"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

雲田はるこ『昭和元禄落語心中』1

 仕事とウェザアナであたまんなかぐるぐる。

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
雲田 はるこ
講談社 (2011-07-07)

 蜂郎さんに借りた!
 ムショ帰りの天然ボケ好青年?が、慰問にきてた噺家さんとこに押しかけ弟子したら、柳腰なししょーは一筋縄ではいかない曲者で、ししょーの豪放磊落な盟友(故人)とか、その娘とか、なんだかややこしいのです。

 おー…BLよりだんぜん面白(意外にも、かもしれない)うまくマッチしてるし、落語すきなんだろーなーって感じもいい。しかし、BLでもこういうのやればよかったのになあ。

 アホっぽいキャラの主人公が憎めなくてかわいくてよい。
 師匠はちょっと、やりすぎなきらいもあるけど(笑、でも魅力的だと思う。でもこのあと過去編になるらしいけど、ちょっとおもたい気もする。師匠パートが長かったりおもくなりすぎると、主人公がかすんでしまいそうな…。師匠と友人の話はベタっぽい気がするし、主人公にもっと重点おいてほしい気もする。あ、でも冷静になってみると、一巻表紙がそもそも師匠なんだった…(笑、与太郎はべつに主人公、というわけではないのかしら…?
 あと、こういう、作品内作品が出てくるお話によく生じる問題だと思うんだけど、登場する噺の筋の見せ方というか、メタテクストの扱いはいまいちかなあと思う。
 でも脇キャラもみんな味があってかわいいし、のんびりふわふわな雰囲気でよいですね。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2494

コメントを投稿

with Ajax Amazon