"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

沙野風結子『くるおしく君を想う』

 全日本フィギュア見たー浅田真央が調子悪いと見ていてつらかったので、今期はあんまり見てなかった女子も久しぶりに見た。浅田真央はワーグナーとかショスタコとか使って男らしい(男子よりも男らしい)プロやってみてはどうか。羽生ゆづるも繊細な曲はトートロジーぽくていっそあわない気がする。あと、知人の選手もちょっとだけテレビ映ってた!よかったね!

 若干のネタバレはあります。
 これは結構前に読んだんだけど、なんといったらいいのか…。あたしはかわいそう受けがすきだし、かわいそう設定を期待して読んだんだけれど、流石にこれはかわいそうすぎるのでは…という気になった。や、しかし、この作品が面白かったのはかわいそうすぎるから、という気もしますが!(笑

 兄弟家のお隣りに越してきた家族には中学生のカコイイ優秀なメガネお兄さんがいて、小学生の弟はあこがれて仲良くなりたいと思ってたのですが、お兄さんは人当たりのいい兄の方がすきらしく、悔し紛れに兄はホモとかキモいってゆってたとか嘘ついたらお兄さんに嫌われて、しかも兄へのホモバレをおそれたお兄さんに未遂だけれど殺されかかる始末。
 そんな弟もやがて大人になって弁護士になったのですが、ホストをしていた兄が失踪。医師になった隣のお兄さんが、兄の借金の始末を付けてやるから兄の代わりをしろさもなければ兄の不始末を弁護士事務所にバラす、とかいうので、兄のかわりにお兄さんの家に住んでかわいがられることに。

 …というわけで、お兄さん=攻めは小さいときから現在に至るまでずっと兄がすきで、自分は好かれてないどころかうとまれて殺されかけすらしてて、しかも兄の身代わりとしてお兄さんの兄への愛情をだだもれにされる…なんて、ちょっと流石にかわいそうすぎやしないか!?(笑
 受けはあまりにいじらしくて心が広くて、それでいて普通の人っぽさを失わない、とってもよいかわいそう受けなのです。どんなに攻めにかわいがられて身体の関係までもっても、攻めが必要としていて一番好きなのは兄なのだと、ことあるごとに思い知らされ、せめて攻めの役に立つ人間になろうと攻めの職場の医療ミスの件に無理矢理首をつっこんだり、攻めのためにあれこれ気を配って風邪引いたり足折ったり(ねんざだっけ?。
 攻めが眠る間際に自分の名前を呼んでくれたことがうれしくて、寝て起きたらこの奇蹟が消えてしまうから眠りたくないのに…と思いながら眠りにつくところとか、せつない!

 攻めは攻めで、中盤以降は受けに惹かれつつあるようにも見えるのだけれど、かたくなに受け兄ラブを主張して受けにつめたくて、ある意味ではよいひどい攻め、という感じ。兄が戻ってきたときの受けへの対応やその理由とか、ベタすぎてわかりやくて、ひどすぎる(笑。受けを思って身をひく、というのはこの場合一番ひどい対応じゃないか(笑。しかしまあ、これだけひどいというのも、お話を面白くするためにはよい攻め、なのかも…という(笑

 そして、これだけ絶望的な状況をひっくりかえすために、受けのがんばりも勿論描かれるのだけれど、末尾で攻めが兄をすきだった理由とかも明かされたりして、攻めの心変わりにもいちおうの納得はいくのですが、けどそれもまた受けがさらにかわいそうに思えてくる要素でもあったりして、攻めのひどさもあわせてとことん受けに厳しいテクストだなあ、と(笑。
 そんな攻めやテクストのひどさ・きびしさを全部笑って許して幸せをかみしめてる受けは、ほんと度量がひろい(笑。過去の事情が分ったときの言葉とか、兄との関係の再構築っぷりとか、ほんと偉い…(笑。

 まあそんなわけで、お話としては文句なくとっても面白かったのです。かわいそう受け好きな方にはオススメなのです(笑。
 しいていえば、これだけ総出かつ全力で受けをいじめたのだから、書き下ろしは攻め視点での懺悔・受け萌え・ラブの大盤振る舞いが読みたかったなあ、という…(笑。
 タイトルも、受け視点ではない言葉なんだろーなーと思いつつ、ある意味ピッタリだなあとは思いつつ、けれど受けのかわいそうさを思うとちょっとずうずうしくないか?それだけの想いを示してあげてよ!と思ってしまう(笑

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2251

コメントを投稿

with Ajax Amazon