"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

黒崎あつし『お嫁さんになりたい』

 某社長の愛人だった受け母は、正妻から逃げるために息子を女の子として育てたのですが、母なき後は正妻が受けをひきとって、お前はいつか金持ち変態オヤジに売りつけてやんよ、とかゆって育ててたのです。でもいざ嫁にしてもらえとかゆわれて出された先は、以前一度だけあったことのある親切なお兄さんで、この人のところに居させてもらいたいと思ってたら、受けの事情をおk把握なお兄さんも、お兄さんをお世話してる夫婦も、なんかめっさ受けによくしてくれまして。

 ベタなタイトルだし、ベタな話を期待して読んだのだが、まあベタだったけれど、なんかあっさりしすぎだとも思った。
 受けは正妻たちが怖くて今まで抵抗もせずに来てしまったけど、だいすきな攻めのいうようにこれからは主体的にならなきゃ、という感じ。攻めはやさしい保護者で、受けはひなどりのように自分をしたっているだけだから、と受けを相手にしようとしなかったりなんだり。典型的な関係だろうと思う。
 あと、受けが正妻さんがこう言ったんです、とか素直に報告して攻めたちがかわいそうに…という場面が非常に多く、受けのかわいそうっぷりを演出するためなのだろうけれど、回数が多すぎて少し鼻についた。
 なんにしても、キャラもお話もベタを期待していたのだからベタでいいのだけれど、もう一工夫ほしかったなあという感じ。
---
 ところでBLではこういう場合、受けは女の格好するのがほんとはいやで男に戻りたい、そして攻めと結ばれたい、と思うのが常な気がしますが、女の子の格好したいアンド攻めと結ばれたい、というパターンもあってもいい気がするけど、BL的にはナシなのかな。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2118

コメントを投稿

with Ajax Amazon