1 |  2 |  3 |  4 | 5|  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 |  33 |  34 |  35 | All pages

2012年06月28日

妄想。

 妄想なのですよ。

 高田馬場のちかくで、ライブというか、野外ライブ?のようなとこに行った。
 ステージから段々になってて、二段目くらいに入ったら、終演後は一列目をはけさせて、関係者っぽい人たちをいれていて、なんだかなーと思いつつ見ていたら、キムディールっぽい人がやってきた(笑。
 その様子をみてたらステージからさわおが話しかけてきたんだけど、なんかメガネしてて、それが似合ってなくて誰あなた状態で残念だった…。
 それはともかく、さわおはアンコール曲に悩んでたらしく、何がいいかとリクを頼まれたんだけど、今できる曲の一覧みたいのがあって、それがソロ曲とか新曲とか入ってるらしく、知らない曲ばかりで動揺してすごく悩んだ。さわおが近づいてきたのにも動揺して避けてしまった。
 なんだかんだしてたらまたさわおに話しかけられて、最近ライブ来てなかったよねみたいなこと言われて、あたしのこと覚えてるんですか、とか聴いてみたら、ライブの日にピロT着て歩いてるの一日に二回見たから、みたいなこと言われてなんかうれしはずかしかったー。

 という夢を見た。夢だった!

2012年05月21日

「五月場所千秋楽」

 というわけできのうですけど、千秋楽観にいちきましたv
 はじめての大相撲で当然はじめての升席ですv
 もともと興味があるほうでもなく、ことに最近の動静なんてぜんぜん知らなかったのですが、雰囲気ふくめてとっても楽しかった。取り組み間がわりとのんびりな展開もよいよね。升席は東側の後ろのほうだったけど結構よく見えた、けど、ちょっと狭かった…同行者がでかかったからか…。
 優勝決定戦も見られてよかったv稀勢の里が勝っていれば三つ巴だったというのがちょっと惜しかった…、けど、旭天鵬が平幕かつ最年長での初優勝ってことで、なんだかすごい励まされた。インタビューも実直で素直でとても素敵だったなー。

2012年04月23日

映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

 蜂郎さんマリィさんと、自由が丘の英国風喫茶のアフタヌーンティでまったりして、そのあとあたふたしながら見に行きました^^

 内容は…うーん。一作目のほうが好きだなあ(笑。
 なんだか、モリアーティ教授の戦争にまつわる陰謀を打ち砕く正義の味方ホームズとイケメンワトソンの戦い…って感じで、とってもふつーなアクション映画になっていた。
 モリアーティの目的が結局は金とか残念すぎる。ホームズはそんな正義漢だったっけ?ワトソンは相変わらずイケメンだったけど、もっとホームズに振り回されて、なのにホームズにのめりこんじゃうみたいな場面が見たかった。アイリーンアドラーはどうなったの?あれで終わりなの?
 いろんな国をぐるぐるしてて、でもそれぞれの描写にトポス的なフェティッシュが薄い。、場面が少なかったせいもあるだろうけど、前作にはあった十九世紀ロンドンへの憧憬みたいなのもあまり感じられず残念。これも前作にはあった、両手の指をあわせるクセとかくるみとかの、ホームズ原作ぽい小ネタもあんましなかった気がする。あと伏線がわかりづらかったり、伏線の説明をされてもえ?ってこともあって難しかった…(汗
 全体的には悪くはないんだけど、前作の雰囲気とか役者、キャラ設定が魅力的だっただけに、そういう要素がそれぞれ少しずつ薄い感じがして淋しい感じかなあ…。

2012年04月16日

がっかり。

 今日はほんとうにがっかりだったのです。

 メルサに入ろうとしたら、自分の前に入る人ひとり、出ようとする人ふたりが見えたので、ちょっと歩調ゆるめて様子をみてたら、出ようとしてた高校生の女のこがガラスの扉をよいしょとあけたところへ、もうひとりの出ようとしてた人も入ろうとしてた人もその間からスルリ。えーと思いつつ、女のこが出てから入ろうと思って待ってたら、女のこが開けてる扉の間から、更に出る人、入る人。おかしいだろ…と思って呆れてたら、女のこと目があった。彼女は苦笑しつつ、「どうぞ」って。いえいえどうぞ、とは返したのだけれど、彼女はいえどうぞ、と待っててくれるので、遠慮しすぎているとずっと彼女に扉開けさせたままになってまうと思い、フヒヒスミマセン、とかへんな笑いをもらしつつ通らせてもらった。
 みんな彼女より年上だったのになあ。ほんとうにがっかりな出来事だったけど、でもあのこはなんというか、美しかったなあ。

 そんなわけで、来週から渋谷のメイトでBL10冊買ったらなんかもらえるイベントがあるそうなので、今週はがまんのこです。マヨイガも書くことないぞ。
 …これで販促品がいまひとつだったりしたら、またがっかりかもね(笑。
 あっ今度丸の内キャンパスに行くことになった!初めてなのでとってもたのしみ!

2012年03月31日

うちなー。

 というわけで、間があいてしまいましたが、沖縄本島にいちきましたv

 初日は夕方の便だったので、那覇のホテルに荷物を置いて、めずらしくもDFSに寄って、めずらしくも衝動買いしてお財布も顔色もまっさおになり、あとは居酒屋でオーソドックスにごはんしてましたvふーちゃんぷるーを食べたv

 翌日は別行動の日で、あたしは国際通りとかでおみやげ屋寄ったり、牧志の市場でアイスたべたり、道に迷ったり、お昼食べようと思ってた店が見つからなかったり、してました。結局お昼は国際通りに戻ってふーちゃんぷるーを食べたv(笑。午後は首里で自転車を借りて、石畳とか見たり、道に迷ったり、道に迷ったり、してました。夜はSさんと合流して、ちょっといいお店で沖縄料理のコースを食べてのんびりまったり。


金城町の石畳

 三日目はレンタカーで北進しました。北谷のお魚屋でソフトシェルクラブバーガーを食べて、やちむんの里に行ったり、そこであげはを見たり、道の駅に寄ったり、うちなーすば食べたり、備瀬のふくぎ並木を自転車で散歩したり、あと今帰仁城跡をみた。今帰仁て、どうしてもBASARA思い出しちゃうよね(笑。帰りに閉店間際のしーさー園で、しーさーを眺めつつお茶をして、お店のお父さんにハーモニカを聴かせてもらった。


備瀬のふくぎ並木

しーさー園のしーさー

 最終日は朝ホテルのバイキングでふーちゃんぷるーをたべた(笑。レンタカーで斎場御嶽に行って、浜辺の茶屋で海を見ながらお茶をして、真壁のちなーでお昼をたべた。この日行ったところはどこもすごくよかった!次回は斎場御嶽から見えた宇高島にも渡ってみたいな~。帰りは糸満の道の駅に寄って帰りましたv


せーふぁうたき(斎場御嶽)からみえるにらいかない(宇高島)!

浜辺の茶屋~

 今回の結論としては、あたしはふーちゃんぷるーがすきだということと、Sさんもあたしもハワイで乗った自転車が相当気に入ったということでしょうかね(笑。レンタサイクルもっと増えるといいのになー。あとやっぱり電動がラクだなー^^首里のは電動だったけど径がちいさい車体で、ちょっとおしりが痛くなった…。備瀬のはふつーの自転車だったの。次回は現地のレンタサイクルについてもっと調べてから行こうと思いますv

2012年03月11日

いちねん。

 なんだか、何年も何年も過ぎたような気がします。キミたちがまだ19だなんてウソみたいだと思うし、この一年に起こった社会の出来事公私のあれこれはとてつもなく膨大な数と量だったし、だからずっと大学院くらいでとまってた体感年齢がそれ相応を追い越しちゃったような気分。でもたぶん、なんにしても、なにもかも、ノーサレンダー、なのだろうと思うのです。

2012年03月09日

へにーで。

 樫本大進&コンスタンチン・リフシッツのリサイタルにいちきましたvオールベートーベンというか、ベートーベンのヴァイオリンソナタしばりプロだったのですv
 リフシッツが大進をもんのすごい勢いでちらちら見てるのがなんか可笑しかった(笑。ヴァイオリンソナタってこんなもんだっけ???や、もちろん合わせなきゃいけないタイミングのとこで、だけどね(笑
 大進は、やっぱ二年くらい前のバッハ無伴奏しばりリサイタル行っとけばよかったな~といっつも思う。またやってくれないかなあ。

 あとアレが余ったので『ベニスに死す』のDVDを買った。ぼちぼち観てて、繰り返しになる気もするけどあらためて思ったこと。
・この作品は一回目は十~二十代で観てキモッ!って思い、三十~四十代で観て共感するのが正しい観方な気がしてきた。
・タジオはスチルと動画でかなりイメージが違い、どちらも素晴らしい。スチルのほうが女王さまで、動いてるとふつーの少年でだからこそ美しい。
・ビョルンくんはやはりほかの作品に出なかったというのが完全ぽくて運命的だと思う。

2012年03月05日

映画『おとなのけんか』

 ポランスキー監督、一幕物の舞台の映画化らしい。アホらしく面白く、しかし身につまされる~^^内容について誰かと語ってもみたいけど、でも一人で観に行ってよかったかも、というしょっぱさが残る…^^

 子供同士のいさかい中、ザッカリーはイーサンを樹の枝でぶって、前歯を折ってしまう。ザッカリーの両親、弁護士の父アランと投資ブローカーの母ナンシーは、イーサンの両親、雑貨店経営の父マイケルとアフリカ問題などを手がけるライター?の母ペネロペの元を訪れて、なごやかに話し合いをしていたのだけれど、互いにたいするイラつきがつみかさなり、次第に夫婦間の問題まで露呈してきて、云々。

 仕事人間で周りや家族を顧みないアラン、自立した女性だが体調と酒癖の悪いナンシー、母に弱く横暴な夫・父のマイケル、芸術や人権擁護を好む独善的なペネロペと、それぞれに人間味があってダメダメで面白い。
 たとえば、しょっちゅう携帯に出てみんなをうんざりさせるアランの傍若無人さとか、いきなりゲロをぶちまけるナンシーとか、息子のハムスターを勝手に捨てたりして妻までハァ?って感じになるマイケルの横暴さとか、ペネロペが芸術とか社会問題とかを語る時の浅そうな感じとか、みんなちょっとずつあちゃーって感じなの(笑。そして、見ている方も身に覚えがあったり、周りにこういうひといるわね…ってなったりして、なんか身につまされるの(笑

 まあ、そんな登場人物たちだから、いろんな場面ですぐにいさかいになるし、見ている方も全員にイラッときて、でも時折へんなところでへんなペアで同意しあっていたりして、見ている方もつい同意して笑ってしまって、っていう感じ。最初の方は結構はりつめた緊張感があってひやひやするんだけど、お酒が入り始めたあたりからはもう可笑しくてしょうがなかった^^なんでだよ、って感じで。
 そんなわけで、内容自体がテンポがよくって飽きさせないし、部屋もよく考えられてて、ほとんど一部屋の中で話が進むのに、鏡を効果的に使うなど工夫されてて、しかも登場人物のからみを効果的にみせるカメラワークで、絵的にも面白かった。ヨーロッパの映画だし、雰囲気的にもそんな感じだったのでヨーロッパのつもりで見ていたら、舞台はニューヨークだったのでびっくりした(笑

 しかし、上のユーチューブのトレイラーみたら、字幕がぜんぜん違う!あそこ「不良」だったら意味わかるわ…ていうか、両方の訳てらしあわせると色々わかったぞ…。

2012年02月05日

「没後150年 歌川国芳展」

 に、蜂郎さんマリィさんといっしょにいちきましたv
 めっちゃ混んでいて、待ったし展示を見るのもすごい時間かかって疲れた…でもマヨイガの現状からご覧のとおりであるように(笑、ここのところ文化的に不毛な日々だったので、いい刺激になりましたv

 いろいろ面白かったけど、海とか水を用いた絵が特にキレイだった。あと猫がカワイイィ。ブサ猫もカワイイィ(笑。
 すっっかり忘れてたけど、そういえばピロウズのネコドクロTシャツの元絵は国芳なのだったねそういえば!
 きんぎょのぼんぼんという絵は、与謝野晶子の金魚のお使いの挿絵の元ネタかな?と思った。おたまじゃくしも連れてて、ちょうかわいいのv

 あと三人でごはんを食べながら、夏の新刊の話をしたらとんでもないことになった!ちょう楽しみ(笑

2012年01月15日

「スターズオンアイス」

 蜂郎さんとSOIにいちきましたv
 カートはエンターテイナーだなあ。ていうか知らなかったけど、座長なのね(汗
 サーシャはかわゆかったv
 カー姉弟とかパントンとか、やっぱりすごく見応えがあった。
 小塚もとってもよかった。曲もいいよね。けど、カートとのペアプロは…小塚のかわいらしい不器用な感じが面白かったけど、それを狙ってるのならいいのだけど…という感じ(笑
 バトルがほんとすごくて、イナバウアーからのイーグルが見事だった!さすがだー。
 高橋はほんとスゴイな別格だなというのと、人気もすごいなあと。

 しかししかし、なにしろもうもうもう、とにかく真央がリアルに菩薩で魂が浄化されてどっか行ってしまい、しばらく二人とも脱け殻みたいになってました(笑。ほんとうになんというか、人間離れしてたというか、弥勒菩薩か天女かという、ありがたい~という感じ。ふざけているわけではなく、こんな言い方しかできない…うーん、もっと適切な言い回しがありそうだ。
 で、二人とも真央のスケートを見るとほとんど無条件で泣いてしまうことが判明しました…(笑。あたしだけじゃなくってよかった…や、でもあたしは今日は、暗い中に現れたシルエットを認識した段階でもう泣きそうでしたよ。さすがに、なんだこれ(笑。

 お茶+夕ごはんをしつつ蜂郎さんと、いろんな話をしてました。小塚の衣装がうんぬんとか真央はチャイコンを勝負曲にしてほしいとか、あたしは相当勝手なことを言っていたような…(笑。というかなにより、小塚の写真を見て笑いすぎてすみませんでした…(汗>蜂郎さん。

 1 |  2 |  3 |  4 | 5|  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  30 |  31 |  32 |  33 |  34 |  35 | All pages


もくじ

映画『ゴースト・バスターズ』
映画『シン・ゴジラ』
そんなわけで、
運命石。
沖縄。
放電中。。
あっ…
2015ねん。
映画『幕末太陽傳』
映画『Godzilla』
ボストン交響楽団@東京芸術劇場。
そんなこんな。
映画『サイコ』
鹿児島。
サクレクール。
大阪。
映画『ウォーキングwithダイナソー』
映画『鑑定士と顔のない依頼人』
2014年。
全日本フィギュアスケート選手権。
「午前10時の映画祭」
「レオ・レオニ 絵本の仕事」
「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」
危機。
結婚式。
WBC。
ご無沙汰しました…。
映画『塀の中のジュリアス・シーザー』
2013年^^
そんなわけで、
映画『最強のふたり』
「ジョジョ展」
いきもの。
映画『これは映画ではない』
おまつり。
鹿児島。
夏祭り、京都。
お引っ越し。
九州。
へにーで。
妄想。
「五月場所千秋楽」
映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』
がっかり。
うちなー。
いちねん。
へにーで。
映画『おとなのけんか』
「没後150年 歌川国芳展」
「スターズオンアイス」
ひさびさにヘニーデ。
2012年!
一日目。
映画『アンダーグラウンド』
映画『ベニスに死す』
映画『サヴァイヴィングライフ』
映画『人生、ここにあり!』
映画『明日のパスタはアルデンテ』
三日目。
一日目。
ハワイ。
映画『ブラック・スワン』
ドロドロ。
ルクエ。
めも。
こんばんは。
二日目。
新年ー。
おおみそかー。
映画『インセプション』
三日目。
一日目。
ベトナムとカンボジア。
サランラーップ。
奇妙なギャルソンと奇妙な客。
映画『レギオン』
フィルハーモニア管弦楽団@サントリーホール。
サラサーテか。
映画『シャーロック・ホームズ』
大人買い。
ここは…
映画『フィリップ、きみを愛してる!』
春。
グーグル様。
新年。
二日目。
映画『イングロリアス・バスターズ』
チンチラとか。
バロック。
宴の後。
三日目。
一日目。
映画『GOEMON』そのた。
パラオ。
戻りました。
カオスというかエントロピー過多というか。
「中島敦展―ツシタラの夢―」
酒は飲んでも太るな。
さば。
限界なんて、
「森鷗外展 -近代の扉を開く-」
Yonda?パンダ。
ヘニーデ。
バックシートドッグ的に。
もう三月!?
新年~。
三日目。
「Akinator」
映画『僕らのミライへ逆回転』
「NHK音楽祭」
都道府県大戦。
ぐだぐだなるままに。
冬ですね。
映画『デトロイト・メタル・シティ』
自分にご褒美とかごまかすな。
おろかなくちとかいて。
仕事だっつーの。
サヨナラサマー。
ベトナムに行ってきました、その2。
ベトナムに行ってきました、その1。
わー!
君の夢がかなうのは、
沖縄に行ってきました。
沖縄。
東京でバナナが育つくらい。
『連想キャラバトン』
日焼け止めレビュー。
衝動買いのガイドライン。
六月祭。
雨の歌、だったん人の踊り。
「眼鏡人伝」その7
やれやれだわ。
映画『俺たちフィギュアスケーター』
電脳めも。
まよいがこいもも。
月とか太陽とかに吠えたい。
旅旅。
旅。
いちごがすきでもあかならとまれ。
かわいさ選手権・第二回。
リンクありがとうございました。
新年。
二日目。
江戸東京博物館特別展「文豪・夏目漱石―その心とまなざし―」
博多大阪。
出張中。
三日目とか。
二日目。
一日目。
カワイさ選手権。
「やれやれだわ。」
『知りたいバトン』
そんなわけで。
忙中閑…なし?アレ?
春ですね。
BL萌えツボタグクラウド。
週刊萌えニュース。
サロンミュージック「KELLY'S DUCK」
美DIO。
映画『ファントムブラッド』
入稿とか。
ドラマ『百鬼夜行抄』
タグクラウド。
立春とかいうの。
文楽『摂州合邦辻』『妹背山女庭訓』
ワーキングライクアドッグ。
そういえばペニシリンってどこ行ったの?
新年ッ!
二日目。
ストレイテナー「Melodic Storm」
映画『パプリカ』
文楽『義経千本桜』
かえりみる。
iPOD shuffle。
50000ヒット御礼&7周年記念。
忙中閑あり。
軽さと重さ。
文楽『仮名手本忠臣蔵』
四国に行って来ました。
帰りました。
ナルト
地の底
土佐
道後温泉
だから暑いのか。
三日目。
一日目。
gdgdだ。
駒苫の主将がメガネ。
映画『DEATH NOTE -デスノート-』
一回戦。
"Henryk Szeryng plays Tzigane by Ravel"
テディベアUSBメモリ
守村伊集院と医龍アイコン。
最近の、
大体オッケー。
志賀。
『管理人の輪を増やそうバトン』
タグふれんず。
太陽にみとれて少し焦げた。
昼寝をしてしまったよ。
迷っている時間はないですよ。
ロッシュフォール
映画のお楽しみ。
たけのこ食べたい。
映画『変態村』
temporarynotice
映画『ブロークバック・マウンテン』
清明。
「マヨイガの成分解析結果」
アーカイブについて。
時代が望んでも、流されて描いたりしないぜ!
『見た人はすぐやらねばならないバトン』
ネットのあれこれ。
まんがのかきかた。
にゃんこもえ。
三井寿
イタリアに行ってきましたその2。
仕切りなおしだ。
イタリアに行ってきました。
帰りました。
イタリア。
改装中。
名前をつけてやる。
「おお振り妄想オープニング」
つらつら。
そんなわけで。
諸行無常ね。
電柱殿下は雪兎の夢を見るか。
背景変更しました。
「AudioScrobbler」
コミックランキング更新。
それでは文学、文学…
コミックランキング更新。
映画『チャーリーとチョコレート工場』
サイトデザインを替えました。
コミックランキング更新
コミックランキング更新。
「ちゅねとも」を導入しました。
バック絵変更&フジミはじめました。
夏コミに行ってきました。
広島に行ってきました。
コミックランキング更新。
映画『ハウルの動く城』
梅雨明けにて。
コミックランキング更新。
土手。
コミックランキング更新。
コミックランキング更新。
ククールさん。
映画『呪怨』『アザーズ』
バック絵変更しました。
BL Review Ringに参加しました。
「電柱殿下の奇妙な冒険」
ザ・ニューサイト!
あけましておめでとうございます
過去ログを整理しました。
アカネ
いわゆるひとつの衝動買い
映画『カーリー・スー』
「月下の一群」3(小説)
「月下の一群」2(小説)
「月下の一群」1(小説)
アロマ
試験は終わる、されど終わらず。
アリーヴェデルチ(じゃ、またね)。
バック絵変更しました。
ヘニーデ姫
コミックランキング更新
ドラクエ
まだ一応霜月なのだが。
空条徐倫
バック絵変更しました。
ウッソー!?イヤ?
テディベアル
ミスチル
たまにはきちんと日記を書いてみよう。
紀宮って一発変換なのね。
「ジョニー・デップ」と「空飛ぶクルマ」
めまぐるしい日々。
元気玉
コミックランキング更新しました。
田臥萌え
禁断症状中
「あなたの漢らしさを鑑定」
「仙台ダイヤモンドクレイジーズ」
教科書雑感
「甘党のピテカントロプスはサトウキビの夢を見るか」
「偉人たちの代理戦争」
O-ZONE「Dragostea Din Tei」
しるこを食ふの記

コミックライティング
フレグランス
携帯と状態
映画『シックス・センス』
コミックランキング更新
帰り道
思わず描きたくなる…
お金がない
マイヤヒーフラッシュ
ファッション
ほんかくサスペンスまんが
ライブドア
タッチタイピング
ランキングはじめました
光の速度で
文学ですが何か?
月がキレイですね
わらいごと
ラッシュ
ランナーズハイ
トップ
あなたとあたしさくらんぼ♪
Lくん
元気です
はぁ
うつくしきもの
「ドラマ版デスノートキャスト候補一覧(まとめ)」
スタンド
まじめにがんばっている教員も一杯いると思うのよ
アナログ
映画『ヴァン・ヘルシング』
わたしと映画と映画館と
今日の予定そのた
あっ
まだ体が痛いのよ
sleepy head

「EdMax」
小人は夜来る
バック絵変更しました
洪水は我が机上に及び
魔法のほうきをイメージした新しい乗り物SWEEPER
はぁ。
二学期がはじまって。
完全パンクマニュアル「はじめてのセックス・ピストルズ」
このサイトについて
MOVABLETYPEを導入しました
過去ログ
リンク
with Ajax Amazon
with Ajax Amazon