"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

いとう由貴『秘めやかな恋の旋律』

 大学の飲み会のあと、欧州の小国王子の留学生の部屋に泊めてもらったらなんかストーカー化してしまって刺されたのですが、自分もわりとちゃらちゃらしてたし向こうは王子だし、誰も潔白を信じてくれない。ちゃらちゃらっていっても、普通の大学生レベルなんですが、外見派手めだし、誤解されてもほっといたしで、ぜんぜん説得力ないみたい。そんなわけでなんか家族にも見捨てられてアメリカに留学させられて、孤独を感じているところに、王子の従兄弟という王子と偶然会ってしまいまして、ストーカー王子がお前を追っているとかゆって保護≒軟禁されてしまいまして。

 基本、自分は誘惑なんてしてないのに誰も信じてくれない…という受けと、ふつうのいい子に見えるけど小悪魔なんだろ?くそう誘惑に負けないぞ!という攻めの、誤解すれ違いラブ。
 筋はそこそこ面白いのだが、自分も確かにわるかったけど誰も自分を信じてくれなくて孤独…という受けの拘泥モノローグが何度も何度も繰り返されるので、さすがに飽きてしまった。あと、攻め→受けの誤解が常に連鎖してて、それが誤解だったとひとつづつ確認していくという流れもやや冗長だったかも。そんな感じで、全体的にややもっさり感がある。逆に後日談はなんかカタルシスが足りない感じ…誤解しててごめんよ孤独だったね、もう大丈夫だよ!とかゆう攻めからのメッセージ的な、なんかそういうのがもうちょっとハッキリあってもよかった気がする。

 また、受けは無自覚に男をどんどんおとしていくという、とんでもない魔性ちゃんだと思うのだが、あんまし魔性!ということががっつり書かれてはいなかった気がする。ていうかこの人、はたちまでどうやって生きてこられたんだ…とか思ってしまう。もしかして、対欧米人専門で魔性なのだろうか?(笑…とか、もうちょっとイメージしやすいように詳しく描いて欲しかった。ていうか、魔性ですよ!魔性ですね!ってみんなで理解するというか、もっとその設定を全面に出して欲しかった感じ。アンティークの小野さんみたいな(笑。
 あと、受けは男に襲われまくりで、次第にめそめそっ子になっていってしまって、攻めがなんで受けに惚れたのかよくわからんかった。魔性の力だけ?という感じ(笑。でもそういえば受けの方もよくわからん。四面楚歌な中でちょっとだけ自分に優しくしてくれた攻め、に惚れた感じかも?

 なんか文句多いですが、でも個人的には結構好きです。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2157

コメントを投稿

with Ajax Amazon