"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

砂原糖子『天の邪鬼の純情』

 幼い頃のトラウマから、思ってることと反対のことをつい言ってしまう受け。あこがれのイケメン先輩に告白されたのだけれど、辛辣に振ってしまって大後悔なのです。

 なんか…受けにまったく感情移入できなかった…。
  そもそも天の邪鬼っていっても、いちおうトラウマという理由はあるけれど、ちょっと極端じゃないかと思う。それと、天の邪鬼っぷりにもいろいろ基準がある らしいんだけど、それもよくわからん。仕事の話とかなら大丈夫とか、好きな相手とかだとそれだけ反比例して正直になれないとか、生命の危機に瀕して素直に なれたとか、なんか基準がわからんしご都合主義っぽい。ただでさえ感情移入しにくい設定の主人公なのに、その設定がややこしいから納得すらしづらい。
 先輩はイケメンであるがゆえに敬して遠ざけられてて、自分は嫌われてると思ってる、というのは面白かったけど、受け自身も思っていたように、受けを好きになった理由が薄い感じになってしまってた。
 お話の展開もあまり面白いところがなく、なんか全般に奇抜設定でひっぱろうとしてコケてしまった残念な感じだった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2161

コメントを投稿

with Ajax Amazon