"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

剛しいら『禁縛』

 最近小説が最後まで読めないので、自分の根気がそれほどまでに退化してしまったのかと心配しましたが、やっぱ面白い作品はあっという間に、飽きる前に読み終えて、まだまだ読みたい!ってなるなあ、よかった。

 過去のトラウマをかかえた緊縛師の攻めは、亡くなった師匠の跡を継いで独り立ちしてやっていこうとしてるのですが、師匠の最後の仕事で出会った美青年が訪ねてきて、それが実は有名な女形専門な梨園の御曹司でして。

 特に前半、攻めが受けとくっつくどころか、はじめて縛るまでがすごく長いのに、それでも全然飽きさせずに読ませてくれて面白かった。攻めの過去や現在とか受けのキャラとかも丁寧に書かれていて、とっても面白いし引き込まれる。
 この作家さんは、どうもどの作品でも(それまで面白かろうとそうでなかろうと)後半になると展開もキャラ描写も荒っぽさが目立つような気がしてて、今回もそれがちょっと心配だったのですが、まあ正直前半の面白さにくらべると若干は劣るものの、それでもわりかしよかった気がする。ただ、上述のように受け攻めが関わり始めるまでに結構時間があるのに、つきあい始めてすぐ終わってしまう感じで、物語内時間のスパンが短いので、物足りない気はした。

 攻めはトラウマをつくられた件とか親戚の件がけっこう気の毒だけれど、なんというかカッコイイなあ、と思わされるキャラでよい。基本優しいのと経験がないのとで、受けをきっちりいたぶれるか、そしてどこまで堕とすかの見極めを付けられるか、とか悩んでいるのだけれど、後半はあんましそういう拘泥が見られないのは残念だった。
 受けは普段は高慢でワガママで自分が一番だと思ってて、女形の自分が一番美しいから現実の女とどうこうする気になれない…のだけれど、攻めが見たところではほんとはそれが本質ではなくて、そして縛られてしまうと素直なかわいこちゃんになってしまう。とっても魅力的だとは思うんだけど、前述のように物語のスパンが短いせいで、普段の高慢青年→本来の素直ちゃんの落差とか、恋をしたことでの変化とかが、あっさり書かれてる気がしてしまったというか、もっといろんなパターンやこれからの変化を読んでみたいと思わされた。

 イラストがなー。悪くはないんだけど、せっかく(?)なんだからもっと緊縛イラストいっぱいほしかった…。そして、(出来れば非BLのさぶ系とかでの)緊縛系のイラ経験ある作家さんとかがよかった…。人物絵は目が青木綛さんにちょっと似てる。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2301

コメントを投稿

with Ajax Amazon