"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

剛しいら『華の涙』

4829624604華の涙 (プラチナ文庫)
剛しいら 御園えりい
フランス書院 2009-12-10

by G-Tools

 関東大震災で家も家族も失って、親戚を名乗る男にだまされて材木商の家に売られてしまう受け。そこの家の男衆にやられそうになったところを材木商の長男が助けてくれて、重労働は無理だろうと病気の次男のお世話係にしてくれる。次男は身体がままならずわがまま放題なのだが、家族や使用人からも無視されたり嫌われたりで気の毒で、優しい長男のこともあってがんばって仕える。そんな折長男に縁談がもちあがり、兄に執着している次男は縁談を壊すために、自分のかわりに受けに兄をたぶらかさせようとするのだが云々。

 長男はわりとあまり特徴のない優しいまともなお兄さんで普通すぎる。ごうつくばり父やわがまま次男ばかりの家の中で、一人だけまともな人、という役割なんだけれど、でも受けが叔父にいたぶられているのを見て感情を処理しきれなくて受けにつらくあたるとか、わりとヘタレだった。このあたりの長男の心情がちょっとわかりづらかったので、これは後の方まで読んでの把握なんだけれどね。まあとりあえず、攻めとして弱いというかあんまし魅力はない感じ。
 受けも、なぜ長男がそんなにすきなのか…けど普通ではない状況だったし、最初は心のささえとして一種の執着をしてたような感じなのかな。

 そんなかんじでこの作家はときどきつじつまや根拠がわからん展開とか結構入るんだが、でもむしろなんか人間の理不尽さを感じさせもしてくれる、気もする。こういう攻めのダメなところとか、受けのあまり根拠のない恋情とか、なんか生々しい気がした。でもこういう理不尽な描写って、単純にこの作家が作品を量産してるがゆえのあらさなのかなあという気もするし、一歩ずれたらあたしのすごくニガテな作風になってただろうなあとも思う。その理不尽さを補えるくらい好みの話が結構あるので、自分で勝手にいろいろ補って読んでる気もするから。

 それはさておき、次男が…。ずっと兄ラブで、最後に受けになって兄に愛されたかったとか言うのだが、受けの身体を兄に抱かれるために準備したりなんだりという微妙な関係で、なんかそっちの方が気になるよ。病がうつるかもしれないとか思われて、誰も触れたがらない自分にたいして平気で水を口移ししたりしてくれる受けのことだって、勿論好きだったはずというか好きだったわけで。最後の最後には、兄になって受けを愛したかった、とかも言ってるのがせつない…。長男が言うように、長男も受けも好きだったのだろう。
 受けの次男への献身は、長男への気持ちとか、長男が看破したように(しかしあの場面は一瞬長男がヘタレ化するのかと焦ったが)自分よりかわいそうな存在につくすことで自分の辛さをごまかしてるところもあったのだろうが、それでも次男への情だってあっただろうし…常に気に掛けてはいたわけだし。
 そんな二人が気になるので、もっと次男と受けも幸せになってほしかったなあ…。せめて、互いに向かって気持ち(恋ではないにしても)を言語化できてたらよかったのにね。互いに相手には何も伝えないままだもんね。

 全般的にはそこそこ面白かったように思います。
 御園えりいの絵はあまり好きではなかったのだが、なんか最近綺麗になってきた気がする!

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1940

コメントを投稿

with Ajax Amazon