"読書/小説その他"のアーカイブへ


[ 読書/小説その他 ]

十月上半期に読んだものから。

 全然本読んでないんです~!!とりあえずいましめのためにも現況報告。

春の雪 改版(新潮文庫)
三島由紀夫著

 やはり三島はニガテだと思った。

69 sixty nine(集英社文庫)
村上龍著

 熊本じゃなくて長崎だったのね。フンイキを読み取って、ふわふわ読んでいっていいのだと思う。面白かったよ。

ナチュラル・ウーマン(河出文庫)
松浦理英子著
  同人少女と腐女子の間には深くて広い川があると思っていたのだけれど、あまりにある特定の腐女子層がダブってしまい、もう単純に引いてしまう部分があっ た。まぁ時代が違うからそれは全くの偶然だと思うんだけど…。花世のセリフが脳内で三石琴乃の声になっていたのも自分でショック。…なんだか作者のファン の方に怒られそうなことしか書いていないな。すみません。
〈じぶん〉を愛するということ(講談社現代新書 1456)
香山リカ著

 読みさし。時代を感じるが思っていたほど苦痛ではない。さっさと読もう。

タイタンの妖女(ハヤカワ文庫 SF 262)
カート・ヴォネガット著・浅倉久志訳

 読みさし。恥ずかしながらヴォネガットははじめて。訳がわたしのニガテなかんじ。そしてこういう作風の常として、途中までしんどかった。でも火星が舞台になって、ちょっと醍醐味が味わえ始めたところなので、いっきに読んでしまおうと思う。ラストにかなり期待中。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/80

コメントを投稿

with Ajax Amazon