マヨイガ
黑繪日記弐〇弐壱。


 03/20 [ オススメ 読書/BL小説 ]C・S・パキャット『叛獄の王子』1~4
 03/09 [ 雑感/日常 ]『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』
 12/14 [ 読書/BLコミック ]百瀬あん『レンタル彼氏のお尻をご指名』
 12/12 [ 読書/BLコミック ]鬼嶋兵伍『極上獅子育成計画』
 12/11 [ 読書/一般コミック ]登田好美『学ランの中までさわって欲しい』1、2
 12/11 [ 読書/BLコミック ]山本小鉄子『明日はどっちだ!』7
 12/09 [ 読書/一般コミック ]山崎将『歯医者さん、あタってます!』1
 12/06 [ 読書/BLコミック ]朔ヒロ『明烏夢恋唄』

※最近のオススメ→ C・S・パキャット『叛獄の王子』1~4 ミナヅキアキラ『スモーキーネクター』 百瀬あん『ナカまであいして』 久松エイト『NEON』『ランウェイの行方を知りたいか』

2021年03月20日 [ オススメ 読書/BL小説 ]

C・S・パキャット『叛獄の王子』1~4

『叛獄の王子』『叛獄の王子2 高貴なる賭け』『叛獄の王子3 王たちの蹶起』『叛獄の王子外伝 夏の離宮』の全4冊。
 南の大国アキエロスの王子デイメンは、王位を狙った兄の策略で北の大国ヴェーレに奴隷として送られる。ヴェーレでは、かつてデイメンが殺した王子の弟ローレントに、名前を隠して奴隷として与えられ、その氷のような冷血ぶりに苛まれ翻弄されて。
 評価は高そうなので期待していたけど、十全に面白かった。

 とはいえ、1巻半分くらいまで?いや1巻の終わりくらいまで、ローレントが人を人とも思わないような冷血傲慢王子で、どうするんやこれ…とか思ったけど(笑。あと2巻の終わりまで色っぽい展開は皆無なので、ほんとにBLなの?とも(笑。
 そんなBL要素皆無で進む一方で、デイメンと他の男性女性との交わりはがっつりあるし、二人が結ばれるのも唐突で、その後もどぎついまでの舌戦や肉体的闘争もあるし、BLとしては少々きついかもしれない。
 特に、二人の気持ちの流れがわかりにくくて、好きだってはっきりしないまま結ばれるようなところもあり、二人それぞれの思惑や内面が少しずつ見えていくのは書かれているから、惹かれる気持ちはわからなくもないのだけれど…という程度。まあそれぞれ兄を殺した男と、自分を奴隷にして鞭打った男となので、相当の葛藤があり単純に好き好き、とはならないだろうとも思うのだけれど。でも、初対面の時に酔っていたことや、鞭打ち、馬殺しとかの背後関係がわかったときに、もう少しデイメンがローレントの気持ちによりそう描写がほしかったし、あとローレントが本当は子どもや動物に優しい性格なんだということがわかったときとかにもっと感銘をうけてほしかった。
 例の赤子の存在が判明したときにはどうしようかと思った(笑)けど、元カノとのやりとりで、ローレントはデイメンが今後浮気しても受け入れそうだなあとも思ったので、むしろ浮気しないであげてほしいなあと思った。まあ、デイメンの方はローレントの浮気には耐えられないそうだし(笑、だったら自分もしないだろうし、アキエロスはあの赤子に継がせるのだろうなとも。
 ローレントの自分の血族への嫌悪の理由は書かれてない?読み落としたかなあ。ローレントの過去の相手はやはりあの人なのかな…ほんと過酷な人生だ…それが血をたやそうと思う理由かなとも思うけど。あと3巻の終わりだけは微妙だなあと思ったら、やっぱりアマゾンのレビューでも3巻だけは評価が低くなっていた。なんかキングスミート?に入ったところから、ローレントもデイメンもものすごく頭が悪くなってしまって無策かつ無謀で、一体どうしちゃったの!?という感じだった。それでも最後にローレントがかたをつけたことで、デイメンと本当に同じ立場になったのは(まあローレントのほうはデイメンを守るためだけど)納得した。

 まあそんな末尾のはてなはありつつも、全体としてはしっかりとした世界設定、魅力的で活き活きとしたキャラ、戦略、展開、総じて高い水準で素晴らしい。
 特に設定としては、アキロエスではヴェーレの婚外子をつくらないため同性の愛人をもつ風習やあけっぴろげな性生活を見下し、一方ヴェーレの方ではアキエロスの奴隷制度や婚外恋愛を見下しているという、文化的にどちらが優れているというわけでもない描写が個人的にはよかった。
 キャラはまっすぐなデイメンはもちろんかわいそうなジョード、一本気なニカンドロス、年重のマケドンなど、素敵な味方がいっぱいでパラスとかもっと活躍してほしい人もいっぱいいいた。イサンデルは奴隷から開放されてローレントの侍従になっているといいな(笑。とはいえまあやっぱり最終的には、どうしようもない冷血と皆に思われていたローレントが本当は優しく不器用なくらい生真面目なのがとってもかわいい。お酒飲めないのも、外交のために練習しておくべきだったと反省するのもかわいい。外伝で花とサンダルだけ身につけていたのもかわいい。デイメンが萌えるのもよくわかる。あと外伝のチャールズのお話がよくて、特に終わり方がベタでよかった。チャールズいい人…。
 あと、ファンタジーなせいか、翻訳ものだということもあまり意識しなかったのも面白いなと思った。

2021年03月09日 [ 雑感/日常 ]

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』

 不満はいくつかあるけど、終わってよかったという感想で、そう思った人が多いだろうなとも思う。

  >>>「『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』」のつづき。

2020年12月14日 [ 読書/BLコミック ]

百瀬あん『レンタル彼氏のお尻をご指名』

 レンタル彼氏のバイトをしてる大学生が、宣伝ブログに載せるためにアダルトグッズ開発者の彼女のていでグッズのテスターになってくれとか言われまして。
 面白かった。絵もきれいでお話もいつもうまい作家さんだ。



おしらせ

カウンター


「マヨイガ」は山中クロエが色々あーだこーだ書くブログです。最近は主に読書記録(主にBL)と化しています。

Powered by
Movable Type 3.33-ja,

and xrea.com,
Thankyouverymuch!!!