"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

あすか『砂漠の愛奴隷』

砂漠の愛奴隷 (ショコラノベルス・ハイパー)
あすか
心交社
売り上げランキング: 338410

 別れたアラブ王子の結婚式に呼ばれた日本人バイオリニスト受け。王子は振られたことをいまだに恨んでて、受けの彼氏の前で陵辱監禁そんなこんな。

 まあ、受けは攻め部下に頼まれて別れただけでほんとはまだ攻めがすき、攻めも受けを恨みつつ忘れられず、という、ものすごいベタなすれ違い+身分の差ものという感じなんだけど、いろいろ壮絶で、攻めも受けもよく互いと状況を許せたなあ、という印象…。まあ、受けも言ってるように、数年たって互いにいろいろ大人になって、開けた時間は必要だったのね、という感じもあるんだけどね。しかし最後のほうとかロミオとジュリエットまでこなしてくれて、もうなんか、おなかいっぱいである…。
 あと、受け彼氏だと攻めに誤解されっぱなしの友人は、大変お気の毒である…。攻めの部下は、読者目線では状況の半分くらいはこの人の責任で諸悪の根源だろ、という感じだと思うんだけど、攻めのためを思って行動しているのだから~とかゆうゆる~い目線でなんも責任を問われないのはすげえなあと思う。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2478

コメントを投稿

with Ajax Amazon