"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

剛しいら『天使は罪とたわむれる』

 こないだ録画のガイアの夜明けを見てたら、キティちゃんの海外展開の話題で、キティは幅広い年代層にウケるから~と外国人がゆってて、そうかなあ?と思いつつ、でもミッフィとかじゃだめなんかな?と思ったのは、あたしがミッフィすきだからなんですけれども。
 でもそもそもの英語圏とかでは、もしかしたらミッフィは子供向け、と思われているのかもしれない。で、もしかしたらキティは、日本のよくわからん文化だし、子どもっぽいw、とかいいづらいのかも。もしかしたらそんなかんじの、逆差別的に批判しづらい状況みたいのがあって、それでほんとはかわいいもの好きだと言いづらかった高めの年齢層がキティをことさら愛でている、とかありそう。

 美貌と知性を兼ね備えた高校生は、結婚を繰り返す母の夫たちを利用しつつ、トレーニング的に悪事を働きつつ、お金をかせいである目標を目指す日々。同級生のボクシングやってて頭もいいイケメンがなんかからんでくるんですが、自分に興味あるみたいなので気まぐれに引き込んだら、なんかまあ頭もいいし使えるから友人みたいになってきまして。

 …あらすじ書きにくいんだよなあ。裏表紙の梗概も、作品読んでみるとなんかぜんぜん違う感じだったもんなあ。
 とりあえず、美人で性格破綻気味な受けのピカレスクで、攻めは受けに惚れてる、という設定でたぶんあってるのだと思う。そして、受けが警察撹乱したり、人やとって株であれこれしたり、相当お布施で稼いでるらしい宗教団体のお金を狙ったり、義理父の息子が母を狙ってるのをなんとかしたり、そういう受けがこなしてくミッションみたいのが結構印象的。受け攻めが東大に入ったりその後会社をはじめたりと、意外と時間のスパンが長かった。あと、母の元夫で受けを狙っていたおじさんの話が結構比重が大きかった。

 うーん、なんだかこう、うまく筋をいえず、キャラの特徴もうまく説明できず、いろいろと要素を羅列してしまったんですが、しかしそんな感じの作品だよなあ、という感じ。それで、面白かったかどうかも正直よくわからない…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2266

コメントを投稿

with Ajax Amazon