"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

遠野春日『茅島氏の優雅な生活』1

 これは読んだのは七月ごろでしたが、忙しかったので感想を書かずにいたらタイミングのがしてずるずると年を越してしまいました、原作茅島氏です。

 とりあえず、すべてを持っていて・一見尊大な、それでいて、庭師ただ一人の心を願っている・健気で・一途な茅島氏が、とってもカワイイィ。

 けど、全体的には手放しで礼賛・ドはまりは出来ないかなあ、という感じでもある。先に読んでた漫画版を原作と比較すると、漫画版はあたしごのみのエッセンスをうまく抽出して、あたしのニガテな部分を排除してくれてた感じなので、だからすごく面白かったし、もしかしたら漫画版から入ったのも個人的にはよかったのかな、という気がした。原作読んでいろいろ不満も出てきたけど、茅島氏シリーズという総体への好意はゆらがなかったから。

 具体的には、以前の遠野春日らしい独特の硬い語りとか、茅島氏の不器用さ一途さかわいさ、庭師の抵抗と結局陥落してのメロメロっぷりといった要素がすんごく大好きで、第三者が深くからんでくる話(軽くならむしろ面白いんだけれど)がニガテみたい。漫画版では第三者キャラはすべからく排除されたりモブになってたりしたから、あたし向きだったのかもなあと思うのです。
 そんなわけで、漫画版の継続が決まったそうでワクワクなのですv

 で、繰り返しになるけれど、遠野春日はやっぱりこういう硬い文体のほうが雰囲気があるし面白いし萌える。そして、茅島氏の世界は「こういう」遠野春日がすんごくしっくりとハマって、とってもいい。庭師の名前が最後までわからないとことかもいい。

 イラストは日高ショーコでワクワクしてたのですが、なんかこのひとはカラーより白黒絵のほうが色気があるかなあという気が最近してきた。表紙の三枚はきれいなんですけどね。口絵はちょっといまいち…背景の彩色がいまいちなのかも。

4344816374茅島氏の優雅な生活〈1〉 (幻冬舎ルチル文庫)
遠野 春日 日高 ショーコ
幻冬舎コミックス 2009-04-15

by G-Tools

 一巻は結構漫画版そのままだったので、大筋の話は特に感想はないのですが、漫画版にはなかった嵐の夜の庭師訪問前の話とか、かなりぎょっとした…。前述のように、あたしはこのシリーズのゲストキャラ話がニガテなんだろうなあと思う。
 表紙がキレイだしすごくこのシリーズっぽくってよい。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1938

コメントを投稿

with Ajax Amazon