"雑感/日常"のアーカイブへ


[ 雑感/日常 ]

名前をつけてやる。

 ところでSFなどの未来描写では、時折人名が現在のものとは異なる命名法でつけられていることがありますよね。SFはあんまり詳しくないので卑近な(なのか?)例ですが、ガイナックスのアニメなんかでは人名はカタカナになっていきますよね。『エヴァ』では碇シンジとか綾波レイとか名前のみカタカナで、『トップをねらえ!』ではタカヤノリコにアマノカズミと苗字までカタカナだったりするわけなんですけど。

 人名につかえる文字がカタカナのみとなればこれはいろいろ便利だし、効率のみの面では有益なことは間違いないですね。特にサイバーパンクなSF未来世界では、よくわかりませんがコンピュータとかめちゃめちゃ生活の基盤になってるので、そういう世界ではビット数が少ないほうが有利だとか、とにかくそういうことなんであろう(自分でも何を言いたいのかわからなくなてきた。

 しかし、そんな他愛ない想像よりもはるかに説得力のある「未来世界標準はカタカナ名前だよ」の根拠を思いつきました。子供の名付け(命名)DQN度ランキングを見ていて。
 最近の小学校の先生は大変ですよね(なんて対岸の火事のようなことを言っていられるのもたぶんあと数年ですけどね。光宙(ぴかちゅう)とか月下美人(はにー)とかラッキー星(らっきーすたー)とか名簿にあったら、読めなくても仕方がない、というかむしろ一発で読めるほうがおかしい。教員は一休さんじゃないんだよ。
 こんな凄惨(笑)な状況では、そのうち人名にはカタカナしか使えなくなる日が来ても不思議ではないと思うのです。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/215

コメントを投稿

with Ajax Amazon