"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

尚月地『艶漢』3

 絵もお話も、どんどん個性的な雰囲気が増してきていていい感じ。画集とか出るみたいだし、売れてるから好きに書かせてもらえるんだろうな。ただ、セリフまわしとか展開のさせ方がいまいち微妙だったりして、もったいない感じのところも結構ある。そのあたりはもうちょっと編集さんが介入してもいいんではないか。
 あとまだあんまし絵柄とかも定まりきってないのか、なんか巻ごとに雰囲気が違うというか、コミカルなギャグ顔ってこれまでこんなにあったっけ、という感じもした。
 お話はいちおう進んでいて、なんか詩郎のいた組織の話が面白げになってきたけど、これはベタというかよくあるネタになりつつもある感じ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2186

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 尚月地『艶漢』3:

» 艶漢 3/尚月地 from ◆小耳書房◆
巷に流行る婦女連続誘拐の謎。まちから姐さんがたが減ってつまらない詩郎は光路郎とともに歩いていて、おしろい臭い館を見つけ、主に頼んで中を観てまわる。そこは箱... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

with Ajax Amazon