"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

いとう由貴『囚われの花嫁』

 というわけで(?、いとう由貴の傲慢最低攻めものコンプをめざすことにしたわけですが、とはいえ、これはちょっと行き過ぎだと思ったのでした。

 両親を事故で失い、父の従兄弟のフランス人に育てられた受けなのですが、実はフランス人は父がラブで、受けを藤壺の身代わりの若紫よろしく父の身代わりにしようとしてたそうで、16歳の誕生日に手込めにされてしまいまして。

 後書きで作者はこの攻めを変態攻め、と称しているが、これはちょっともう、狂気の域でしょう…。読んでてつらい。受けを父親として大事にしたり、受けが逃げると代わりの男を捜してみたり、戻ってきた受けはもう汚れだからとかいって虐待してみたり、流石にいろんな許容範囲を超えてるよ!
 受けはそんな攻めとの生活に耐えられなくなり逃げ出したり、その逃亡生活の描写が妙に長かったり、逃亡中に攻めが自分自身を見てくれないことがつらいのだと攻めへの想いを自覚したり、ほんとにあの攻めでいいのか?という感じなのです。そして結局この受けも攻めの元に戻って、末尾は狂気じみてきてた気がするし。
 そんな末尾で唐突に、攻めが自分はほんとは受け自身をずっと見てたのだ、とか気づいても…ほんとかよ、というか…受けはそれで納得しちゃうのかよ、というか…ちょっとこの二人、今後大丈夫なのでしょうか、という感じでございました。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1997

コメントを投稿

with Ajax Amazon