"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

清白ミユキ『幸せのデセール』

& lt;/td>

 『わがまま王子のパルファン』のスピンオフ?らしいです。『わがまま王子の…』はタイトルが気になって読もうかと思ったことがあったのですが、結局まだ未読。

 出張料理人がある日依頼を受けたのは、複数のセフレと関係もって仕事を融通してあげたりして、つまりギブアンドテイクのあとくされのない関係ですませてる某社長。自分もコナかけられたので、仕事失うの覚悟でそういうのは嫌いだとはっきり言ったら、なんかかえって気に入られちゃったみたいで友達になってくれとかゆわれるのです。
 そうして付き合いだしたら、傲慢で、金ですべてを解決しようとするような人間かと思ってたら、たんに不器用で、恋愛どころか人付き合いの仕方も知らないだけで、そんなさびしくもかわゆい攻めが受けになつきまくって、必死で受けに合わせようとしてがんばったりするので、元々ダメンズ好き気味の受けはほだされまくりなのですが、今までの攻めのことを考えるとセフレとは切れなさそうだし、ってことでか、受けは攻めとは友達づきあいを続けようと思うのです。
 そんな折、受けのフランス人の元カレがやってくるのですが、こいつがまた受けが一番とかいいながら浮気しまくりだった奴でして、すったもんだ。

 うまく処理できず、あらすじが長くなってしまいましたが…。とっても面白かったです。
 もう一見傲慢でトンチキで、内実は不器用な攻めがかわゆすぎる。やっぱり不器用キャラっていいですね!!受けにセフレとかよくないとかゆわれて衝撃を受け、また叱られたくてかわざとセフレ未満の相手を呼んでみたりとか、特に前半はトンチキすぎてかわゆい。後半も、受けの元カレに嫉妬しまくったり、受けを口説くために頑張ってきれいにしてたら誤解されたり、なんかもういっぱいいっぱいでかわゆい。
 受けはなんで、攻めは友達だから、とか必死に自分に予防線はってんのかがちょっとわかりづらかった。攻めは自分になついてるけど別に好きなわけじゃない、とかまたセフレとかいる男の愛情とか信じて傷つきたくない、とかなんだろうけれど、一貫した理由があるというよりいろんな状況がかさなって、という書き方だからか、なんか理由付けが不透明になりやすかった気がした。
 受けの元カレは、受けと攻めのジャマばっかしてかっこよくもないし、受けがなんで浮気されながらもずっとつきあってたのか、これだけではよくわからん(笑。受けが一番だとゆってくれたから、とか思い返しているけれど、つまりは浮気性だけれど情熱的なラテン男にほだされてた、ということでいいのだろうか。
 まあアテウマ攻めはさておき、愛を知らない不器用トンチキ攻めと、イケメン受けシェフという二人のキャラは魅力的だし、お話自体も面白かったですv

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2109

コメントを投稿

with Ajax Amazon