1 |  2 | 3|  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 | All pages

2011年06月07日

リバティー。

 リバティーの話をしよう。

 あれは今から7年前…、いや16年前だったか、まぁ、いい。ピロウズにとっては過去の曲だが、バスターズにとっては多分、『ターンバック』の一曲目だ。
 この曲には二期らしいリリックがあるから、なんて呼べばいいのか…。確か、最初に聴いたときは…ラズベリーキッス、もしくは甘い恋人。そう、あれはゴボウソングだった…ピロウズの方向転換前の曲だからな。まぁ、いい曲だよ。

 というわけで、リバティーは、たしかグッドドリームスの直後くらいに出た、ピロウズのミニアルバム『ターンバック』の一曲目なのです。

「キャンパスに広がる白い空、無限の四角い窓を開けたら。僕らはじっとしてられなくて、砂袋全部投げ捨てた気球に乗り込んだ~♪

 …と、根岸崇一というか愛咲ルイ(@岡田あーみん)みたいな歌詞に、グッドリ時代のバスターズはド肝を抜かれたりしたものなのですが、

「午後の空に隠れてる星のように。優しい暗闇を、待っている。

 なんてとこで、やっぱりさわおの歌詞はいいよなあ、と思わされるわけです。こういう言葉の重ね方がいいなあと思うのですよ。ありきたりな言葉を、いかに異化するか、ということなのかもしれない。
 たとえばレディバードガールは「初めてキミと出会ったときを」じゃなくて「初めてキミと出会ったときの場面を」だから、「再放送中」とか不思議なことになれたのだと思う。あと、バビロン天使の詩では、「僕の姿ちゃんと見えるのはもうキミだけしかいなくて」って、こんなのなんどもさわおが歌詞にしてる内容のはずなのに、にもかかわらずこんなにステキな歌詞で更新できたこととか、なんかそんな感じ。たぶん。

「いつか唄った、永遠のラブソング。まだ憶えてるなら、リバティー。

 最後の一節で、この「永遠」のとこで最高音が来るのがいかにもさわおらしい音への乗せ方な気がするのです。
「雨上がりに、見た幻を」の部分をあそこに配置してあのメロディにのせてることとか、空中レジスター「神様が逃げた不完全な地球上で」 の「不完全」や「地球上」の音への乗せ方とかも、だいたいそんな感じ。

 何が言いたいのかというと、あたしにとってピロウズらしいかどうか、というのは必ずしも評価の基準ではなくって、だから新しいこととかかわったことにチャレンジしてる曲は大好きなんだけど、こういうとこ、なんというかさりげないこまやかな曲作りという部分がブレてしまうと、やっぱりイマイチだなあと思ってしまうことが多い気がする。なんで、今のところ、やはりホーンアゲインは言葉の使い方が普通すぎた(少なくともあたしにとっては)んではないか、と思ってるのです。もちろん、どこかでその印象は変わるのかもしれないし、そうだといいなとは思ってるけど。

 そして、だからリバティーは、明らかにゴボウだと思うけど大好きなのです。

2011年04月27日

HORN AGAIN TOUR@TOKYO DOME CITY HALL

 自分が何を期待していたのかわかったのと、なんかあの書き方では誤解を招きそうなので、追記。
 つまりあたしは、最後にさわおに「次回覚えてろよZepp Tokyo!」とか、なんかそんなようなことを言って欲しかったのだ。予定外の曲とか、謝罪とかではなくって。さわおもバスターズも、Zeppの貸しはZeppでしか回収できないんだろうと思うから。


01.リンプトゥモロウ
02.ギヴミーアップ
03.空中レジスター
04.ノーバディノウズホワットブルームス
05.パープルアップル
06.ムーンイズマイン
07.サッドファッドラブ
08.コミックソニック
09.バイオグラフィー
10.オレンジフィルムガーデン
11.リリーマイサン
12.ノーウェア
13.ウェイクアップ、フレンジー!
14.ブリリアントクラウン
15.エメラルドシティ
16.ムーブメント
17.その未来は今
18.リトルバスターズ
19.ドギーハウル
EN.
01.タバスコディスコ
02.ハートイズゼア
EN.2
01.ノーサレンダー
02.ハイブリッドレインボウ


 JCBホール…じゃないのか、東京ドームシティホール、はじめて!面白い作り!しかし…当日券出てたし、売れてないんだなあとは思ったけど、結構ゆっくりめにアリーナに入ったのにスッカスカで手すりもぜんぶ丸見えで、ちょっとびっくりした…。MCでも言及してたけど、よく考えてみたら、東京ファイナルといっても平日だものね…。でも、始まってみたら結構いっぱいに見えた。さわおもpillowsで平日にこれだけ集まったら上出来だろ!みたいに喜んでたし(笑。
 まあそんなわけで、初めてのハコで勝手がわからないから、あんましいい位置とれないかなと思ってたけど、わりと前の方でさわおもばっちり見えたのでよかったvあとドリンクホルダーがカラビナでよい感じv

 サッドファッドラブが結構よいと思う。
 コミックソニックはいいけど、アルバムに入らなそうだなあ。でもカワイイ。
 セトリ、やはり変更なしかーと思ってたら、流石に東京五公演目なので…とかゆってノーウェア!燃える!そしてウェイクアップ、フレンジー!!かっこよすぎる…!!!最後のウェイクアップ!フレンジー、ウェイクアップ!!!がめっちゃカッコよかった!
 ムーブメントは多少(あたしの中で)こなれてきた気がする!もう一息…!!
 リトバス燃えるなあ。タバスコディスコはめっちゃ後に残るなあ。
 ノーサレはいっつも出遅れてしまうのだけれど、今回は流石に構えていたので(笑、1234、5678!に参加できた!(笑。いい曲だなー。
 まさかのラストがハイブリ…!!ノーサレで後先考えずに体力使い果たしていてしんどかった(笑。いい曲だなー!

 さわおのギター機関銃がわりにすんのは流行ってんのか(笑。peeちゃんのギターおじぎさせるのも(笑。
 MCは、また客席があまりにシーンとしてたら、タワレコのTシャツみたい、こういうのも本意じゃないんだけどね、でもちょっと調子に乗るとあいつすぐ怒るだろ、って思ってると思うんですけど、面倒ですいません、みたいな感じでわろた。あとアンコール要求の手拍子もみんなめっちゃ気合入っててわろた。シンイチロウさんが、水曜日は不動産屋さんがお休みだそうで、今日は全国の不動産屋さんの方がお集まり下さって…とかゆっててわろた。
 あと、君たちわ×おさんのついったーにアゥイエ、だけリプライすんのとか、やめませんか?向こうには意味不明ですよきっと、という提案とか、こういうのも書かないでよね、とか(なので伏字)、青森行ったら会いに行きたいんですから、とか(笑。ところでわ×おアンドさわおTシャツは収益を義援金にするらしい。知らなかったー。でもほとんど売り切れてた…。おなじ流れで、カラオケでスマイルとか歌わないようにね、知らない人ドン引きだからね、とか(笑。あたしスマイルのサビ一時着歌にしてて、確かにちょう恥ずかしかったよ!

 ノーサレの前のMCは、今回ツアー中ほぼ同じセリフで通してると思うのだけれど、「どんなに絶望的なことが起こったとしても、またこうして会おう」という中の、「あったとしても」、という留保がとてもさわおらしいと思うし、バスターズにはその意図がきっとちゃんと伝わっているのだろうと思う。たぶん、具体的なことに言及しないのは、決して逃げているわけではなくて、その対象と自分の仕事とにきちんと向き合っているからなのだと思うのだ。音楽なんて絶対役に立たないとわかっていながら…あたしもこれ以上具体的に書くとひいきの引き倒しになりそうなので、言わないけど。
 でもでも、だからこそ、最近の歌詞はやっぱりダイレクトすぎだと思うし、彼の中にはきっともっと違う、もっと広がりをもち得る言葉があるはずなのに~と期待してしまうんだ。直接的具体的すぎる言葉は、そこから先がない感じで、数年後に聞き返しても発見がなさそうな、そんな気がしてしまう。あたしはさわおの言葉の選び方がすきだし信頼しているので、期待もたぶんすごく大きいのです。

 というわけで、これから中止になった東北でツアーファイナルを行うらしくて、よかった!向こうでも、さわおのトゲトゲで優しい言葉がちゃんと伝わるといいなあと思うし、きっと伝わるのだろうとも思う。

2011年04月25日

HORN AGAIN TOUR@Zepp Tokyo

01.リンプトゥモロウ
02.ギヴミーアップ
03.空中レジスター
04.ノーバディノウズホワットブルームス
05.パープルアップル
06.ムーンイズマイン
07.サッドファッドラブ
08.コミックソニック
09.バイオグラフィー
10.オレンジフィルムガーデン
11.リリーマイサン
12.カーニバル
13.サードアイ
14.ブリリアントクラウン
15.エメラルドシティ
16.ムーブメント
17.その未来は今
18.リトルバスターズ
19.ドギーハウル
EN.
01.タバスコディスコ
02.ハートイズゼア
EN.2
01.ノーサレンダー

 なんか、参加してるときはそれなりに面白かったんだけど、後になってみると正直消化不良だったなあ、という気がしてきた。

 そんなわけで。ブリリアントクラウンの途中でギターの音が出なくなる、という前代未聞の事件がおこり、20分くらい(だったらしい)中断、いつものモヒカンのローディさんの復旧作業中、さわおが懸命に場をつなごうとするも予想外に時間がかかり、次第にテンパってきて、チューニングもしなきゃで結構グダグダだった(笑
 まあそれはよかったんだけどね。さわお気の毒だったけど。別にそれが不満だったわけではなくて。
 正直、いえあさましいということは百も承知なんですけど、なんか予定にない曲やってくれるかな??とか思ってしまったんだよね…(笑。だからダブルアンコでノーサレはじまったとき、正直えっ、と思ってしまった…(笑。まあ結局ノーサレの途中でまた音鳴らなくなって(らしい)、さわおはマイクだけに切り替えてたし、もう一曲なんて無理ではあったんだろうけど。
 けどなんていうか、会場がお願いしたらもっとなんかしてくれたかなあという気はするんだよね。ていうか、会場おとなしすぎたよね。
 最初のMCだったかで、あまりにおとなしく待ってたらさわおに犬みたいとか言われてたし(笑、いやそれはいいんだけどさ、犬で、でもアンコール待ちの拍手も手拍子かよって感じでおざなりで、さわおが出そびれて曲がおわっちゃったとかゆってたし、で、なんというか、あのアクシデントにももっと積極的につっこむべきだったのかもしんないなと思った。さわおだって相当テンパってたし、peeちゃんたちも困ってるっぽかったし、会場がもっとずうずうしく振舞ったほうが、さわおも楽だったのかもなあと思う…とかえらそうにいいつつも、自分がなにかをできるわけではないので、他力本願な自分もどうかと思うけどね。
 それはさておき、そんなわけで、予定外のラッキーがなかったこと自体というより、流れ的になんか消化不良だったなあと思う。

 あ、でも曲数はAXと変わらないんだね。なんか減ってた気がしてた。

 ノーバディノウズ、今回peeちゃんとさわおが見える位置だったので今更気づいたのだけれど、Aメロがずっとベースとドラムだけで、peeちゃんのギターが入ってもメロディとかしっかり弾くわけじゃない、さわおのギターなんかリアルにネックレス状態(笑)になってるしで、やっぱちょっとかわった曲だなーと思った。ビューティフルモーニングウィズユーと構成だけ少し似てるかなあ。大好きだー。
 コミックソニックはやはりイントロがカコイイんだけど、曲自体はちょっと地味かなあという気がした。
 ハートイズゼア久しぶりでやっぱカコイイなあと思ったけど、いつもよりレゲエっぽい?気がした。

 MCは、災害のことにはAXで触れたから、もう何も言わないだろうなと思ってたので、やっぱり、と思った。「アゥイエ!っていうと、イェー!っていう。ワンワン、っていうと、ワンワン、っていう。さわおですか?いいえ、わさおも」は心に残った(笑。しかしわさおさわおTシャツは買えなかったー。あと中断のせいで、あたしの(あたしの?)ジョニー・ストロボが最低なことに…(笑。いや、でもどうせJCBでやるつもりだったみたいだし、中断のせいではないけどさ…。
 最後に新曲のこと、ライクアラブソングみたいなノれる曲と欝曲、ってゆってたけど、マリィさんとも話してたんだけど、ライクアラブソングはやけにライブでよくやるなーと思ってたらさわおはそういう認識だったのね、とびっくりした。あんましそういう印象なかったから。あと欝曲、最近の感じで欝な曲となると、歌詞がダイレクトすぎてちょっと鼻につくような曲になりそう…とかいってると、さわおにキレられそうだ。

2011年04月06日

ジョークは笑うのが礼儀。

 などと書くと、なんだか銀魂のタイトルみたい(笑

 それで、こないだカラオケで彼女は今日、をひさびさに歌って気づいたのだが、あれだ。彼女は今日、「ジョークなんて通じるかな。想像しても、しくじるのは怖いから言わないよ」→雨上がりに見た幻「ジョークは笑うのが礼儀さ。呆れるなよ、笑ってよ。聞き飽きてるとしても」ジョークはここから来ていたのかもしれないのですよ!

 あとはわざわざ書くまでもないのだろうけれど、ワンライフ「どんな靴を履いてても、歩けば僕の足跡。立ち止まればそれまで。僕が終わる印」→「足跡の無い道を選んで、ずいぶん歩いたな」と、ハイブリッドレインボウ「太陽に見惚れて少しこげた。プリズムをはさんで手を振ったけど」「昨日まで選ばれなかった僕らでも、明日を待ってる」→「千年後の雨になって僕らは降るだろう。太陽とも解り合って、虹を出せるかな」とかかな、そんな感じでジョーク云々も、やっぱりみんな過去の言葉の引用なのかなあと思うけど…他には見当たらないなあ。あれー。ほんとに引用ならもっとあってもよさそうだが。深読みしすぎだったのか…。

 そんな感じで、雨上がりが彼女は今日、まで遡っていたとしたら、なんだかいいなあと思うのです。でもやっぱり、このあたりに遡って引用するとしたら、きっとロストマンだろうしなあ…(笑

2011年03月31日

HORN AGAIN TOUR@SHIBUYA-AX その2

 そんなわけで、感想。長いです。

 今回はケリーズダックがなかった。リンプトゥモロウのイントロから、メンバー揃って生音に替わるのカッコよかった。
 ギヴミーアップはたぶん、ホーンアゲイン曲の中でムーブメントの次に盛り上がった曲かもしれない。
 空中レジスターは、リリーマイサンかと一瞬思った…正確には曲名が思い出せなかったので、ホーンアゲインの中の空中レジスターに似てる曲、かと思った…(笑
 ターミナルヘヴンズロックはたぶんあれ、2011年だから!「加速していく人類に祝福を」だから!(絶対違うと思う。でも今回、Tシャツもバスター君・ザ・ワールドがあったし(笑
 バイオグラフィー「僕の前に初めて道が出来た日の事、死ぬまで忘れたりしない」…のあとって「バンドマンのバイオグラフィー」か。今調べた。ずっとなんて言ってんのかなあと思ってた(笑
 パープルアップルという選曲にはびっくりした(笑。全然構えてなかったのでクラップ入りそこねたし間違えた(笑。そしてギターソロをPEEちゃんさわおの掛け合いでやってて面白かった。ので、わざわざ選曲したわけではなく、たぶん今回のツアーでずっとやってるのかなと思った。PEEちゃん=お兄さんとさわお=弟、みたいでほほえましかった(笑
 ムーンイズマインは、この歌らしいきれいな声で、古い曲やるといろんなさわおの声きけていいよねvと思った。地味だけどわりと好き。
 サッドファッドラブはいい曲だけど、なんというか…B面っぽい。ちょっと地味。

 魔法の、言葉でー、ノーバディノウズ、ホワットブルームス!(笑…ノーバディノウズはホーンアゲインの中で一番すきなので、これは今回のアルバムの中で一番盛り上がる曲だろうと勝手に思い込んでいて(笑、なんか会場の反応が思ったよりうすかったのでビックリした(笑。なんでなのー。でもあの反応の薄さは多分この曲だけの問題ではなくてアルバムの問題だと思うし、ホーンアゲインについての感想は後述…うーん、このツアーまだ4月も参加するし、次回はもっと盛り上がるといいなあ!でもアホな前振りが、ノーバディ=魔法の歌だよ!って感じで、あたしとしてはよかった(笑。あとタイコが面白いなあと改めて思ったし、ライブだと難しそう。
 まさかのオレンジフィルムガーデン…!なんだこれ!なにこの変態セトリ!と思った。ていうか今回あたしの好きな曲が多くてうれしかった。この曲は歌詞が変態すぎて大好きです(笑。これが入ってるアルバムグッドリは、最近サイト名に借りたほど好きになってきてしまったのだけれど、もう全体が眠そうで夢のなかっぽくって変なアルバムだなあと思うし、特にこの曲は夢うつつの歌だろうと思う(笑
 リリーマイサンは、マリィさんがサリーマイラブにタイトルが似てると言ってたので、なんかそれでいいやという気になった(笑。でも最近わりと好きです。歌詞は全般的にあざとすぎるのだけれど、「醒めない夢が、手放せない恋がまだ居座って」のとこの言葉の音への載り方はピロウズらしいしとてもよい。
 カーニバルはなんだかピッタリすぎて…でも本当にカッコイイ曲だなあ。「二人同時に夢で見たのさ。生まれ変わった時代、虹のかかった未来」
 サードアイ!ほんとカコイイ。ライトはもっと緑で…!とか思いつつ、その印象は多分すっごくジャケ写の影響。「もう一度何かを始められそうなんだ」

 ブリリアントクラウン、はだいたい予想通りな感じだった。
 エメラルドシティはわりと盛り上がってた。
 ムーブメントの前のMCでさわおが、ツアーに入る前には迷ってて、でもツアー始まったら楽しかったしピロウズの曲大好きだし、だから迷わないよ!みたいなことゆってたので、逆説的に、あーホーンアゲインや、特にムーブメントの評判はイマイチだったのかな…と思ってしまった。
 さわおは自分は自分のことを詩に描くタイプで、ホーンアゲインは特にちいさなことを書いたから、そういうアルバムに共感してくれる人は少ないだろう=ライブに来てくれてうれしい、というようなこと言ってて、あたしもホーンアゲインしっくり来てない方なので、ちょっとそういうこと言われてしまうとツラいなあと思いつつ、でもそういう問題ではない気がするんだよね。だってあたしはホーンアゲインの歌詞ほとんど知らないもの。ていうか気づいてしまったんだけど、ここ数年ピロウズの歌詞カードなんて見てないもの…(威張れない…。だから少なくともあたしにとっては、ホーンアゲインがしっくりこないのは、歌詞ではなくって曲の問題なのだと思うし…。バイオグラフィーとかそういう傾向わかりやすいけど、バスターズには共感しやすい歌だと思うし、今までもユアオーダーの「スタジオミルク」みたいな歌詞とかあったわけだしなあ。

 その未来は今、も、そういえば最初に聴いたときにはしっくり来なかったなあ(笑。これは歌詞がちょっとしんどいかもだ、今は。
 そして、この流れ(アルバムの中でトリになりそうなブリリアントクラウンは演奏済み、という)なら、アンセムやるんだろうなあ、とは思ったけど、リトバスでよかったなあ。ハイブリでなくてリトバスでよかった。小さくて偉大なものというタイトルと、そして今日のバスターズの曲、という感じが、とても似つかわしかった。
 締めは何にするのかなあ、これ(ブリリアントクラウンとかリトバスとか)が締めかしら、とライブ後半ずっと思っていたんだけれど、それはラストはドギーハウルですよね、確かに…w

 タバスコディスコは別にホーンアゲインに入れても違和感なかったような…。
 逆にユアオーダー、このセトリの中ではなんか違和感あるなあ…wと思ったことで気づいたんだけど、あたしは未だオーパーツを消化しきれてない気がする。況やホーンアゲインをや、なんだろうなあ。
 退場後はドギーハウル。なんかいっつも、会場で聞く曲ってすごく違う感じに聞えてアレ?違う人?とか思っちゃう。
 そして、ダブルアンコがノーサレ…!これはヤバい。本当にヤバかった!正直パイド出た頃はあんまし好きな曲ではなくて、グレイみたい、とかさんざんな感想(グレイが嫌いなわけではなく、ピロウズらしくない曲、という意味)を書いてきてしまった曲なのだけれど、ライブで聴いてるうちにアレ?いいかも?とか思いはじめ、そしてこの状況でのノーサレって…!!!震災に関した曲は書かないと思うとか(そういうの書くタイプだとはたぶんバスターズも思っていないし)歌なんて99.9パーセント役に立たないとかいいつつ、悪夢をけちらす歌を、と歌う歌を選んださわおの心意気がすきだ!「ノーサレンダー、ベイビー、傷つくなよ。汚れきった世界から必ず連れ出してみせる。どんなに悲しくても、生き延びて又会おう!悪夢を蹴散らす歌を唄いながら」…あらためて、でもこれはさわおが歌うんでなければ好きにならなかった歌、歌詞だと思う(笑

 全体的に、特に前半、丁寧に演奏して歌ってるなあ巧いなあ、という印象があった。や、いつもが雑というわけではなく(笑、はじけっぷりがちょっと抑えられてたかなあと思った。でもこういうのもいいし、盛り上がらないわけでもないし、何が言いたいのかというと、誰だよピロウズのこと若気の至りバンドとか言ってたヤツ(根に持ってる。

2011年03月30日

HORN AGAIN TOUR@SHIBUYA-AX その1

 きのうはAXにいちきました。
 今回は中止なら中止でもいい…と思っていたライブだけれど、行ってよかった。そして、バスターズでよかったと思った。

01.リンプトゥモロウ
02.ギヴミーアップ
03.空中レジスター
04.ターミナルヘヴンズロック
05.バイオグラフィー
06.パープルアップル
07.ムーンイズマイン
08.サッドファッドラブ
09.ノーバディノウズホワットブルームス
10.オレンジフィルムガーデン
11.リリーマイサン
12.カーニバル
13.サードアイ
14.ブリリアントクラウン
15.エメラルドシティ
16.ムーブメント
17.その未来は今
18.リトルバスターズ
19.ドギーハウル
EN.
01.タバスコディスコ
02.ユアオーダー
EN.2
01.ノーサレンダー

 AXは前日まで休業してたようで、そしてピロウズの翌日からはライブが続いているそうで、みんな先頭に立つのはイヤなんだな、ピロウズは弾除けかよ、みたいな。有名なアーティストとかは有名であるがゆえに世間からいろいろ解釈されて大変だけど、ピロウズなんて石ころみたいなもんですからね、という自虐とか。最後に、でも音楽なんて99.9パーセント役に立たないからねとか、またすんごい考え考え、言葉を選んでしゃべるさわおが、「いつもどおりに」誠実で好ましかった。

 そんなすてきなさわおのあれこれも、しかしぽぽぽぽーんの記憶で一色に塗りつぶされちゃってますけどね(笑。未だに他人の歌に驚かされることがある、とか言い出して、フリつきで歌い出したさわおの歌があまりにヘタクソでおかしかった(だってうまかったらイヤじゃないか。そのあと、惇さんにぽぽぽぽぽーんじゃない!ぽぽぽぽーんだ!とか力説してうるせえ!とかゆわれてんのは新鮮だったwだってお前もすすすずき惇じゃないだろ?とか言い返してるしwかわいいなあ。

 今回はマリィさんとご一緒しましたv
 そんで、AXは休業のせいか、なんか音響がちょっとおかしかったような…低音とかハウってた気がする。
 また物販いろいろ買っちゃった。バスター君ザ・ワールドTシャツは、新手のスタンド使いかwwwという感じで、柄もカワイくてよいですね。
 長くなるので、感想は明日アップしますv

2011年02月11日

ホーンアゲイン、アゲイン。

 わかったあぁ。
 ノーバディノーズホワットブルームスは、あれだ、ルールザワールドに似てるんだ!アレンタウンじゃないや。まあ、あたしの中では同じくくりの曲ではあるんだけど。
 ビリージョエルのアレンタウン、ティアーズフォーフィアーズのエヴリバディウォンストゥルールザワールド、ホールアンドオーツのプライベートアイズ、の三曲が、80年代のさわやかポップスマイベスト3なのですが、ルールザワールドは自分のスタンド名にしたいくらい大好きなのですvノーバディもこの三曲っぽい、はてしなく爽快なアメリカっぽい青空な感じ!
 そんなわけで、ホーンアゲイン、この曲を軸にして聴いてます。ウィスタートゥーシー、ノバディノーホワットブル~

 リリーマイサンは正直ウヘェと思わないこともなかったラブソング…だがやっぱりピロウズらしい独り言ラブソングだった(笑。慣れてきた(笑。
 あとエメラルドシティはオズの都か!そっかー。魔法使いの歌なんだね…だったらドンファンはやめてほしかった(笑。軽さと重さを思い出してしまう。

2011年02月05日

ホーン、アゲイン。

 まだあんまり聴いてないんですけど、とりあえず。
 ちょっと地味だなあという気がする。このアルバムのオリジナリティがまだ見えてこないせいかもしれない。というのも、なんか既存曲とかぶる曲が多い気がする…ってあたしはグッドリの時にもグダグダディスってた気がするが(笑

 ムーブメントはタイニーボートだと思う。ていうか二期っぽい。リリーマイサンのイントロはちょっとだけレジスター?Aメロまでのメロディラインはウィノナ?サッドファッドラブはサビがちょっとだけレモンドロップスっぽい?音が似てるのかも。エメラルドシティはイントロのコードがウェイクアップフレンジーっぽい?Aメロのさいしょがちょっとその未来は今?…書いていたら、どれもこれもいちゃもんレベルな気がしてきた!(笑。でも、ブリリアントクラウンは、明らかにスケアクロウ+さよならユニバースぽいと思うし、歌詞はプライベートキングダムだよね…?

 でもなんか、ほんと『GOOD DREAMS』の時と同じようなこと言ってる気がするんだよね。ていうか言ってたよね。あれに似てるこれに似てる、とか(笑。
 で、今グッドリの感想見返していたら、グッドリのサビがミスチルっぽいとか書いてるよ…ばかじゃないのあたし(笑。それがいいか悪いかは別にして、別にミスチルっぽくはないよ。でもしっかり「そのうち大好きになれそうな曲」とも書いていた。今では大好きです(笑

 まあそんなわけで、文句はさておき、自分でもやっぱりなあという感じなんですが、今のところ一番のお気に入りは「ノーバディノーズホワットブルームス」ですv…やっぱり!そうなると思ったんだ!(笑
 でもこれはスゴクいい。イメージとしては、高い青空のアレンタウンでちょっと年いってるロックバンド(ピロウズのこと)が好きなように歌って、あちこちからノイジーなちゃちゃとか合いの手とか聞こえてくる感じ。Aメロから最後のサビにがっとつなげるとことか、リズム変わる曲好きなのですごく好み。
 全然しらないので的外れかもしれないけれど、ホーンアゲインのホーンって、トーキョーバンビで協力してもらったスカパラとも関係あるのかな?と思っていたんだけれど、この曲のいろいろな音もホーンっぽい?…違う?
 なんにしても、目新しさもあって、終わり方とかそこここではすごくピロウズらしくて、でもこれもちょっと二期っぽさもある気もしてて、複雑ですごく味わい深い。サビが高音だしAメロ低いので、ライブでは大変そう(笑。

 いつもながら、ピロウズの感想はマヨイガ比でもいろいろだだもれで本当に恥ずかしいのですが、面白いのでいろいろ思ったままを書いとく。

2011年01月30日

『HORN AGAIN』

 発売日をうっかり忘れていました…。
 初聴きの感想はあとで見ると(自分が)面白いので、いつもどおりとりあえずアップ。

#1「Limp tomorrow」
 最初のベース?からのイントロがいい感じ!…長いな!サビがいい。
#2「Give me up!」
 いいね。あんまりピロウズっぽくないかも(よい意味で。
#3「Movement」
 スキマスイッチぽい、あんまり好きなタイプではない(スキマスイッチが嫌いというわけではなく)かも、と思っていたけれど、この流れできくと違和感なくていいね。でもやっぱりサビーはメジャーすぎるなあ。
#4「Lily, my sun」
 イントロがちょっとレジスターっぽい…かも。ムーブメントっぽいメジャーさがちょっと気になる。
#5「Biography」
 タイトルがふしぎ。イントロがいい。Aメロも変でいい。サビは流れのまんま。
#6「Sad Fad Love」
 英詩はいいね!!
#7「Nobody knows what blooms」
 なんだろう…なんか気だるいメジャーメロディ?英詩のあとで、サビが英語なせいか、なんか日本語に違和感が(笑。ちょこちょこ入るホーンみたいのが面白い。
#8「EMERALD CITY」
 なんとなくプレデターズっぽい気がする。ギターはウェイクアップフレンジーっぽいかも。
#9「Brilliant Crown」
 あれ?これライブでやってたっけ?アンコールの前にかかってた曲?あんまり好きな傾向の曲ではないかも。
#10「Doggie Howl」
 英詩はいいね!!(笑

2010年12月22日

欝曲セットリスト。

 更新が滞っていてすみません。
 冬コミの原稿にやっととりかかってます(汗。

 ピロウズの夢セトリを考えようと思ったのですが、先に欝曲セットリストのほうを思いついてしまいました。ライブがいやになるセトリ(笑。しかしやはりこう見てみると、最近は欝曲少ないのかなあ、と改めて感じたなあ…。

01.ストーカー
02.マイガール
03.インスタントミュージック
(MC・さわおの失敗談)
04.カーニヴァル
05.レインブレイン
06.ベインドッグ
(MC・さわおの最近あった欝な話)
07.ウェイクアップフレンジー
08.ボートハウス
09.ニニー
(MC・さわおが面白い話をしようとしてスベる)
10.ペーパートライアングル
11.カモンゴースト
12.ミッドナイトダウン
(MC・さわおが盛り上げようとして、客席のからみにキレ気味に)
13.モンスターC.C
14.ノーセルフコントロール
15.ハイブリッドレインボウ
(MCかと思いきや、休憩・チューニングで終了)
16.アイスピック
17.チェリー
18.フォクシーズ
19.ホワイトアッシュ
(メンバー紹介・みんなの失敗談)
20.ブラックシープ
21.スマイル
22.プリーズミスターロストマン

EN
01.傷跡の囁き 誰もいないパラダイス
02.ナイトメア

EN2
01.ノーサブスタンス
 1 |  2 | 3|  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 | All pages


もくじ

LOSTMAN GO TO CITY@豊洲PIT
moondust tour@Zepp Tokyo
ハッピー・バースデー。
LOSTMAN GO TO CITY@Zepp Tokyo その2
LOSTMAN GO TO CITY@Zepp Tokyo その1
『ハッピー・バースデー』
TRIAL Tour@Zepp Tokyo その2
TRIAL Tour@Zepp Tokyo その1
TRIAL Tour@SHIBUYA O-east
TRIAL Tour@SHIBUYA CLUB QUATTRO その2
TRIAL Tour@SHIBUYA CLUB QUATTRO その1
トライアルに、トライ中。
『トライアル』
Energiia Tour@Zepp Tokyo その2
Energiia Tour@Zepp Tokyo その1
『エネルギヤ』
氣志團Presents“極東ロックンロール・ハイスクール~枕連~(マクラーレン)”@SHIBUYA O-East その2
氣志團Presents“極東ロックンロール・ハイスクール~枕連~(マクラーレン)”@SHIBUYA O-East その1
何が咲くのか、誰も知らないんだ。
『Comic Sonic』
リバティー。
HORN AGAIN TOUR@TOKYO DOME CITY HALL
HORN AGAIN TOUR@Zepp Tokyo
ジョークは笑うのが礼儀。
HORN AGAIN TOUR@SHIBUYA-AX その2
HORN AGAIN TOUR@SHIBUYA-AX その1
ホーンアゲイン、アゲイン。
ホーン、アゲイン。
『HORN AGAIN』
欝曲セットリスト。
Movement Tour@Zepp Tokyo その2
Movement Tour@Zepp Tokyo その1
OOPARTS TOUR@Zepp tokyo その2
OOPARTS TOUR@Zepp tokyo その1
OOPARTS TOUR@Shibuya O-EAST
オーーパーーツ。
オーパーツ。
『OOPARTS』
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”その3
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”その2
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”
PIED PIPER TOUR@Zepp Tokyo
PIED PIPER TOUR@SHIBUYA AX その2
PIED PIPER TOUR@SHIBUYA AX その1
…あれ?
僕の変な歌知ってるだろ?
『PIED PIPER』
『New Animal』
インストアライブ@タワーレコード。
『Tokyo Bambi』
かーわいい顔して。
LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR@Zepp Tokyo その2
LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR@Zepp Tokyo その1
『LOSTMAN GO TO YESTERDAY』
Wake up! Tour@Zepp Tokyo その2
Wake up! Tour@Zepp Tokyo その1
『Lady Bird Girl』
Wake up! Tour@渋谷O-EAST その2
Wake up! Tour@渋谷O-EAST その1
「変えられるのは、未来だけなんだ」
『Wake up!Wake up!Wake up!』
アゥイエ!
…アゥイエー(ダウナー気味に。
ウェイクアップ!
「君が心を閉ざしたのはどこの誰のせい」
『スケアクロウ』
『LOSTMAN GO TO AMERICA』
LOSTMAN GO TO CITY@SHIBUYA AX その2
LOSTMAN GO TO CITY@SHIBUYA AX その1
ロストマンゴートゥシティ、
諸君、私はピロウズが好きだ。
Mr.Children&the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~@Zepp Tokyo その2
Mr.Children&the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~@Zepp Tokyo その1
MY FOOT TOUR FINAL@Zepp Tokyo その2
MY FOOT TOUR FINAL@Zepp Tokyo
挑戦者のように走れMyFoot
The third eye Tour@SHIBUYA AX
三番めの目が、場所を知ってる。
『The third eye』
『DELICIOUS BUMP TOUR IN USA』
好き好き大好き。
『ノンフィクション』
「夜はいつだって残酷なフレンド」
梅雨明けにて。
『KOOL SPICE』
『Living Field』
つのを出して、しっぽを振ってよ。
「オール・ピロウズ」
やっぱり『GOOD DREAMS』
『GOOD DREAMS』
とりあえず『GOOD DREAMS』
「Back seat dog」
『その未来は今』
THANK YOU VERY MUCH, I LIKE YOU BUSTERS!@SHIBUYA AX
『SYNCHRONIZED ROCKERS』
THANK YOU VERY MUCH, I LIKE YOU the pillows!
ミスチルの『ストレンジ・カメレオン』
with Ajax Amazon
with Ajax Amazon