1 |  2 |  3 |  4 |  5 | 6|  7 |  8 |  9 |  10 | All pages

2007年12月19日

かーわいい顔して。

 さて、というわけで、何時ものように!

 …トーキョーバンビ、いいじゃないか(笑

 いや、いいよこれ。カッコいいよ。ライブよりCDのほうがいいかも。CDで慣れたらライブでも楽しめそう。PVのさわおのイカれっぷりがまた最高。

 先日のロストマンゴートゥイエスタデイ、で、さわおが「いい曲ばっかだな」とずっとゆっていたのだけれど、正直あたしは二期曲はやはり微妙に感じたし、少なくとも三期以降のピロウズとはものすごいいきおいで曲調がちがうので、なじまないのは確かだと感じていた。
 さわおだってその差異(落差とは言わないが)は絶対わかってるはずで、だから「もしも」さわおが三期以降の曲イコール自分の思い通りの音楽だと考えているのだとしたら、二期曲とかって、過去の曲としてちょっと恥じらってもおかしくないものだと思うんだよね。思うんだけど、さわおは、今と曲調ちがうよね、とか照れるよね、とか古い曲だよね、とか一切言わないで、「いい曲ばっかだな」っていうんだよね。
 それが本心なのかどうかは全然わかんないけど、ただその態度それ自体、すっごい好ましいと思った。たとえそれが本心じゃなくっても、スゴいと思う。どんどん変わってって、それでいて過去を否定しないっていうのは、バスターズにたいしても誠実だと思うし、カッコイイし、尊敬する。

 ファンながらさわおって中二病っぽいとこあると思うんだけれど(笑、それでもひきつけられてやまないのは、こういうとこでしっかりカコイイからなんだろうな。ねっこのとこがしっかりカコイイから、いろいろハジけたって痛くならないし、信頼して大丈夫だな、と思えるんだと思う。
 …ていうか、なんかあたしのほうがむしろ中二病か。
 何笑ってんだ、かわいい顔して!(笑

2007年12月16日

LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR@Zepp Tokyo その2

 シングルコレクションツアーでマニアックなライブアゥイエー、と思ってたんだけど、予想よりもマニアックではなかった気がする。いわゆるレア曲は少なかったような…。パトリシアシングルバージョンとか、ビューティフルピクチャーとか、アイシンクアイキャンとか、ウィハブアテーマソングとかも聴きたかったなー、とかワガママを。

 トリップからってのは意外だったけどよかった!や、彼女は今日、が三期の最初のシングルだと思ってたから。トリップの方が先っていうか、トリップはロストマンの先行シングルだったんだね。たしか最初にカラオケで歌った曲なので、懐かしい。
 ラッシュ!いいよね。カコイイ!
 ワンダフルサイト!カコイイ!!ばーんのうな、クスリを、飲み込んで!
 スリーピー!カコイイ~!!
 ノンフィクションをライブできくといつも思うのだけれど、今回もまたあたしはノンフィクションがすっごい好きだなあと思った。アンセム系もロックバラード系もそのほかもいろいろ好きだけど、実はこういうキッチュぽいポップなロック系、が、あたしはたぶん一番好きだ。時計が九時十六分で止まった、この話はノンフィクションです、もさわおらしくてよかった(笑
 ハートイズゼア!ウーーーーーーーーーーーー、ワントゥ!!
 ナイトメアも盛り上がる!カコイイ!
 白い夏は初めてライブで聞いたけど、ちょっと地味になっちゃうね。でも好きだし、すっごいカッコイイ。
 というわけで、ここまではあたしの好きな曲ばっかりで、ウッソマジヤバイ、とか思ってました。

 開かない扉の前で…から、その、正直やっぱ二期はちょっと合わないかな。と。なんかニニーも入ってたけど(笑
 トーキョーバンビも…タイトルがバカみたい(笑、褒め言葉です)だしすごく期待してたんだけど、聴いて見ると、アレ、って感じで…どうだろう…うーん、なんだかふつうのポップスみたいだね…(笑。別にスカパラホーンが悪いわけではないと思うんだけど、やっぱりなんかしっくりこないかな。別に一曲ニガテだったからってどうってことはないのはもうわかってるし、いつものようにくりかえし聴いてたら好きになるかもしれないのもわかってはいるけれど…。でもなーに笑ってんだー、という歌詞はピロウズっぽくて好き。「かわいい顔して」って、さわおのことでしょ?(笑

 というか、やはり単にあたしがキッチュな音が好きなだけなのかもしれないけどね。というわけで、レディバもキッチュでポップでかわゆくって大好き。
 彼女は今日、も懐かしいなあ。これがなかったらピロウズ聴いてないもんなあ。
 ワンライフも次のスワンキーも、なんかこのあたりピロウズ重要度の高い曲という印象。ストカメとならんでるし。しんごうがなにいろでもー。
 その未来は今もなんだか懐かしい(笑、結構前になるのかね。

 アンコールでチェリーが来るとは…。
 いつもやってるアンセム系はやんないだろうなと思ってたけど、ハイブリが来た。リトバスかと思ってた予想はあたらなかった。
 そして、ダブルアンコがサードアイというのは意外だった。好きだけど。
 オマケがアドヴァイスというのはあんまり意外でなかった(この前もだったから。大好きだけど(笑。この曲、さわおの一人数役がカワイイよな~(笑

 バスターくんがふくらまないかわりに、さわおが髪をふくらませてきたのが超可笑しかった。ふくらんでる?とか常に気にしてるのも可笑しかったし、これと、いい曲ばっかだな!しか言わないのがなんかもうさわお。変なテンションだったけど、アドヴァイス追加してたし、機嫌よかったみたいだね。正直、前みたく「珍しい鳥発見!」くらい言ってしまえばいいのに、とか思わないこともないんだけど…(笑
 あーあと、アンコール前にかかったトリップダンサーが、改めて聞くと今とあまりに声が違うのでビックリした(笑

2007年12月15日

LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR@Zepp Tokyo その1

 またAXではサンキューやったらしい…orz
 けど楽しかったよ!詳細はおって。

01. トリップダンサー
02. ラッシュ
03. ノーセルフコントロール
04. ワンダフルサイト
05. スリーピーヘッド
06. ノンフィクション
07. ハートイズゼア
08. ナイトメア
09. 白い夏と緑の自転車赤い髪と黒いギター
10. 開かない扉の前で
11. ニニー
12. デイドリームワンダー
13. ガールフレンド
14. トーキョーバンビ
15. レディバードガール
16. 彼女は今日、
17. ワンライフ
18. スワンキーストリート
19. ストレンジカメレオン
20. その未来は今

EN
01. チェリー
02. ハイブリッドレインボウ

EN2
01. サードアイ
02. アドバイス

2007年11月13日

『LOSTMAN GO TO YESTERDAY』

B000VLUNA0LOSTMAN GO TO YESTERDAY
the pillows
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M) 2007-11-14

by G-Tools

 アホみたいに高いシングルコレクションだがバスターくんメールブロックがどうしても欲しくて買ってしまったよ。

 タワレコは商売巧いな…。

 しかし結構持ってない曲入ってるんだよね。DVDはもちろんだけどパトリシアシングルバージョンとか入ってるディスク1は初めて聴く曲も多い。ウィハブアテーマソングとかも英詩バージョンなのかな…とはいえ残りの4枚のディスクはほぼ持ってる曲ばかり。まあなんにせよ、まだ聴いてないというか開封してないんだけどね…(笑

2007年10月10日

Wake up! Tour@Zepp Tokyo その2

 なぜかZeppの日は風邪ひき率が高いのだが…。

 そんなわけで、ウェイクアップツアーのファイナルにいちきました。
 前回のツアーとかで、一公演だけじゃなくて複数回行きたかったなあと反省したので、今回は三公演分とったんだけど、正直O-EASTはいまいちに感じたので、あー一回でよかったかなーとも思っていたのですが(結局名古屋は行けなかったけどね)、やっぱ行ってよかったですよ!セトリ変わってたし。しかしセトリはツアー中に結構変えたらしい…ということはやっぱ夏前のセトリは他の人にとっても微妙だったのかな、とも思うけど。
 大阪ツアー(後述)直後でお互いへろへろでしたが、今回は相方マリィさんとご一緒しました。正直、ピロウズを誰かと一緒に聴ける日がくるとは思っていませんでした…!(笑

 セトリは前のよりもつながりとか自然でよかった。やっぱりプロポーズ→レジスターとか重複ぽいもんね。どっちも好きだけど。
 アンドハローはいいねえ。案外ライブで聴いても面白い曲だ。
 Sad Sad Kiddieとか、「イングリッシュソング」(笑)が随分増えてた。好きだからいいけど。
 バギーデイズが前倒しになってて、もう終り!?早すぎない?とビックリした(笑
 リトバスからヤングスター、ブルドラという締めはなんか怒涛だった。ブルドラは大好きだけど、なんか締めってイメージはなかったのでちょっと拍子抜けな気もしたけど。
 アンコール、果ては実はあまり好きではないので、ダブルアンコに文句言うのもワガママだけどこれで締めはなあ…と思ってたら、さわおがPEEちゃんと相談してAdvice!いいよねAdvice!大好きだ。

 しかしセトリの変更の特徴としては、英語詩とアンセム系の大量投入の二点だった気がする。つよがり他穏やか系の曲が減ってるんだよね。うーん、いいような悪いような。英語詩もアンセムも盛り上がるけど、そして楽しかったけど、ウェイクアップっぽさは薄くなったかも。ボートハウスすら削ってるし…。
 どうせならインストやればよかったのに、という気もする。けど『ウェイクアップ3』にインストないからだめなのかな。

 多少の人気が出てきた(笑)おかげでファン層がかわりつつあるのか、最近さわおが丸くなった(笑)せいなのか、コールみたいのが随分増えた気がする。個人的にはさわおはもうちょっとツンツンしてるほうが好きなんだけど…(笑。でも「バスターさん!」は可笑しかった。
 MCはPEEちゃん取り合いネタはもういい、と思った(笑。でも映画『スケアクロウ』は見てみようかなという気になった。

 Zeppはロッカーがいっぱいあっていいのだけど、やはりちょっと大きすぎる気がする。そしてマイクが時折おかしかったような…。
 そいえばどでかい三色のバスターくんバルーンには正直ドン引きしたんだが、あれはさわおがやりたかったらしい…(笑。ということを知って、やっぱピロウズに金の力は持たせないほうがいいんじゃないかという気がした…(笑

 今度出るロストマンゴートゥイエスタデイで、シングル曲ライブをやるのだそうで、とてもワクワク。

2007年10月09日

Wake up! Tour@Zepp Tokyo その1

 久しぶりじゃないか(さわおのマネ。
 デスマーチは多分おわった。
 そして、ウェイクアップツアー最終日にいちきましたよ!


01. wake up! do do
02. Skinny Blues
03. And Hello
04. DEAD STOCK PARADICE
05. プロポーズ
06. Sad Sad Kiddie
07. Ladybird girl
08. シリアス・プラン
09. プライベート・キングダム
10. スケアクロウ
11. Swanky street
12. MY FOOT
13. 確かめに行こう
14. サードアイ
15. Century Creepers(Voice of the Proteus)
16. Sweet Baggy Days
17. プレジャー・ソング
18. LITTLE BUSTERS
19. YOUNGSTER(kent Arrow)
20. Blues Drive Monster

EN
01. Ride on shooting star
02. ROCK'N'ROLL SINNERS
03. ハイブリッドレインボウ

EN2
01. この世の果てまで
02. Advice

 in(O-EASTからの)
 And Hello、DSP、Sad Sad Kiddie、スワンキー、確かめに行こう、リトバス、ブルドラ、ライドン、果て、アドヴァイス
 out
 アイノウユウ、インスタントミュージック、レジスター、カーニバル、Midnight down、つよがり、ライクアラブソング、ボートハウス、GIRL'S DON'T CRY、カルヴェロ、バスストップ

2007年08月15日

『Lady Bird Girl』

B000QEIVISLady Bird Girl
the pillows
エイベックス・エンタテインメント 2007-08-15

by G-Tools

 ツタヤのアコギ用ピックが欲しかったのだけれど、三軒もまわったのに買えなかった…(涙

 #1「Ladybird girl」
 ライブで最初に聴いた時にはあんまりいいと思わなかったんだけど、今はかなりいいと思う。タイトルとPVどおり、キュートでキッチュで、ピロウズらしいセンチメンタルさもあって、でも微妙に地味で(笑、すごくピロウズらしい曲だと思う。
 しかし、もう散々聴きこんでしまっているので、特に改めての感想は浮かばない…(笑

 #2「And Hello!」
 これまたピロウズらしいロックというか、ピロウズのカップリングらしい曲というか(笑。地味だけどカッコいいなあ。

2007年07月20日

Wake up! Tour@渋谷O-EAST その2

 いやしかし正直を言うと。

 あれ…、なんか、しっくりこなかった?

 って、感じ、だった。

 ドードーにはじまりバギーデイズに終わるのは順当だったけど、三曲目にアイノーユー、であれ?そうくるんだ、と思い、次のインスタントミュージックにあれ?そうなん?と思う。

 ハテナをふりまきつつ、しかしプロポーズに燃える!何度聞いてもいい。最後のキミに、プロポーズを、は何度見てもいい。
 プロポーズやったらレジスターはやんないよね?と思ったら直後にレジスターでわー!と大興奮。
 シリアスな曲って?と思ったらシリアスプランだった(笑
 プライベートキングダム、カーニバル、ミッドナイトダウンという繋がりは微妙にアリなようなナシなような、ベタすぎるような、しかしなんか馴染まないような。どれも好き曲なんだけど。
 つよがり…ロックスターの友人の曲、って、最初の「の」は所有格なのかただの修飾なのか(笑
 ライクアラブソングは結構ライブでやるのであー来たなーと思ったけど、マイフットをやったのはなんかびっくりした。いっこ前の希望の曲、だろうに、何故?と。

 ところでボートハウスはなんだかめちゃめちゃ好きになってしまった。やっぱりパトリシアに似ている。つまり、優しい愛の歌(今ウヘェと自分でも思ったがでもそうなのだ)であって、直前のMCで、こんなにたくさんの音楽が溢れる中で、ピロウズ「なんか」を聞いてる変わり者のキミたちに、とゆってたように、あまりに明らかなバスターズへのラブソングだったのだ。
 「いい加減、嫌われてもいい頃」だと思えるのは、なんでか。ボートハウスはあまりにあからさまにタイニーボートへのアンサーソングで、「舟を壊して家を建てた」、タイニーボート調を壊して、ストカメを建てた、それから「バカバカしい歌」ばっかりつくってきて、それでもそれを信じてくれるキミ=バスターズ、が居た。
 ストカメを「バカバカしい歌」だと断定してしまうと、それはとても面白い解釈になる気もするのだが、ここでは「バカバカしい歌」はたんにタイニーボートのような狙いのない歌、くらいの意味だろう。
 そんで「マトモになれたら家を壊して舟をつくろう」と言っても、マトモになる日というのは来ないもの(笑、か、もしくは舟はキミ=バスターズも信じてくれるものになるだろう、という確信のこと、なんだろうなあ。
 「キミが好きだよ」という最後のフレーズもあったかすぎる。アイライクユーバスターズ、というフレーズにもあるように、ラブではなくライク、のほうがさわおには重いような気もする。気のせいかもだけど。まあ、あれです、アイラブユーバスターズとかさわおが書いたら、ちょっと微妙だもんなあ(笑。
 で、そのあとにロストマンの曲をやったのはすごくあざとい(笑)けど、でもいいよね。

 ヤングスター!いいなあこれ。昨日一番の楽しみで、やっぱり楽しかった。クラップちょっと失敗したけど(笑
 そして、その後シナーズというのは豪勢すぎる(笑。二曲目を連続してやってるからか、なんかうれしいけど微妙な(プロポーズ→レジスターの流れと似ている。

 スケアクロウはカラオケとかで歌っても思ったんだけど、ボーカルを活かす曲だなという気がする(勿論わたしがうまく歌えてるわけではない。
 サードアイからクリーパーズという盛り上がりっぷりはすごいなあ、と思った。
 そして、バギーデイズのラストはすごいことになっていた。

 アンコール、カルヴェロは…初めてみたけど、ああなるのね(笑。思っていたのと全然違った。
 バスストップとかすごく好きだー。

 うーん、しかしこう振り返ってみても何がしっくりこなかったのか。面白かったんだけど、ウェイクアップ3の曲は微妙にライブ向きではないものが多いかな、という気もしたかも。

2007年07月19日

Wake up! Tour@渋谷O-EAST その1

 行ってきたよー。疲れたよー!
 詳細はおって。

01. wake up! do do
02. Skinny Blues
03. I know you
04. インスタント・ミュージック
05. プロポーズ
06. 空中レジスター
07. シリアス・プラン
08. プライベート・キングダム
09. CARNIVAL
10. Midnight down
11. つよがり
12. like a lovesong(back to back)
13. MY FOOT
14. BOAT HOUSE
15. GIRL'S DON'T CRY
16. プレジャー・ソング
17. YOUNGSTER(kent Arrow)
18. ROCK'N'ROLL SINNERS
19. スケアクロウ
20. サードアイ
21. Century Creepers(Voice of the Proteus)
22. Sweet Baggy Days

EN
01. Calvero
02. Ladybird girl
03. WAITING AT THE BUS STOP

EN2
01. ハイブリッドレインボウ

2007年07月12日

「変えられるのは、未来だけなんだ」

 Wakeup!ツアーのチケットがかなり入手困難を極めていたので、いろいろ申し込んだりしたら三回分のチケットを手にしてしまいました。うち一回は地方なんだけど。

 ピロウズのアルバムでは曲順の傾向がある程度決まってる感がある。
 たとえば一曲目は英詩曲で、バブルタウン・サッド2キディ・レインブレイン・デッドストック・ザビエルという系譜がある。ラストの英詩曲はアドヴァイス・カルヴェロ・ルーキージェット・ガゼルシティと、これは意外に少なかったかも。あと、たとえばラス2あたりにはバラード系かそれに準ずる雰囲気の曲で、ロストマン・ビューティフルモーニング・確かめに行こう・サンキュー・傷跡の囁き・グッドリ・さよならユニバースって系譜がある。気がする(笑
 だけど、最近気になってるのは二曲目と三曲目の傾向で、ペナルティーのロンサム→フリービーとか、マイフットのシナーズ→レジスターとか、ウェイクアップのケンタロウ→プロポーズとか。いや、単にそこらあたりにあたしの好きな曲が集中してるってだけの話なんですが(笑。サンキューのビスケットハンマー→バビロンは近いようで違うかな。なんていうか、もっとコンパクトで閉じてるイメージなんだよね。メイン曲ではないというか(バビロンは力強すぎるのだ。

 というわけで、ケンタロウがすごく好きです。正式なタイトルが覚えられないけど(ヤングスターというらしいぞ。
 「Set you free、何処に行こう。起死回生のプレリュード」いいなあ~、今までのピロウズになかった感じ。大好き。特に歌詞は、「Set you free」とか、なんかさわおらしくないというか、「Set me free」とか邦楽でよく使われる言葉(当社比)だからかなあ。やっぱナイアガラトライアングルだよ(笑、ただのイメージですが。でも「Boy meets rock」とかさわおらしい気もするよねえ。
 いずれにしても、そのらしくなさとらしさの間がいいです。だからなのか、ボーイズビーロックスミスも好きになってきたよ!(笑

 プロポーズもいいよね。なんか日記を確認したらこれ去年の春からライブでやってんのね。もう定番曲みたいな気になってしまう。
 プロポーズは歌詞がいつもどおりのムチャクチャでいい。「おでこにファースト・タトゥー」とかは、肉の字のことだとしか思えない(笑。ポパイにキン肉マンなのか…ほんとに?(笑
 最後の「キミにプロポーズを」のところ、「キミに」を一音ずつ切ってるのに違和感があったのだけれど、つまりここがライブバージョンと違うところだったのか、とやっと気づいた。ライブバージョンの「キミに」をつなげて歌うのはライブっぽくていいし、アルバムバージョンはエロいし、どっちもカッコイイ(笑。

 というわけで、来週はライブで、その後はレディバードガールがシングルで出るらしいです。

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | 6|  7 |  8 |  9 |  10 | All pages


もくじ

LOSTMAN GO TO CITY@豊洲PIT
moondust tour@Zepp Tokyo
ハッピー・バースデー。
LOSTMAN GO TO CITY@Zepp Tokyo その2
LOSTMAN GO TO CITY@Zepp Tokyo その1
『ハッピー・バースデー』
TRIAL Tour@Zepp Tokyo その2
TRIAL Tour@Zepp Tokyo その1
TRIAL Tour@SHIBUYA O-east
TRIAL Tour@SHIBUYA CLUB QUATTRO その2
TRIAL Tour@SHIBUYA CLUB QUATTRO その1
トライアルに、トライ中。
『トライアル』
Energiia Tour@Zepp Tokyo その2
Energiia Tour@Zepp Tokyo その1
『エネルギヤ』
氣志團Presents“極東ロックンロール・ハイスクール~枕連~(マクラーレン)”@SHIBUYA O-East その2
氣志團Presents“極東ロックンロール・ハイスクール~枕連~(マクラーレン)”@SHIBUYA O-East その1
何が咲くのか、誰も知らないんだ。
『Comic Sonic』
リバティー。
HORN AGAIN TOUR@TOKYO DOME CITY HALL
HORN AGAIN TOUR@Zepp Tokyo
ジョークは笑うのが礼儀。
HORN AGAIN TOUR@SHIBUYA-AX その2
HORN AGAIN TOUR@SHIBUYA-AX その1
ホーンアゲイン、アゲイン。
ホーン、アゲイン。
『HORN AGAIN』
欝曲セットリスト。
Movement Tour@Zepp Tokyo その2
Movement Tour@Zepp Tokyo その1
OOPARTS TOUR@Zepp tokyo その2
OOPARTS TOUR@Zepp tokyo その1
OOPARTS TOUR@Shibuya O-EAST
オーーパーーツ。
オーパーツ。
『OOPARTS』
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”その3
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”その2
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”
PIED PIPER TOUR@Zepp Tokyo
PIED PIPER TOUR@SHIBUYA AX その2
PIED PIPER TOUR@SHIBUYA AX その1
…あれ?
僕の変な歌知ってるだろ?
『PIED PIPER』
『New Animal』
インストアライブ@タワーレコード。
『Tokyo Bambi』
かーわいい顔して。
LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR@Zepp Tokyo その2
LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR@Zepp Tokyo その1
『LOSTMAN GO TO YESTERDAY』
Wake up! Tour@Zepp Tokyo その2
Wake up! Tour@Zepp Tokyo その1
『Lady Bird Girl』
Wake up! Tour@渋谷O-EAST その2
Wake up! Tour@渋谷O-EAST その1
「変えられるのは、未来だけなんだ」
『Wake up!Wake up!Wake up!』
アゥイエ!
…アゥイエー(ダウナー気味に。
ウェイクアップ!
「君が心を閉ざしたのはどこの誰のせい」
『スケアクロウ』
『LOSTMAN GO TO AMERICA』
LOSTMAN GO TO CITY@SHIBUYA AX その2
LOSTMAN GO TO CITY@SHIBUYA AX その1
ロストマンゴートゥシティ、
諸君、私はピロウズが好きだ。
Mr.Children&the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~@Zepp Tokyo その2
Mr.Children&the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~@Zepp Tokyo その1
MY FOOT TOUR FINAL@Zepp Tokyo その2
MY FOOT TOUR FINAL@Zepp Tokyo
挑戦者のように走れMyFoot
The third eye Tour@SHIBUYA AX
三番めの目が、場所を知ってる。
『The third eye』
『DELICIOUS BUMP TOUR IN USA』
好き好き大好き。
『ノンフィクション』
「夜はいつだって残酷なフレンド」
梅雨明けにて。
『KOOL SPICE』
『Living Field』
つのを出して、しっぽを振ってよ。
「オール・ピロウズ」
やっぱり『GOOD DREAMS』
『GOOD DREAMS』
とりあえず『GOOD DREAMS』
「Back seat dog」
『その未来は今』
THANK YOU VERY MUCH, I LIKE YOU BUSTERS!@SHIBUYA AX
『SYNCHRONIZED ROCKERS』
THANK YOU VERY MUCH, I LIKE YOU the pillows!
ミスチルの『ストレンジ・カメレオン』
with Ajax Amazon
with Ajax Amazon