"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

よみさし。

 最近根気がなくて、小説読むのがしんどい…(汗。

 斑鳩サハラ『恋愛雑学読本』『先生と先生のロマンス』でできた男夫婦の息子同士、らしい。イケメンなのに受けにメロメロで、天真爛漫でにぶい受けが気づいてくれなくてやきもき…というだけ、という感じ…なので、流し読みしてしまって、後編はあんまし読んでない。

 火崎勇『甘えてください』。いけすかないと思ってた同僚が意外とかわいくて口説き落として付き合うことになったものの、なんか家の用事だのなんだの理由つけられて会ってもらえなくて、という振られパターンの連続で、なんだか攻めが気の毒すぎるし、読むのが面倒になってきてしまって、読むのをやめてしまった。むりやり家尋ねたら汚部屋だったかな、確か…なんか家に事情があんのかなって感じだったけど、わからん。

 しみず水都『あまい愛をあなたが』。母のお金持ち男との再婚で、新婚家庭を邪魔しないようにと義理兄と同居することになった受け。母や妹とも離れて、自分はいらない子になってしまったのかなとくよくよしている受けに、攻め はやさしくしてくれて、なんかやたらかわいらしいお菓子のおうちみたいな新居につれていってそんな関係になるのですが、攻めの真意は実は。攻めのマジキチぶりがわかるまではしっかり読んだ。正直ナメてました、すんません。攻めがマジキチなのはいいんだけど、BLで狂気が許容されるのは、そこに愛があるからなんだよなあ。しかし後半パラ読みしたけど、攻めの行動の理由とかもベタでちょっといまいちな気がした。

 名倉和希『恋のルールは絶対服従!』。編集者受けは、テレビでも人気の大学准教授に本を書いてもらうために同居することに。わりと後半まで読んだんだ。前半はわりと楽しく読めたんだけれど、最後の方になって攻めの助手とか出てきてから飽きてきてしまった。攻めがなんで受けがすきなのかよくわからず、ただ受けをいじめたりかわいがったりしてるだけという感じで、やっぱ感情面がしっかり描かれてないとしんどいなあ、と上記マジキチ攻めの件とあわせて改めて思わされた。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2295

コメントを投稿

with Ajax Amazon