"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

樋口美沙緒『他人じゃないけれど』

他人じゃないけれど (キャラ文庫)
樋口美沙緒
徳間書店 (2011-04-27)
売り上げランキング: 5499

 小学生の時に画家だった父が亡くなり、父の友人の画家にひきとられた受け。五つ上の画家息子にはなんだか嫌われてるぽいし、画家義理パパに恋心だし、とか思ってたらなんか義理パパへの気持ちが義理兄にバレてそんなこんなをされまして。

 なんかなー、としか言えない。
 義理パパはどこがいいのかぜんぜんわからん。優しいらしいけど、生活能力皆無の天然かわいいよれよれオッサン…ティーンの受けが惚れるにはマニアックすぎる(笑。あまりにあからさまに、寄る辺のない受けが身近な保護者に勘違いの恋、という感じで、もうちょっとこう、受けが惚れる、あるいは惚れてる理由付けがあったらよかったのに。

 義理兄もさー…。あまりにあからさまに受けラブで、たぶんそれを隠すために恋人取っ換え引っ換えなんでしょ、というのがミエミエすぎる。
 そしてそのわりに、受けへのからかいが鼻につくほど辛辣だったりして、なんかよくわからんひとだ。なによりも、受けがご飯用意して待ってるのに帰って来なかったり、自分だけでなく絵に没頭してる父もほうっといて、あげく受けに一人でご飯食べさせるって…。結構な頻度でひとりでみんなのごはんつくってひとりで食べてたらしい受けとか、これちょっと、読んでてツライよ…。作者的にはかわいそう受けってことなんかなあと思うけど、そのかわいそうさに必然性がないっていうか、攻めがいくらでもなんとかできた状況じゃんか。受けのことすきだったんでしょ?って思っちゃう。
 攻めはいちおう、受けへの気持ちを隠すためにデートに出かけてたとか、受けが居場所づくりのために家事ばっかりすんのをやめさせたいとか、なんかいろいろ理由づけしてるけどさあ…。だったら家事手伝えよって思うし、学生時代にふつーに遊びまわってたのは、別に受けとは関係ない状況っぽかったし、なんなのこの人。総じて受けのこと思いやってない感じで、受けがすきって感じが全然しない。やなひとだなあという印象。

 そんなわけで、ふたりが結ばれてもしらけてしまって、末尾は斜め読みなのでした。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2412

with Ajax Amazon