"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

朱西美佐『暁の落花』

 日本大使館職員×日中ハーフのスパイ少年。
 旧正月の上海で、情報を得るための任務で攻めに近づいた受け。色仕掛けなんて初めてでしたがせめて素敵なひとでよかった…と思ってたら、情報が漏れたのか、攻めはすぐにいなくなってしまいました。数年後、日本を訪れ東大留学生に化けて任務につく受けは、攻めに再会。しかし実は攻めは公安の刑事で、受けとは敵対関係にありまして。攻めは受けの事情をうすうす感づきつつ、なんかこんなに他人が気になるの初めてで云々。

 なんかいまいち面白みに欠ける展開だったなあ。ありきたりというか。スパイ云々の事件にまつわる展開は、まあ恋愛がメインのBLでは従の物語だから、あまり期待しすぎてもいけないのかもしれないが、けどやっぱ凡庸だった。
 ていう主にあたる恋愛物語もありきたりで、敵対してる関係だけれど惹かれ合う二人、というくらいの印象しか残らなかった。
 キャラ自体も凡庸だった。受けはもっとかわいそうな感じのほうがよかったのではなかろうか。や、かわいそうな設定なんだけれど、あんましそれを活かすような語りができてなかったような感じだった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1980

コメントを投稿

with Ajax Amazon