"音楽/ピロウズ"のアーカイブへ


[ 音楽/ピロウズ ]

TRIAL Tour@SHIBUYA CLUB QUATTRO その2

 遅くなりましたが、東京初日にいちきましたv

 リバイバルいいね!一曲めだね!
 二曲目がザビエルでびっくり(笑
 シナーズ大好き!
 コミソニの前と後にMCがあった。コミソニってなんかひとの曲のような、なんか異質な感じ…と思って聞いてたので、なんか納得。
 アイスピック…!もしかしたらライブで聴くの初めてかも。…もしかして、ポラリスとアイスつながりか。
 ポラリスに大興奮しつつ、ここのところ、ノーバディノウズとか、あたしにとってのキラーチューンって、ライブでグイグイ盛り上がる感じの曲じゃないんだよね…とも。アイスブルーのライトをうけてるPEEちゃんが美人だった笑。

 フラッシュバックストーリーは、さわおが途中で歌うのをやめちゃって、もしかして歌詞忘れ??と思ったら、ギターの調子が悪かったようで。結局しばらくして、赤白のPEEちゃんのギター?に替えてもらったみたい。みなさんは興味がないでしょうけど僕はあるんで、とかえんえん言いつつギターの調子みてるさわおがおかしかった。
 メロディーやると思わなかったなーなんとなく。
 THR!タイムリー!加速していく人類に祝福を!
 エネルギヤは結構盛り上がり系かもと思った。
 レスキューはやっぱりPEEちゃんと淳さんでコーラスしてて、あぁ~って感じだった(笑。

 そしてそして、まさかジョニーストロボやってくれるなんて思わなかったから、大感激ものだったのです。アンセムじゃないからどうしても希少な感じがしてしまうし、毎回歌い方ちがうし、なにより大好きな曲なので、いつも新鮮に大事。
 今回はそれに加えて、ライブは毎回ハプニングがあるけど、やらなきゃよかったなってライブはないというさわおのMCと、そういう曲をやるよ、という紹介が、すっごくすっごくうれしかったしよかった。この曲は恋の歌として聞いてしまうとあまりにせつないし、や、でもめっさジョルアバだとも思うけど、笑、でもさわおの歌詞だし、音楽と重ねて聞くほうがやっぱりいいかな、と。さわおの歌は基本的にさわお1人の世界で、全部音楽にまつわる内容として解釈できるし、個人的にはそこに信頼をおきたいと思ってる。うまく言えないんだけど、恋愛とか社会のこととかに重ねる歌詞だと、聴く側との間にズレがぜったい出てくるし、一方音楽というのもさわおとリスナーとが絶対分かり合えないであろう対象で、でもずっと共有してるものでもあるので、だからそこでつながってたい。…ん?じゃあエネルギヤは?笑

 マイノリティウィスパーはそこそこ。
 持ち主のないギターは、まあ、予想通り(笑
 トリップダンサーにびっくり!どうしたの!笑。でもうれしい!
 トライアルは、意外とというか、意外でもないんだけど、盛り上がりづらいよね(汗
 果てのイントロが始まったとき、近くにいた女の子ア゛ー!!という感じの喜びの雄叫びをあげていて、つい笑ってしまった。好きなんだね笑
 レディーステディゴーはもしかしたらアンコールかな?と思っていたので最後の辺りはラストかな?とずっと思ってた笑。でもポイズンも定番化してきたね~うれしい!
 で、レディーステディゴーは、あたし歌詞をゴーゴーレディーステディゴー、しか覚えてないことに気づいた…次回までに覚えよう!笑。備忘のために…"go go! ready steady go!""did you really get me?"と、"will it soon finish?""busters!"か~笑。でもほんと、台本通りかのようにがっつり盛り上がれて、こういうのもいいよね!と思ったv

 アンコール、さわおの「もうちょっとだけ遊んでやるよ」が久々に出た笑。エフェクトが流れてうおー!って感じ、さわおがすっと腕をのばして耳をすますのがかわいかったvしかしドードーなんてこれもびっくり!
 しかしそのあとのバスストップにもびっくり!でも意外と締めにもいい曲だよね。
 ダブルアンコ、さわおが東京はあと三回あるだろ…とかぼやいてた笑。ノーサレはラストのフェイクがなくって、なんかそれも納得。なんかこう、一時のがーっと盛り上がる感じがおさまってきて、なんかこう、新しいアンセムになってくんだな~って感じで。
 リトバスもハイブリもやらない、でもきっちり盛り上がるし、ピロウズらしいライブで、新しいピロウズという印象があった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2621

コメントを投稿

with Ajax Amazon