1 |  2 |  3 | 4| All pages

2007年10月21日

ライブラの童虎。

 後半戦!

 …なんかまたよく覚えてない黄金聖闘士が(笑
 ほんとは老師を描こうと思いましたが、それはなんとかおもいとどまりました。
 一巡するまではとりあえずうろ覚えでも顔だけを描こう、と思っていたのですが、つい武器は持たせてしまいました。だってライブラってやっぱクロスがすっごいかわいいし、それに…そうでもしないと誰だかわからんのだ(笑。まあイレギュラー黄金ということで。
 でも正直、ここまでで一番手がかかり、しかし出来には不満というやっかいな黄金でした…よく覚えてないんだよね。やはり冥界編は読破してない&アニメ未試聴だからかな。
 しかしとりあえず、結構主人公系の顔だった印象です、童虎。たぶん。

2007年09月24日

バルゴのシャカ。

 仕事???

 他キャラにくらべて多少丁寧じゃないかって?
 シャカを贔屓して何が悪いのだ。

 いや、実はシャカも特に好きキャラだというわけではないのですが、しかし特別なキャラなのです。なぜなら自分が乙女座だからです。だからあからさまに贔屓します。
 乙女座がシャカでうれしかったのは、妙に強そうだからです。五感を剥奪とか、神に近い男とか、なんか強そうです。とりあえず『Ω(オーム)!』と言っとけば勝てそうなのがいいです。一輝には負けましたが、たぶん他の青銅とか大抵のキャラには勝ちそうだし。
 つまり何が言いたいのかというと、幼いクロエには美しさより精神性より強さ、だったみたいですね…。

2007年09月18日

レオのアイオリア。

 仕事…?仕事???

 アイオリアもアルデバランにつづいて正統派の黄金聖闘士だなあという感じ…主人公と対戦したせいかな(笑。星座もレオ=獅子という申し分のなさだし(笑。技も力とスピードでおしてく正統派っぽいし。なんかオーソドックスな正義漢、熱血漢って印象。兄も彼だし(笑。でもあんまり兄とあれこれな印象はないのだけれど。

2007年09月16日

キャンサーのデスマスク。

 世間様にははったおされそうな四連休なんですが、仕事が山になってなだれを起こしています。やる気がしないよー!

 ああ~新ジャンルつくっちゃったら、なんかまたマヨイガがカオスになってないです?クロエはいつもなんかハマるとものすごいいきおいで書いたり描いたりして、またすぐに飽きたりしそうで心配ですよ!

 当時は黄金聖闘士随一のカッコワルキャラだと思ってました、デスマスク。名前も手抜きくさいし、顔もおっさんくさいし、いっこもいいとこない悪党だし。しかも大悪党ならまだしも、小悪党なんだもの…悪党キャラの中ではシュラやカノンは改心したし、アフロディーテは電波だけど美人だし、サガは半端ないから問題外だし、そんな中ではデスマスクってほんといいとこない感じだったし。

 当時は、という留保にかんしては、まあ後述するということで(とりあえず一巡するまではヤオイ禁止を自らに課しているのです。

2007年09月15日

ジェミニのサガ。

 というわけで、ぐぐりつつ描いてます黄金聖闘士。
 でもカラーリングがよくわかりません。アニメカラーと原作カラーがごちゃごちゃになってる気がします。

 十二宮中で最も自信がないキャラの一人がサガです。なぜかサガ戦って印象がうすくって、ものっそい記憶から抜け落ちているのです。たしか射手座聖衣が来たような…あれ?一輝も出てきたんだっけ?とか、そんな感じ。でも、少なくともこんな人↑ではなかったような気がする…(これでは黒い方みたいだ。しかし、どんなキャラだっけか…。

2007年09月14日

タウラスのアルデバラン。

 そんなわけで、先般突如としてマヨイガに登場したムウですが、あたしは別に特別にムウがすき、というわけではありません。じゃあなんで突然ムウよ?のわけは、…黄金聖闘士十二人を順番に書くつもりだからですよ!



 そして、…『既に』ッ!
 第二の宮金牛宮でおわかりのとおり、キャラは皆うろ覚えなのだッ…!!
 (クロスだけはどうもならんのでなんかいろいろ捜した。

 アルデバランはたしか長髪だったはず…ていうか黄金聖闘士って長髪だらけで時代を感じますが、むしろそこにモエモエです。
 第二の宮にして、いかにも黄金聖闘士!なアルデバランは王道でよいです。ムウがあまりに変化球だったので余計王道な印象が強いのかも。

 ところで十二宮ってどうして四月はじまりなのでしょう??

2007年09月03日

アリエスのムウ。

 かなり本格的にヤバいのですが、だって予定していた仕事が半分も終わっていなくって、明日からまた自転車操業再開なんですが、どうすんだろ、まあいいかそれよりムウさま!!!

 星矢とゆう物語自体についてはなんかもう語りたいことがそれはいっぱいあるんだが、ちょっと流石にそれは脇にのけといて、とりあえずムウさま。ムウさまといえば十二宮での登場シーン。

 もちろん、仲間だと思ってたムウが敵に!?とゆうのもあったんですが、あれってそれだけじゃなかったと思うんですよ。それまでは「なんか青銅っ子たちにいろいろしてくれるたおやかな美人がいるぞ」というくらいの認識だったのに、突然の黄金聖衣での登場にうわあやられたあ!と思ったような気がする。その頃って黄金聖闘士って雲上人っていうかものすごい圧倒的な強さを表わす記号だったし、黄金聖衣はその表徴だったし、それまでは柔和たおやかな美人さんだったムウが!黄金聖衣なんか着ちゃってる!というギャップがね、すごくて。

 つまり何が言いたいのかというと、その瞬間から「ムウさま=おだやかな顔して実はドS」とゆう認識にあらたまったのでした?アレ?

 いやほんとにヤバい。仕事。

 1 |  2 |  3 | 4| All pages
with Ajax Amazon