"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

葦原大介『ワールドトリガー』1~5

 おとなりの次元から来るネイバーとトリガーでたたかうおはなし。
 正直なんとなくで購入しただけだったのだけれど、とてもまっとうに面白かった。読んだことはないのだけれど『リリエンタール』の作者さんなのですね。
 敵味方ふくめてだいたいどのキャラも、いいところや情状酌量の余地があってかわいげあるのがいいなあと思う。

 結構書き分けがあまい上にキャラが多いのが難点といえば難点。ということもあるのか、すきなキャラもとくにはいない…しいていえば主人公が認められるとうれしいけれど、それはまっとうな少年漫画だからで…(笑。
 主人公が能力が圧倒的に足りない、けれど困っている人をほうっておけないメガネ、というあまりにもまっとうな主人公で(いや、メガネはそうでもないか)5巻までのところではチームの二人がそれぞれチートキャラなのだけれど、主人公は今後弱いままなのか、なんらかのチート(黒トリガーとかなにかでトリオンが増えるとか?)があるのか楽しみ。
 あと、主人公チーム三人の目的は結構小さめ(異世界目指す時点で小さくはないが)なので、もっと大きな話がボーダー内でとかもうちょっと全世界的にとか出てくるのかなーとも思う。

 そんなわけで今後新刊を待つ楽しみが増えてうれしいのですが、ただ、なんというか、その…不純なことでもうしわけないのですが、あの…なんです、腐萌えは見つからなかったというか…個人的には。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2752

コメントを投稿

with Ajax Amazon