"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

諫山創『進撃の巨人』1~15

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
諫山 創
講談社
売り上げランキング: 2,580

 やっと・今更読んだ^o^
 一巻が出たころに最初だけ(今思えば、おそらく紹介の冊子だったのかな)読んでなんとなくどんな作品かわかった気になっていたのだけれど、愚かなことでした^^;
 とても面白く読みつつ、萌えはなかった^^;というか、好きなキャラというのもあまりいない…あ、ジャンは凡人くさくて好き。

 お話としては、負けてばかりなことと意表を突く展開はとても面白い。一方、筋の面白さに比べると、漫画としてはうまくないのがもったいない。絵が下手というか、最初の頃が下手なのは全然構わないんだけれど、絵のうまくならなさが空知英明に匹敵するレベルである。あと漫画としてのコマ割りというか文法がまずく、動きや動作の途中を書かないから唐突になってしまっているコマとか、かなり気になるレベル。作者はこれまでにあまり漫画を書いたことがなかった方なのかなあ。
 漫画そのものがまずくてもこれだけ面白いというのと、とはいえまれにみるまずさなのがどちらも個人的に衝撃的だった。

 ちなみに、クロエのここまでの予想としては、
 ・壁の向こうは未来都市
 ・巨人はどこかの国が開発した兵器
 ・巨人は普通の大きさで人類のほうが小さい
 (既刊読んだ段階でこれはおそらく違うと思われる
 ・ユミルは元は男
 というところです。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2766

with Ajax Amazon