« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月08日

森永あい『僕と彼女の××× 番外編』

 うーん…。
 なんか時系列とかごっちゃだったり、原作?とは設定が違ってるぽい話とか、原作後でも設定がよくわからない話とかが多くて、ハテナだった…。
 あと、たしか作者は原作の続きは書きたくない(書けない?)けど要望が多くて…みたいにこぼしてたと思うんだけど、やはり原作後の話はいまいち。つまらないというより絵も展開も雑で(まあこれは、原作後だけに限ったことではなかったけどね。
 なんだかなあ、後書とか読んでても、この作者はラブラブ展開に恥じらいがあるっぽい気がするんだけど、これだけ何年もラブコメ漫画家として売れてきてるのだから、いちゃいちゃ展開苦手ーとか逃げないでほしい…少なくとも必要に迫られて書くのならプロ意識見せてほしい…と思う。
 でも、最後の出産話はちょっと面白かった^^最後まで気の毒な千本木…^^;

2013年07月11日

門地かおり『生徒会長に忠告 公式ファンブック&公式アンソロジー』

生徒会長に忠告 公式アンソロジー (ディアプラス・コミックス)
門地 かおり 志水 ゆき 夏目 イサク 扇 ゆずは 宝井 理人 左京 亜也 藤 たまき 山中 ヒコ 二宮 悦巳 雨隱 ギド
新書館

 ファンブックは未収録分がうれしいv
 近藤って兄弟いたの!しかも複雑。
 川和山城ってあれで一段落なの…?
 カラー再録はうれしいけど、なんか…こう、連続して見てるとなんか恥ずかしい(笑
 人気投票一位が国斎って、なんか意外でも有り納得でもあり。

 アンソロは思ったよりいろんな話があって面白かった。
 扇さんのの知賀はうれしいv
 CJさんとか、らしくって面白かった。
 しかし、山中ヒコはなんで戦国なの、金ひかるはなんで鵜飼なの(笑
 「推しメン」もそれぞれ納得というか、扇さん>知賀とか、藤たまきさんCJさん>近藤とか、阿部あかねさん>阿久津とかすごくわかる(笑。しかし、国斎をあげたのが山中ヒコさんだけというのが、なんか不思議…人気投票では一位だったのにね(笑

 あっそうだ、ペーパー申し込まなきゃ!

2013年07月12日

「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」

 今日はくまちゃんが久々のお休みだったので、上野国立科学博物館の特別展「深海 —挑戦の歩みと驚異の生きものたち—」にいちきましたvテレビのないわれわれなので、うわさのダイオウイカが見たくて…(笑。夏休み前の平日を狙ったけど、結構人が居た~。内容はそこそこ面白かったけど、でもダイオウイカ関連情報は、期待してたよりもちょっぴりだった。
 常設展もちょっぴりだけ覗いたんだけど、いろいろ面白そうだった!国立科学博物館は新しくなってから行ってなかったので、そのうちゆっくり観たいなあ。今日観た中では、特にヨシモトコレクションという剥製の部屋がすごかった!あれは一見の価値があると思う。

2013年07月18日

空知英秋『銀魂』50

 連休にはマリィさん夫妻といっしょに、鈴本昼席にいちきましたvめちゃくちゃ混んでいた^^;馬ること歌武蔵が両方いると体育会系だな~という感じ(笑。歌武蔵が滝川鯉太くんの干支話をしてた(笑
 おめあての喜多八は「死神」!で、喜多八の「死神」が貴重なのはもちろん、寄席での「死神」そのものも貴重だと思うのですごくいい経験になったと思う。しかし死神がハマりすぎていて、なんだか逆に可笑しみもあるような、そんな印象だった。

 50巻かー…こんなに続くとは…(笑。
 予告の男女逆転というのにめちゃくちゃ期待してて、そして期待どおりだったんだけど、うーんもう一息ほしいというか、もうちょっと長編だったらよかったのにというか、なんか物足りなさはあった。でも面白かったんだけど(笑。
 あれだ、土方がかわいくなかったからかも(笑。

 しかし女性陣は、神楽のネタっぷりもふくめ、みなよかった。もともと好きなキャラの九兵衛は勿論、ドMイケメンのさっちゃんも夜王みたいな月詠もカコイイv…この話をもっと前にやっていれば、一部女性ファンの女性キャラへの風当たりはもっとゆるいものになったんではなかろうか、というか銀魂二次がもっと膨らんだんではなかろうか、というくらいに。
 九(十)兵衛はイケメンっぷりだけではなく、お妙とのお似合いっぷりとかも面白かった。

 うーん、やっぱりもうちょっと長編で読みたかったかも(笑。

with Ajax Amazon