"雑感/日常"のアーカイブへ


[ 雑感/日常 ]

映画『塀の中のジュリアス・シーザー』

 あー。

 銀座テアトルシネマで観て来ました。
 イタリアの刑務所で、演劇の実習で公演をしてるらしいのですが、それを元にした映画というかドキュメンタリーというかな感じ。

 冒頭の部屋に戻る場面で、あーやっぱりパノプティコン型(半円放射状の形)なんだな、と確認してしまった…(笑、のはさておき。
 …いろいろ反省というか、勘違いしてた。
 とりあえず、シェークスピアの原作は映画観る前に読んでおくべきだった(笑。
 あと、もっと刑務所内の話が入ると思っていたというか、囚人たちのお話がメインなのかと思ってたら、そうではなくて「ジュリアス・シーザー」の映画化がメインだったのね、という感じでもある。

 とはいえ、やっぱり公演のドキュメンタリーではなくて、囚人たちの露出してくるパートも、お芝居なんだろうな、という感じもした。やっぱり訓練してるからうまいんだな、と。一方、看守は演技ヘタだった(笑。
 でもたとえば、囚人同士のいさかいとかは、元々はほんとにいさかいがあってそれを元ネタにしたのか、それとも完全に台本なのか、はたまたリアルタイムに偶然撮影できた…?ということはないと思うけど、どうなんだろうなあ。
 あと、オクタヴィアスの登場シーンがすごかった(笑。入ったばかりの囚人で若い男、という設定もまた、本当なのかどうか。だって、入所したばかりでいきなり本気でお芝居やろうなんて思えるのかどうか…。しかし鋭い目つきが凄みがあって、犯罪者と言われればそうかなと思われて、だからか、彼の登場は刑務所というトポスとジュリアス・シーザーというお芝居がまざりあうひとつの契機のようにも思えた。

 囚人たちの刑期や犯した罪の違いも興味深い。反マフィア法、っていうのがあるのね。
 あとこれに関して、ちょっとネタバレになってしまうかもしれないけれど、ある囚人のいっていた「監獄は牢獄になった」というセリフの意味が難しい…。イタリア語でそれぞれどういう単語を使っていて、どういう違いがあるのか知りたい…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2690

コメントを投稿

with Ajax Amazon