"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

高遠琉加『甘い運命』

 『愛と混乱のレストラン』の、パティシエ×恩師のスピンオフ。

 うまくあらすじ書けないので前半三分の一くらいネタバレですが。
 イチはDV母親にあやまって怪我をさせてしまい、以後祖父宅で育つ。一人暮らしをしていた高校時代には隣家の保母さんのDV彼氏を、もみあううちに刺してしまい、少年院へ。なぜか担任のメガネがしょっちゅう面会にくるのだが、ある時を境にふっつりと姿を見せなくなってしまう。少年院を出たイチは実家に戻るも、家族関係もうまくいくわけがなく、そんな折にあの薄情恩師がやってきて、姉の子の面倒をみなきゃなんないから一緒に暮らして手伝ってくれないか、とかゆって云々。

 イチがかわいそうで、単純にいいお話だ し面白かったのですが、…これ、BLじゃなくてもよかったんじゃ…(笑。腑に落ちないのは、イチがせんせいをそういう意味ですきなのはなんでなの?せんせいもなんでイチすきになったの?と いうとこだけなんだもの。いいけどね。
 こういうイチみたいな不器用なキャラは、この作家の本領発揮という感じでとても巧く書かれていて魅力的だ し面白かった。せんせいは家の片づけ下手だったり、甘いもの好きだったりしてかわいい人なんだけれど、でもちょっと薄いかもしれない。もうちょっとキャラ 濃くてもよかったのではなかろうか。どうでもいいけど家の片づけできない甘党って攻めっぽくないか。せんせいの姉の子の海ちゃんはかわいいし、血縁のない関係性を描く上でとても重要なキャラなんだけれど、海ちゃんにまつわるエピソードが長すぎて、恋愛面の薄さと相まって、やっぱりこれBLじゃなくていいんじゃあ…という気になる。

 タイトルは引用だろうしベタだけれどいいと思う。辛い過去満載のイチがパティシエになる、というお話にとてもよく合っていると思う。

 あ、あとリヒトが海ちゃんをそっけなく気遣うとこが萌えた!

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2011

コメントを投稿

with Ajax Amazon