"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

橘かおる『蒼炎―secret order』

 おおぉ…苗字は漢字になったものの、ひらがな名前はつづいている…。

 ちょっと迷ってから購入した。
 イギリスでテロに巻き込まれた際に助けてくれた人は、目がやられてて顔が見られなかったけれど、声だけでも安心させてくれたので、すごく感謝してるのです。その後お世話になった縁からSPにあこがれて就職した受けは、欧州某大公国の後継者のSP任務につくのですが、彼はSPはいらんとかゆって受け一人のみならいいよとか言い出し、しかもなんか口説いてくる始末。

 実務にすぐれ、受けへの情熱的かつ一時的ではない深い愛をもった王子様×トラウマをかかえつつ職務にはげむ、誰にもなび かない美貌のSP、というベタ設定はとてもよいですし、細かいとこを気にしなければ結構面白かった。

 細かいとこというか、気になったとこもいっぱいあるんだけど。
 受けのテロ被害から攻めに会うまでが、あまりに怒涛過ぎてあれよあれよ。
 その後の展開やキャラの心情変化も、なんかわかるようでわからんような物足りないような。特に受け、それまで攻めをかわそうとしてたのに、いざそういうことになったら、PTSDを発症してたという精神面の変化はあるにしても、なんかやたら情熱的で積極的なので、ちょっとついていけなかった。あと、受けや周囲の仕事っぷりが微妙な感じ。
 受けの同僚二人や美形上司とか、なんかやたらキャラ多かったけれど、スピンオフがあるのかな。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2100

コメントを投稿

with Ajax Amazon