"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

久我有加『いつかお姫様が』

 外見はカコイイのに中身は三枚目といわれてるような高校生が、友達の友達のイケメンさわやか王子様な同級生と知り合ったのですが、なんかやたら優しくしてくれて、お前俺の彼氏?というくらいの勢いなのです。

 面白かった。
 女の子みたいに優しくされるたびに、攻めカッコエエ…vと思いまくってる受けがおかしくてかわゆい。他のヤツにこんなことされたらキモかったりムカついたりするだろう、王子は王子だからカッコエエと思えるのだ、というフォローもあってよい。
 攻めは前編でも後編でも、ちょっとヘタレるところがあって、話を転がすためっぽいのでちょっと気の毒。でも話が転がらないと、延々と攻めは王子っぷりを発揮し、受けは攻めカッコエエ…と言い続けてそうだから、仕方ないかもしれない(笑。
 あと会話と心内文がぜんぶ地域語で、全体を通してなんとなくほんわかな雰囲気がある感じでかわゆいv

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2137

コメントを投稿

with Ajax Amazon