"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

バーバラ片桐『ペット愛玩業』

 社長の息子な大企業幹部攻めは、冷徹で人の気持ちを考えないタイプで、見合いもうまくいかないのを心配した父親が、ペット(受け・うさぎ・性的な意味ではない)を派遣してもらいまして。

 タイトルから想像できる感じの、わりと普通の話だった。
 受けは性別受け的な、かわゆすぎる感じで天然いい子ちゃん、まあいい子ちゃんであるがゆえに友人とかにはあんまし好かれないタイプ、というのは面白かった。そのあたりの設定もうちょっと活かして欲しかった。天涯孤独で友達もいない、というのはかわいそう受け的だし、受けも成長する描写が可能そうだし。
 攻めは最初のあたりほんとクールというかコールドで、ペットとしてやってきた受けを勘違いしてむにゃむにゃ、とか、もうほんとダメなんですが、受けを受け入れたのは結局頑張りに心動かされて慣れてきて、ってありきたり気味な感じなのがちょっと物足りなかった印象。
 続編の新妻昇格編(笑)はよかった。しかし、攻めの元見合い相手の処理がちょっとズサンな気が…攻めのこと好きだったんでしょ?(汗

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2168

コメントを投稿

with Ajax Amazon