"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

丸木文華『罪の蜜』

罪の蜜 (講談社X文庫―ホワイトハート)
丸木 文華
講談社
売り上げランキング: 23507

 これは少し前に読んだ。あと、ねたばれぽいかも。
 芸術一家に生まれながら凡才の受けは、芸大をあきらめて美大に通いつつ、自分も通ってた美大受験予備校の講師をしてる。そしたらなんかイケメンで才能バリバリの高校生が入ってきて、めちゃくちゃ嫉妬するんですけどなんか告白された。

 受けの隠している秘密が結構わからなくて、あと各章の最後にはさまれる女性一人称で語られる部分もどう伏線になってるのか後半までわからなくて、なんかそういうサスペンスぽい部分は結構面白かった。
 攻めと受けの関係はわりあいある感じの、凡人な受けが天才攻めに嫉妬しまくりだけど惚れられてるのが優越感で、という感じで、キャラ自体は普通。だけど、ある地点で明確に関係性がかわるのでもなく、無理やりな場面もありつつでもその後とか含めてみるとちょっと異色な感じで、なんというか、案外にだらだらとした関係性はちぐはぐで目新しくて面白い。
 けど、ラブは若干物足りないかも。受けは結局、攻めに惚れたとかほだされたと言うよりも自分の罪悪感にからめとられたっぽい感じだし、攻めは攻めで、今までのコマのように見てきた周囲の人間と、カラクリをわかったうえで自分に縛り付けるために操作してるような感じになってしまった受けと、執着は別として関係性としてどう違うんだという感じ。

 そんなこんなで、まるっとハッピーエンドという感じではない、それぞれにちょっと後ろぐらい終わり方、という感じで、BL成分は物足りないかもだけど、お話としては結構面白かった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2534

with Ajax Amazon