"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

橘かおる『傲慢な支配者の花嫁』


 BLキーワード順列組み合わせみたいなタイトルだ。
 結婚してもお前が一番の恋人だからとかゆうアラブ皇太子と断腸の思いで別れた受け。帰国して、贋作騒動でまずいことになってる画廊の仕事にいそしんでいたら、皇太子の弟がやってきて、絵を買ってやる代わりに口説く権利をくれとかゆってくるのです。

 ややネタバレ。
 受けは、仕事のこととかいろいろ線引きしようとしてるけどなんか…微妙にgdgd気味かも。弟王子の豪勢なデートに素直に喜んでるのは素直だが、なんというか、もうちょっと質実でいてほしかった。でもいちおう画廊社長の息子だし、幼なじみの女の子とも結構いいお店いってるし、おぼっちゃんなんだろうな。
 しかし、皇太子といたしてなかった、つまり男はじめての受けが、弟王子にあっさり浴場したりするあたりはとってもファンタジー…。弟王子を気長に待たせるのかと思っていたら展開早いし(けどそれ自体は意味があったのでよかったけど)、いきなりそこまで感情が動いた受けというのもわかるようなわからんような…その後本格的に惚れたあたりとか、皇太子との比較とかもやや陳腐で、感情の動きがいまいちしっくりとこない感じもあった。
 話の展開上なのか、受けがひきずってたアテウマ皇太子があまりかっこよくないし、受けがイケメン二人の間で揺れ動く、というようななんだろう、醍醐味?はあんましなかった気がする。
 あと、事故と無理やりのあとの末尾の急展開が急すぎる。

 なんだか文句は多いけど(笑、とはいえタイトルどおりの強引支配者攻めに口説かれる恋愛物語自体はそこそこ面白かった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2105

コメントを投稿

with Ajax Amazon