"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

杉原理生『薔薇と接吻』

薔薇と接吻 (幻冬舎ルチル文庫)
杉原 理生
幻冬舎
売り上げランキング: 127472

 ラストまであとちょっと、のとこまで読んだので、出来れば読み終えてから書きたかったのだけれど…。

 幼いころ同居してた美形のお兄さんが、大人になるまで覚えてたら迎えに来るよ、とかゆっていなくなったのですが、再会したらなんか忘れられてるっぽくて、そしてなんだか吸血鬼らしー。

 そんなわけで、読み終えてはいないんだけど、正直微妙だったなあ…。
 メインである吸血鬼をふくむ、さまざまなファンタジー設定が、あんましきっちりしてなかった感じだし、魅力も特になかった。受けが何才になるまで~とかゆう設定も、厳密なものというより大人になるまで、とかもうちょっときっちりしてしまってほしい~。描写も読んでて飽きが来てしまうかんじ。

 攻めはなんで受けのこと忘れた設定だったんだ。それに、受けを遠ざけようとしどおしで、それは理由付けられてるんだけど、なんで受けが攻めをすきなのかはよくわからんし、攻めがいきなり受けを受け入れて独占欲むんむんになんのもよくわからん…。
 受けはモテすぎ…いや、そういう設定なのはわかるけど、上述のようにファンタジー設定がいまいちしっくりきていないこともあって、なんだかなあという感じ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2411

コメントを投稿

with Ajax Amazon