"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

あすか『血の桎梏〜邂逅〜』

血の桎梏〜邂逅〜 (白泉社花丸文庫BLACK)
あすか
白泉社 (2011-06-17)
売り上げランキング: 293635

 未来ファンタジー。特殊な種族の主人公は弟の死の責任を感じて病んだ感じで生きてるのですが、なぞの殺し屋の顔を見てしまい、ゲーム中とかいう殺し屋になぜか監禁されまして。

 …ひさびさにひどかったなー。
 ファンタジーSF設定は中二病以下というか中二病だったほうがたぶんましなくらい。街や社会、習俗や家具のありきたりすぎる設定が延々と描写されて、しかもそれがまたヘタな文章で、苦痛極まりない。
 キャラも諦め系の受けと中身からっぽでかわいそう系な殺し屋と、マスコットキャラみたいなネコっぽい種族のこと、これまたそれぞれ凡庸すぎありきたりすぎる。外見の描写もベタで、性格の面白みのなさとの相乗効果で、読むのがとっても苦痛。
 展開も訥々として見どころはない…と思うけど、流し読みしたのでそのあたりはなんとも。
 しかしこれ、タイトル的にも内容の中途半端さからしても、続編が予定されてると思うんだけど…まったくもって興味をひかれないなあ…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2503

コメントを投稿

with Ajax Amazon