« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月01日

二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』

 一巻のほうが面白かったかな…。
 アーヴィン兄のパートが長すぎたのと、なんかこの二人の感じがすごいニガテで…。弟が本気で大好きな兄と、弟に仕えるゲームキャラのアーヴィン、が、互いに他への気持ちをもちつつでも相手への気持ちも強くてくっつくというとこに、なんだか割り切れないものがあるのかな…自分でもちょっとよくわかんないんだけど、でもなぜかこの二人のイチャラブっぷりが良い意味ではなく正視できない感じで…でも自分でもよく理由がわからないし、たぶんこのCPがいたたまれないのはあたしだけなんだろうなと思う…。

 弟はいまだにキャラがいまいちたってるようなたっていないような。兄へ複雑な気持ちもってて寂しがりでバイ、というのはわかるんだけど。あと瑠璃が微妙。設定のせいもあって瑠璃のキャラがたちきってない気がする。弟は瑠璃とメガネ同級生どっちなの、とも思うし。その同級生は結構もててるのかね…そして同級生の先生と弟との関係もなんかあんまし感じよくないね…。

2012年06月02日

山中ヒコ『ギブズ』

ギブズ (ディアプラス・コミックス)
山中 ヒコ
新書館 (2012-05-30)

 記憶喪失のヤクザは同じ組だったらしいメガネに助けられたのですが、二人のいた組をつぶした敵の組に狙われているということで、メガネによってマンションに軟禁生活。手下を蹴るわ人を騙すわなメガネヤクザにだまされていたされつつ、自分にだけはやさしいメガネに微妙な気持ちになりつつ。

 …なぜメガネがアレしたのかがよくわからんかったので、いまいち感情移入できなかった。他はかなりよかったんだけどなあ。主人公にあうまではメガネが損得でしか動かない男だったっていうのはわかるけど、そこまでの見返りあるかな?判断甘いだけにも見えるし、主人公のせいですでに判断くるってきてたとかならまだわかるけど。いずれにしても、もうちょっと理由付けがほしかった。というかもっといえば、メガネがあんなことしなきゃいけなかったかわいそうな理由とかあったらよかったのに…そしたらめちゃくちゃ好みな作品になってただろうと思うと、相当惜しい…。
 ていうか敬語の後輩とか、めちゃジョルノじゃんね(笑。主人公はアバッキオに似てるのはおバカなとこくらいだけど(おバカ呼ばわりは愛情表現ですよ。
 そんなわけでちょっと消化不良なのです。

2012年06月07日

のばらあいこ『秋山くん』

Baby comics EXTRA 秋山くん (POE BACKS)
のばらあいこ
ふゅーじょんぷろだくと (2011-09-24)

 目立たない系男子がヤンキーめな秋山くんに惚れちゃって突撃。

 …いや、なんか。なんというか。
 ポルノだったね…。
 いきなり足◯◯が悪い意味で男性向けっぽくてドン引きして、その後秋山くんの友人らの前でそんなこんなとか…。

 内容は悪くなかったけど、すごくよくもないかな。
 全般的に思い込みの激しい主人公と、なぜか(なぜなんだ?)主人公を受け入れた秋山くんが、振り回される主人公と、意外に主人公好きな秋山くんでして、というだけな感じ。あんまし進展ない。

 あと、秋山くんの友人とか何人かいるし裏表紙がにぎやかだったので、もうちょっと周囲の人も活躍するのかと思ったらそうでもなくって残念。秋山くんの友人とかほとんど出て来なかった人もいるし。作者さんはまだ続きが書きたいみたいなのでこれから書く予定なのかもしれないけど、一冊ものとしては不満だし、ちょっと裏表紙に偽りありな感じかも。

 そんなわけで、進展ないわりに日常漫画でもなく、日常まで行ってないのかなあ。いい意味でなくやおいっぽいというか、ちゃんと本編がない感じだった。

2012年06月11日

浅野いにお『おやすみプンプン』1

 きがくるっとる。

(でも面白かった^^

2012年06月15日

浅野いにお『おやすみプンプン』2

 2巻はちょっとイタタ展開だった…。

2012年06月17日

TRIAL Tour@Zepp Tokyo その1

 ツアーファイナル!
 今回のツアーは、4回皆勤とまではいかなかったけど、東京公演3回参加しちゃうお金の使い方間違った人(byさわお)になってしまた。

01.リバイバル
02.ザビエル
03.ロックンロールシナーズ
04.コミックソニック
05.フラッシュバックストーリー
06.メロディー
07.ターミナルヘヴンズロック
08.アイスピック
09.ポラリスの輝き 拾わなかった夢現
10.エネルギヤ
11.レスキュー
12.ジョニーストロボ
13.マイノリティウィスパー
14.持ち主のないギター
15.トリップダンサー
16.トライアル
17.この世の果てまで
18.ポイズンロックンロール
19.レディーステディーゴー!

EN
01.ファニーバニー
02.ウェイティンアットザバスストップ

EN2
01.ノーサレンダー

2012年06月19日

TRIAL Tour@Zepp Tokyo その2

 感想が遅くなりました(汗
 とは言え、さすがに三回目なので。

 ポラリスはもうしばらく聴ける機会なさそうなので、聴きおさめ^^
 あと、ジョニーストロボが入っててよかった!やらなきゃよかったなってライブはない、っていうMCも!(備忘メモ※http://www.musicnet.co.jp/whatsin/news/22609)
 そういえば、今回はアイスピック、トリップダンサーと、ロストマンの曲二曲も入ってるんだよね。15年前の曲、って紹介をされてたので、もうそんなに経ったんだなあ、と改めて思った。
 レディーステディーゴーは、やっっと歌詞おぼえた…(笑。銀色のテープの演出とか、ファイナルらしくてよかったv
 ノーサレ、ファイナルではメロディフェイクが入って、やっぱそうかーと思った。

 というわけで、ファイナルはマリィさんとご一緒しましたv一人で観るのもキライじゃないけど、人といっしょに観るのも楽しいし、ちがった角度からの感想とか聞けて気付かされることもあるよね。バスストップは元気な曲なのに地味なタイトルなのね、といわれてそういえばそうか、というかヘンなタイトルだよなーって改めて思った(笑。でも、ではなくて、だから、好きな曲なのかも(笑
 あと、買わなかったシャツには意味がある…さわおの着ていた黒に赤いラインのポロシャツがかわいくて、なんであれ買わなかったんだっけ…と思ってたら、バックプリントのでかいPが気になったからだったんだ、と、さわおが後ろ向いた時に気がついた。

2012年06月21日

浅野いにお『おやすみプンプン』3

 小野寺編、特に回想部分は個人的にはあんまりすきではない…ので、逆に、この作品が面白いのはやっぱりプンプンが子供だからなのかなあ、とも思った。
 だから、中学生編に入ってしまって、ちょっと残念かも。そしてこの後はどうなるんだろう?

2012年06月23日

ケビン小峰『恋する丸メガネ』

恋する丸メガネ (MARBLE COMICS)
ケビン小峰
ソフトライン 東京漫画社

 うじうじ攻め×小柄さばさば受けの話は、攻めがぐるぐるしすぎて一人相撲でイラっとくる(笑。受けに同感だ。
 天然先輩×丸メガネ後輩の話はcabでも読んだことあったんだけど、丸メガネがなんというか、ニガテなタイプの受けだった…。あんというか、あたふたしつつキャンキャン小型犬のように吠えている、感じというか…。
 しかしこの二人の同僚の、そこそこイケメンでそこはかとなくいい奴なのになんだか残念なキャラと、高校時代マイウェイ王子さまの話がcab読んで気になってて、今回コミクスを買うにいたったのですが、今回収録分は読んだことのある再会編だけだった(笑。ので、次回コミクスに期待なのですv受け、なのかな?な同僚もアホっぽくて実家暮らしだったり妙なかわいげがあるし、王子も不思議系オレ様なキャラが面白いので、期待なのです。

2012年06月25日

浅野いにお『おやすみプンプン』4

 高校まで早かったなーという感じ。
 愛子ちゃんはこわれてるのかね?
 あと、プンプン一家の人体描写が増えてる気がする。

2012年06月27日

竹中せい『子羊プロジェクト』1、2

子羊プロジェクト 1 (オークラコミックス)
竹中 せい
オークラ出版 (2012-05-12)
子羊プロジェクト 2 (オークラコミックス)
竹中 せい
オークラ出版 (2012-05-12)

 人間社会になじむための吸血鬼の学校に、慣れるための人間として特待生で入学した主人公は、なんかセレブらしい吸血鬼に自分専用の餌とか宣言されまして。

 絵もお話もちょっとつたない感じなのだけれど、ベタなお話でよかった。ベタというか想像できちゃう感じなんだけど、餌呼ばわりしてたのに主人公がなぜか自分にとって特別でとまどっちゃう吸血鬼とか、離れようとした吸血鬼に押しかけちゃう主人公とかね。ベタだけどそういうの必要だよね!という感じ。
 ただ、お話はすごく中途半端(というか、しっかりCPになってない)で、数人いるキャラも活かしきれてない感じで、ちょっと物足りなかった。2巻目は半分くらい読み切りだったし…。
 しかし、CPになってないのは規制うんぬんとの関係だったのかな…?

2012年06月28日

妄想。

 妄想なのですよ。

 高田馬場のちかくで、ライブというか、野外ライブ?のようなとこに行った。
 ステージから段々になってて、二段目くらいに入ったら、終演後は一列目をはけさせて、関係者っぽい人たちをいれていて、なんだかなーと思いつつ見ていたら、キムディールっぽい人がやってきた(笑。
 その様子をみてたらステージからさわおが話しかけてきたんだけど、なんかメガネしてて、それが似合ってなくて誰あなた状態で残念だった…。
 それはともかく、さわおはアンコール曲に悩んでたらしく、何がいいかとリクを頼まれたんだけど、今できる曲の一覧みたいのがあって、それがソロ曲とか新曲とか入ってるらしく、知らない曲ばかりで動揺してすごく悩んだ。さわおが近づいてきたのにも動揺して避けてしまった。
 なんだかんだしてたらまたさわおに話しかけられて、最近ライブ来てなかったよねみたいなこと言われて、あたしのこと覚えてるんですか、とか聴いてみたら、ライブの日にピロT着て歩いてるの一日に二回見たから、みたいなこと言われてなんかうれしはずかしかったー。

 という夢を見た。夢だった!

with Ajax Amazon