経つかうし面倒なんだもの。この段階でPC使いたいんだけどなあ。ペン入れはアナログで入れたいし、枠線と吹き出しはその前に入れたいんだよね。せめてロットリングがあればまた違うのだろうか。そんなこともないかな。

 ずれちゃった下書きを手直したりしつつ、ペン入れ。好きなページの好きなコマからどんどん入れて、かわかし、ゴムかけ、手直し。順番には入れられない。ペン入れは大好き。一年ちょっと前に墨汁を変えたら、すごい線がかわって(当社比)楽しくなった。

 仕上げ。アナログ原稿はトーン・写植をはる。写植も面倒だー。トーンはニガテなのは仕方ないんだから、出来る範囲で頑張ろう!と思うようになったら、最近はそんなに嫌でもなくなった。

 こんなとこか。しかし同人用サイズ原稿は楽だなあ。すぐに何ページも埋まってしまう。

2006年03月13日

にゃんこもえ。

 FFって7を最後までと8を途中までだけやって、結局FFの物語まわしってなんかやっぱ肌あわんかもーシステム自体に魅力あるわけじゃないしなーと思い敬遠していたのだけれど、12は松野泰己なのか!すごい前評判だな!(前評判て言わないそれ!)301でそれならば!と思い、309でなんだか燃えた。CFも今日はじめて見たけどなんかオウガっぽいな!燃える!

 まあそれはそれとして、最近何にもしていません。何もかも退化してます。このままサルになってしまうのではないだろうか。
 せめてと思ってにゃんこちゃん漫画を一生懸命描いているのですが、まだにゃんこちゃんが出てきません…最愛のボスはカコワルイし、ひたすら欲求不満…。でもあと数ページで…!!!
 まあそんなわけで、今日はゆずり秘蔵の萌え画像を紹介します。
 かわい子ちゃん(写っているのは背中だけだけど多分かなりの美人)がにゃんこに囲まれてる画像です!激モエ!














にゃんこまみれ

 *著作権はアレです。問題がありましたらすぐに削除しますので、ご一報くださいませ。

 わたしのピクチャフォルダには、この手の萌え画像が大量に保存されてます。疲れたときなんかに開いてモエモエしてます。
 にゃんこって飼った事がないので、むしろその分妄想が膨らみがちな気がします。

2006年03月08日

三井寿

 三井がロマンチックな物語(恋愛的にという意味ではない)を喚起するのはわからんでもなくて、ゴリも結構そうなんだけど、ゴリと三井でロマンチックな物語になるのはもうよくわからないけど面白いなあ。

 と、語シスコのゴリ三井を読み返しながら思った。
 語シスコのコミックは一読目はそうでもないんだけど、二回目三回目からものすごい驚いたり感動したりするので短編でもいいからまた描いて欲しいのですがあなたはどこにいらっしゃるのでしょうか。モーニングのコラムも終わってしまったようだし。

ミッチー

2006年03月01日

イタリアに行ってきましたその2。

 ということで、忘れないうちにイタリアにいちきましたのその他の雑感。

 イタリア人について。ローマで道を間違えた時に、雨が降ってきていたのでホテルの軒をかりて道を確認しようとしたら、ベルボーイににっこり笑われて、ベルボーイの居るようなホテルの前でこんなことしてマナー悪いかなーと思いつつ急いで地図を見ていたら、元気に話しかけてくれて、「トレビの泉?超簡単だから!まっすぐ行って、下って、左!簡単でしょ?」と、超親切かつ明るく、何度も教えてくれた。「わかんなくなったらまたおいで!」なんて送り出してくれて、彼は超イタリア人だった。ありがとう。
 あとヴェネツィアからフィレンツェに行ったときのバスの運転手さんがナポリ人で、コンダクターさんがナポリ人だから運転が荒っぽいんですよ~なんて話していた。フィレンツェは観光バス規制が厳しくって、ほんとはドゥオモの周辺とかバスで入っちゃいけないらしいんだけど、ドゥオモをぐるりとまわってくれるし(笑、あれはサービスだったのか!?)彼とは話をしてみたかったなあ。関係ないけどバスといえば、バスの中でハング・アップ聴いてマドンナやっぱりスゴイと思った。イントロとかマイケル・ホルムのクスコみたいだなとちょっと思ったけど。トリノのフィギュアエキシビションでも使ってたよね。カッコいいなあマドンナ。
 あと、ギャルソンってなんでみんないちゃいちゃしてんだろーと思った、のはわたしだけでなくって、民間人のSさんも「なんで皆ボディタッチはげしいの?しかも男性ばっかり」とか言ってたくらい。みんな無言で当たり前のよーに同僚に触っていくの。あれはなんなんですかね!?ヨーロッパってどこもこうなんですか!?

いちゃいちゃ
いやマジでこんな感じ。誇張なし。

ぶっ
超目の保養でしたけれど!(笑

 イタリア語について。結局挨拶程度しか覚えられず、ていうかなまじ英語がなんとか通じちゃうものだから、気を抜くとすぐにサンキューとか言っちゃうの。あれはくやしい(笑。でも頑張ってアリーベデルチも何回か言ってみたよ!やはり興味がある言葉はすぐに覚えるもので、わたしはおいしいとか手にとってもいい?とか覚えられなくてSさんに何度も教えてもらうし、SさんはSさんでさよならってなんだっけ?とか何度もわたしに聴くし(笑。わたしは毎回嬉々としてアリーベデルチ!とか答えてましたが(笑。

 ジョジョについて。前から知ってたけど荒木飛呂彦はイタリアルネサンスが大好きなんだね、とフィレンツェで心から納得出来た気がした。ジョジョ(特に五部)におけるエッセンスとしてのルネサンスの感触がやっと頭ではなく心でわかった感じがした。あと、フィレンツェで見かけたウインドウのマネキンのジョジョ立ちに仰天した。

ジョジョ立ち
立ってるよ!

 でもジョジョっぽさということで言えば、ローマの方がもっとジョジョ五部!って感じだった。他の街ではあんまり思わなかったんだけど、ローマではじめてああこの街ならブチャラティとか居るかもしんない、と思った。あの歴史性と都会性とが混在している感じ、雑然としてるのにまとまってて力強い、そんな雰囲気はモロに五部って感じだった。ナポリはどうなんだろうなあ。
 あと、どの街でもかなり落書きが多かったんだけど、しばしば見かけた○にAのマークがすごーく気になった。あれなに?

アバマーク
どう見てもアバマークです。
(なんて書いててヤバイものだったらどうしよう…

 ワインについて。ワインは赤ばかり飲んでました。白は試飲とかプロセッコとかちょっと飲んだくらい。赤はハウスワインはおいしいのもイマイチなのもありました。キャンティクラシコなどキャンティ系はふつーに美味しかったですが、2003年は当たり年なんだそうですが、試飲させてもらったらまだちょっとエグい感じでした。寝かせるとよくなると言われて買ってきてしまいましたが(笑。あと、トスカーナのもう一つの有名銘柄だそうなモンタルチーノも二度ほど飲みましたが、高かった方なんてグラスで15ユーロですよ。2000円ちょっとか。へたなフルボトルよか高い。でもすごい重かったけど美味しかった~。試飲でスーパートスカーナのロガイオーロとかも飲ませてもらった。ヴィーノサンテは不思議~なかおりで、Sさんと「何かに似て…はッ、紹興酒!?」って言ってたんだけど、ビスコッティをすすめられてつけてみたらすんごいおいしかった!やっぱり甘いものに合うんだね。ビスコッティにつけると蒸留酒っぽいかおりになるのが面白かった。あと、スーパーで買うてきたアレ

グレコデトゥーフォ

 というわけで、グレコデトゥーフォ!(アバッキオのプロフィールで挙げられていた「好きなワイン」なんです。正確にはグレコ・ディ・トゥーフォーかも)フィレンツェでスーパーに寄った時に、今後買う時間がなかったらやだなと思ってワイン売り場へ寄ってみた。でもこうも簡単に見付かるとは正直思ってなかったけど(笑。見てみて結構ビックリした。安いし(7ユーロくらい、千円ちょっとか)!ラベルも何だか意外!そっか別にあの人(アバッキオ)はワインに超こだわってるとかではなくって、言うなれば「オレは久保田萬寿純米大吟醸しか飲まねえ」じゃなくって、その辺で「ワンカップじゃなくて上善買っとくか」とか、そういうニュアンスでこのワインを選んでんのねきっと、と思った(あら?何だか余計にわかんなくなったかも、笑。考えてみればハタチだものねえ。なんかアバッキオイメージがかわったよ。アバッキオ漫画描く前でよかったと思う。でもまだ飲んでないけど(笑。

(以下萌え話。
(アバッキオについて。わたしはまっとうな(?)アバッキオファンの方々とは温度差があるんだろうなって気がしてたんだけど、それは自分がもともとはブチャラティとジョルノのファンで、アバッキオ萌えはそれに付随して&周囲に触発されてきちゃったように思うから、そのせいなのかなと思っていたのね。で、まあそういう事情もあるんだとは思うんだけど、問題なのはたぶんその結果のほうで、結果わたしのアバッキオ萌えっていい悪いは別にしてキャラ萌えに近いんだなと思うのよ(だからこそ今回このワインにこだわっていた気がするのね)それもまた愛の一つの形、と思いたいけれど…(笑。

 とりあえず思い出したことまで。

2006年02月27日

仕切りなおしだ。

 ええと、イタリアの話はひとまず置いておいて。
 実は結構ゲンをかつぐほうなので、いろいろあったし!サブタイトルも変えて仕切りなおすことで、いよっし今年も頑張るぞ!と思うことにしました。

 ということで、ゆずり絵日記の2006年版のサブタイは「冒険家のように記せMYTEXT」にします。元ネタはもちろんピロウズMY FOOT「冒険家のように進めMYFOOT」より引用です。他にもいろいろ考えたんだけど、やっぱ最新アルバムから借りておくことにしました。ジョジョでもよく思うんだけど、バスターズ的にはやっぱ最新作が最高傑作だから(そうであって欲しいという期待もこめて。

2006年02月26日

イタリアに行ってきました。

 すみません。アフタヌーン三回読んで(昨日地元についたらお財布に800えんくらいしか残ってなくってビックリしたよ!ウルジャンかアフタかどっちか一冊だわーと思ったら本屋にウルジャンがなかったよ!でもおお振り面白かっ…その話はまた今度だ!)ご飯食べて、13時間眠ってました。
 というわけで、いつものSさんといっしょにイタリアにいちきました!
 パックのツアーでコンダクターつき(棒振りじゃないよ!)だったので、スケジュールがきつくて大変でしたが、逆に言えば個人では回りきれないほどの内容を見てきたわけで、初めてのイタリア(行く前から既に次回がある気まんまんでしたが)としては、充実したかなと思ってます。ずっと雨でしたけど(涙、でもオフシーズンで雨で、どこでも人出は少ない方だったのだろうなとも思いました。

 初日、成田からアリタリアでミラノへ。フライトは約12時間…長いよー長いのは仕方ないけれど座席の画面が壊れていて映画が見られなかったのは辛かったよー(涙。もともと寝つきが悪いので、飛行機ではあんまり眠れないので余計しんどかったです。

 ミラノ!夜着で一泊し、翌朝ミケランジェロの最後の晩餐を見学。絵自体よりも、あっこで毎食食事とってた修道士たちはいろんな意味でちょっとスゴイと思った。その後スカラ座からドゥオモを見学。ドゥオモはなんかもう言葉も出なかった。丁度日曜でミサの時間だったせいもあるのだろうけれど(パイプオルガンの音と聖歌とお説教と天井から差し込む光にグっときた。なのでその後でもいろいろ見たけどここのドゥオモが一番好き。ここで半日くらい呆けていたかったのだけれどそこはパックツアーのしんどいとこで、とりあえず自由時間めいっぱい呆けておいた。

ドゥオモ外観

 昼食後バスにてベローナへ。ベローナはロミオとジュリエットの舞台だそうで、かなり観光化されてたけど小さくてかわいい街だった。コロッセオとかあって、結構古い街なのかな。コロッセオで舞台とかふつーに行われるみたいなので、それは見てみたいと思った。その夜ヴェネツィアへ。

 ヴェネツィア!本島に泊まったけれど、ホテル内部が迷路のようだった…。大分建て増ししてんのかな。丁度春のカルナバーレの時期だったので、コスプレ観光客がいっぱい…でも行事などはない日で、雨模様でもあったので、あんまりカルナバーレを楽しめる感じではなかったのが残念。ドゥカーレ宮殿では内部のため息橋とか牢獄とか見学。裏道がいっぱいあるらしくって探検したくなった。サンマルコ広場近くからゴンドラにも乗ったけれど、ゴンドリエーレはアルパチーノみたいな悪そうな人だった。でも帰れソレントへを口笛してくれたので、い、いい人だ!だって前を行くゴンドラのゴンドリエーレなんて、超テキトーなドラゴスティア・ディンテイをでかい声で歌ってるんだもの!こっちまで良く聴こえますよ!いろいろと超台無しですよ!(笑。でもそういえばオゾンブームの火付け役はイタリアのラジオだったっけか。まあそんなこんなでここまで結構キツい行程で、へろへろになってフィレンツェへ。着いたのがやっぱり夜だったので、とりあえずスーパーに行ってみる。まだ行程半分も来てないし、今買っちゃうと重いだろうなと思いつつ、後で買う時間なかったりしたらヤーだったのでアレを購入。えへへ。後でね。

 そして、フィレンツェ!ウフィツィ美術館は時間ないし団体行動だったしとりあえずボッティチェリしか覚えてない。ヴィーナスよりラ・プリマヴェーラが好きだ。その後市内へ。でも時間天候都合もろもろあって、アカデミア美術館は諦めた…(涙。ダビデ像は見たかったなあ。くやしいのでかわりにウフィツィの売店でダビデ像グッズを買ってしまった(笑。そこまで執着してみてはたと気づいたんだけど、どうにもわたしはミケランジェロのダビデ像=ジョルノだと信じているらしい。しかしまあダビデにかぎらず、ルネサンス期の青年像は美しいものが多くって大好きだ。
 あと、ウフィツィの裏で見つけたオブジェ。

スコリッピが出そう

 えっとあとはドゥオモとか、ドゥオモのキューポラ登るのに15分くらいかかったよ。降りるときとか足がもうガクガクで、Sさんと「ひざが笑ってるというか、手とかも笑ってるよ~」「そこらじゅう笑ってるよね~」「うん、みんな笑ってる…サザエさん!?」とかゆってたら大ウケしまいはっここはドゥオモだった、と反省しました。
 フィレンツェ後はサンジミニャーノ、シエナへちょびっとずつ立ち寄り。サンジミニャーノでは丁度晴れたのと小さくて静かな街で人も少なかったのとで、すごくいい雰囲気でした。Sさんと「パズーの街みたい!」「あそこにラピュタが!」とか云いながら、今までで一番写真を撮ってました(笑。ここはまた行ってみたい街です。シエナでは音楽大学に入って、やっと悠季のことを思い出してみたり(フィレンツェのドゥオモの時には薄情にも忘れていたので。

 ローマ!朝サンピエトロ大聖堂でツアーからはずれてヴァチカン美術館に並ぶ(申し訳なかったけど、ヴァチカンに入ってシスティーナ礼拝堂を見ないというのはやはりナシですよ!。システィーナ礼拝堂はとにかくもうスゴイ。呆ける。ミケランジェロやっぱスゴイ。アダムの創造は意外と白い色彩で少し驚いた。実物を絶対見たいと思っていた絵の一つなので、見られてよかった。そのほかラオコーン、ラファエロのアテネの学堂やサンピエトロ大聖堂のミケランジェロのピエタなどメインどころだけ見学。

ソクラテス&プラトン

 その後街の南東に向かって真実の口、フォロ・ロマーノ、コロッセオあたりを散策したところでふたたび雨が。地下鉄でバルベリーニ駅へ向かってトレビの泉を見て、スペイン広場付近までぶらぶら。悠季のことを思い出していたのでベルニーニのテレザの法悦も見たいなと思ったけれど、駅から反対方向だったしもう疲れと雨とで行く気を失ってしまったよ(悠季ゴメン。最終日のこの夜はホテルに戻ったところで、同行のツアーの方に会って「荒川静香金でしたよ!」と教えられ、ウッソーテレビテレビなんでリプレイやらないのーとか騒ぎながらスーツケースをつめてました。

 帰りはミラノへとんでからふたたびアリタリアで成田へ。今回は映画も見られて往きほどしんどくはなかった。前から見たかったポーラーエクスプレスを見たけどすごーく眠くなった…。あと電車男を3分の2くらい見た。結構面白かった。
 てな感じの六泊八日でした。細かい感想はまた。写真もまだ携帯で気まぐれに撮った分しかないので、またいずれ。

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 | 22|  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 |  33 |  34 |  35 | All pages


もくじ

映画『ゴースト・バスターズ』
映画『シン・ゴジラ』
そんなわけで、
運命石。
沖縄。
放電中。。
あっ…
2015ねん。
映画『幕末太陽傳』
映画『Godzilla』
ボストン交響楽団@東京芸術劇場。
そんなこんな。
映画『サイコ』
鹿児島。
サクレクール。
大阪。
映画『ウォーキングwithダイナソー』
映画『鑑定士と顔のない依頼人』
2014年。
全日本フィギュアスケート選手権。
「午前10時の映画祭」
「レオ・レオニ 絵本の仕事」
「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」
危機。
結婚式。
WBC。
ご無沙汰しました…。
映画『塀の中のジュリアス・シーザー』
2013年^^
そんなわけで、
映画『最強のふたり』
「ジョジョ展」
いきもの。
映画『これは映画ではない』
おまつり。
鹿児島。
夏祭り、京都。
お引っ越し。
九州。
へにーで。
妄想。
「五月場所千秋楽」
映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』
がっかり。
うちなー。
いちねん。
へにーで。
映画『おとなのけんか』
「没後150年 歌川国芳展」
「スターズオンアイス」
ひさびさにヘニーデ。
2012年!
一日目。
映画『アンダーグラウンド』
映画『ベニスに死す』
映画『サヴァイヴィングライフ』
映画『人生、ここにあり!』
映画『明日のパスタはアルデンテ』
三日目。
一日目。
ハワイ。
映画『ブラック・スワン』
ドロドロ。
ルクエ。
めも。
こんばんは。
二日目。
新年ー。
おおみそかー。
映画『インセプション』
三日目。
一日目。
ベトナムとカンボジア。
サランラーップ。
奇妙なギャルソンと奇妙な客。
映画『レギオン』
フィルハーモニア管弦楽団@サントリーホール。
サラサーテか。
映画『シャーロック・ホームズ』
大人買い。
ここは…
映画『フィリップ、きみを愛してる!』
春。
グーグル様。
新年。
二日目。
映画『イングロリアス・バスターズ』
チンチラとか。
バロック。
宴の後。
三日目。
一日目。
映画『GOEMON』そのた。
パラオ。
戻りました。
カオスというかエントロピー過多というか。
「中島敦展―ツシタラの夢―」
酒は飲んでも太るな。
さば。
限界なんて、
「森鷗外展 -近代の扉を開く-」
Yonda?パンダ。
ヘニーデ。
バックシートドッグ的に。
もう三月!?
新年~。
三日目。
「Akinator」
映画『僕らのミライへ逆回転』
「NHK音楽祭」
都道府県大戦。
ぐだぐだなるままに。
冬ですね。
映画『デトロイト・メタル・シティ』
自分にご褒美とかごまかすな。
おろかなくちとかいて。
仕事だっつーの。
サヨナラサマー。
ベトナムに行ってきました、その2。
ベトナムに行ってきました、その1。
わー!
君の夢がかなうのは、
沖縄に行ってきました。
沖縄。
東京でバナナが育つくらい。
『連想キャラバトン』
日焼け止めレビュー。
衝動買いのガイドライン。
六月祭。
雨の歌、だったん人の踊り。
「眼鏡人伝」その7
やれやれだわ。
映画『俺たちフィギュアスケーター』
電脳めも。
まよいがこいもも。
月とか太陽とかに吠えたい。
旅旅。
旅。
いちごがすきでもあかならとまれ。
かわいさ選手権・第二回。
リンクありがとうございました。
新年。
二日目。
江戸東京博物館特別展「文豪・夏目漱石―その心とまなざし―」
博多大阪。
出張中。
三日目とか。
二日目。
一日目。
カワイさ選手権。
「やれやれだわ。」
『知りたいバトン』
そんなわけで。
忙中閑…なし?アレ?
春ですね。
BL萌えツボタグクラウド。
週刊萌えニュース。
サロンミュージック「KELLY'S DUCK」
美DIO。
映画『ファントムブラッド』
入稿とか。
ドラマ『百鬼夜行抄』
タグクラウド。
立春とかいうの。
文楽『摂州合邦辻』『妹背山女庭訓』
ワーキングライクアドッグ。
そういえばペニシリンってどこ行ったの?
新年ッ!
二日目。
ストレイテナー「Melodic Storm」
映画『パプリカ』
文楽『義経千本桜』
かえりみる。
iPOD shuffle。
50000ヒット御礼&7周年記念。
忙中閑あり。
軽さと重さ。
文楽『仮名手本忠臣蔵』
四国に行って来ました。
帰りました。
ナルト
地の底
土佐
道後温泉
だから暑いのか。
三日目。
一日目。
gdgdだ。
駒苫の主将がメガネ。
映画『DEATH NOTE -デスノート-』
一回戦。
"Henryk Szeryng plays Tzigane by Ravel"
テディベアUSBメモリ
守村伊集院と医龍アイコン。
最近の、
大体オッケー。
志賀。
『管理人の輪を増やそうバトン』
タグふれんず。
太陽にみとれて少し焦げた。
昼寝をしてしまったよ。
迷っている時間はないですよ。
ロッシュフォール
映画のお楽しみ。
たけのこ食べたい。
映画『変態村』
temporarynotice
映画『ブロークバック・マウンテン』
清明。
「マヨイガの成分解析結果」
アーカイブについて。
時代が望んでも、流されて描いたりしないぜ!
『見た人はすぐやらねばならないバトン』
ネットのあれこれ。
まんがのかきかた。
にゃんこもえ。
三井寿
イタリアに行ってきましたその2。
仕切りなおしだ。
イタリアに行ってきました。
帰りました。
イタリア。
改装中。
名前をつけてやる。
「おお振り妄想オープニング」
つらつら。
そんなわけで。
諸行無常ね。
電柱殿下は雪兎の夢を見るか。
背景変更しました。
「AudioScrobbler」
コミックランキング更新。
それでは文学、文学…
コミックランキング更新。
映画『チャーリーとチョコレート工場』
サイトデザインを替えました。
コミックランキング更新
コミックランキング更新。
「ちゅねとも」を導入しました。
バック絵変更&フジミはじめました。
夏コミに行ってきました。
広島に行ってきました。
コミックランキング更新。
映画『ハウルの動く城』
梅雨明けにて。
コミックランキング更新。
土手。
コミックランキング更新。
コミックランキング更新。
ククールさん。
映画『呪怨』『アザーズ』
バック絵変更しました。
BL Review Ringに参加しました。
「電柱殿下の奇妙な冒険」
ザ・ニューサイト!
あけましておめでとうございます
過去ログを整理しました。
アカネ
いわゆるひとつの衝動買い
映画『カーリー・スー』
「月下の一群」3(小説)
「月下の一群」2(小説)
「月下の一群」1(小説)
アロマ
試験は終わる、されど終わらず。
アリーヴェデルチ(じゃ、またね)。
バック絵変更しました。
ヘニーデ姫
コミックランキング更新
ドラクエ
まだ一応霜月なのだが。
空条徐倫
バック絵変更しました。
ウッソー!?イヤ?
テディベアル
ミスチル
たまにはきちんと日記を書いてみよう。
紀宮って一発変換なのね。
「ジョニー・デップ」と「空飛ぶクルマ」
めまぐるしい日々。
元気玉
コミックランキング更新しました。
田臥萌え
禁断症状中
「あなたの漢らしさを鑑定」
「仙台ダイヤモンドクレイジーズ」
教科書雑感
「甘党のピテカントロプスはサトウキビの夢を見るか」
「偉人たちの代理戦争」
O-ZONE「Dragostea Din Tei」
しるこを食ふの記

コミックライティング
フレグランス
携帯と状態
映画『シックス・センス』
コミックランキング更新
帰り道
思わず描きたくなる…
お金がない
マイヤヒーフラッシュ
ファッション
ほんかくサスペンスまんが
ライブドア
タッチタイピング
ランキングはじめました
光の速度で
文学ですが何か?
月がキレイですね
わらいごと
ラッシュ
ランナーズハイ
トップ
あなたとあたしさくらんぼ♪
Lくん
元気です
はぁ
うつくしきもの
「ドラマ版デスノートキャスト候補一覧(まとめ)」
スタンド
まじめにがんばっている教員も一杯いると思うのよ
アナログ
映画『ヴァン・ヘルシング』
わたしと映画と映画館と
今日の予定そのた
あっ
まだ体が痛いのよ
sleepy head

「EdMax」
小人は夜来る
バック絵変更しました
洪水は我が机上に及び
魔法のほうきをイメージした新しい乗り物SWEEPER
はぁ。
二学期がはじまって。
完全パンクマニュアル「はじめてのセックス・ピストルズ」
このサイトについて
MOVABLETYPEを導入しました
過去ログ
リンク
with Ajax Amazon
with Ajax Amazon