"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

梶川卓郎・西村ミツル『信長のシェフ』

信長のシェフ 1 (芳文社コミックス)
梶川 卓郎 西村 ミツル
芳文社 (2011-08-09)

 現代の料理人がタイムスリップして信長に出会い、という燃えそうな設定の漫画なのですが、

 …なんで主人公は記憶喪失なの?(笑

 うーん、この設定必要なのかなあ。調理方法や自分が平成の人間だってことは覚えてて、信長とかの人となりや同時代知識はもってるんだけど、っていう感じ
 あと、なんかいまいち反応がうすいし、無感情キャラなのかなーと思ってたらそうでもないらしく、時折喜怒哀楽をみせるが逆にキャラ迷子の印象もある。冷静に料理のことやこの時代のことを考えつつ、いきなりビビってる描写になったり、なんかちぐはぐ。
 まあそんな感じの主人公なので、なんかいまいちタイムスリップによる異化効果がうすいというか、タイムスリップ設定がもったいない印象。もっと信長に出会ってウワー!な感じとか、現代の知識でつくった料理にみんなが度肝を抜かれてどやっ!って感じの主人公のがよかったんではなかろうか。
 まあでも、この記憶喪失設定もそのうち活きてくるのかなあ。

 そんな不満はありつつも、基本的には面白かったのでたぶん続刊も読んでみますv

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2614

コメントを投稿

with Ajax Amazon