"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

森本あき『悪魔な恋人』

悪魔な恋人 (ラヴァーズ文庫)
森本 あき
竹書房
売り上げランキング: 275674

 こないだ携帯で読んだ。
 というのは、随分前に『オトコの花道』の続きを読むために竹書房の携帯サイトの月額会員になったんだけど、それを解除すんの忘れててかなりポイントがたまってしまったので、そんで漫画をダウンロードするとすごい量になっちゃうので、ラヴァーズ文庫をいくつかダウンロードしたので。
 でもあれ高すぎるよね…データだけなのに、800円くらいするんだもの…。あたし基本は本のかたちのが好きだし、これはこんな機会でもなければ買う気がしないなあ。紙の本より安いなら、ちょっとは購入を考えるのに…。

 堕天使サリエルの息子で悪魔のリルは、人間と契約して願いをかなえ、その魂をとってこなければならないのに、いつも相手に感情移入して失敗ばかり。最後の機会ということで出向いた先が、名家の長男だけれど父とロシア人の恋人との間の望まれない子で、離れに幽閉されて暮らしてる、何もかもに飽いた青年で、望みなどない、むしろ望みをあててみろよそしたら魂やるから、とかゆわれまして。

 攻めの魂をもらうか、さもなければ受けが消滅という設定は重いけど、基本受けのほわほわ視点なので暗くならず、どうせなんとかなんだろうと安心して読める感じ。受けの攻めかわいそう&あたしたちどうなるの、というポエムが随所にあったのがちょっとしんどくて、ポエムとお色気シーンはナナメ読みした。
 結末はあまりにベタだしご都合主義だしで、まあ二人の結末はまだいいんだけど、父悪魔の扱いの都合良さ加減はあんまりだと思った(笑

 ところで、リルというのはメソポタミアの民話でインキュバスのことなのですが…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2410

コメントを投稿

with Ajax Amazon