"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

読みさし。

 結構アマゾン評価高い本もあるのだが…あたしの根気が足らなかったのかなあ、という気もしなくもないがまあそんなわけで。

 丘群さえ『詩(ソネット)に濡れるくちびる』
 没落した華族の受けを救ってくれたのは、以前想いを拒んでしまった書生攻めで、なんか家を助ける代わりにえっちなことされて艶本よまされるんです。
 話の筋が見え見えだし、いまいち淡々としてて面白くなかった。受けが意地を張ったりなんだりするのだが、反応が平凡というか、華族受けが活かせてない感じがした。三分の一くらい読んで、あとはとばし読みしてしまった。

 小川いら『胸にしまっておけよ』
 彼女にフラれた後輩をなぐさめてたらそんなことになり、後輩=攻めは責任とる気まんまんで。
 二人ともきちんと彼女がいて、特に先輩受けはいい関係を築いていたというのが、なんとも…。なんで男同士でくっつくことができたのか、納得いかない感じ。ほとんどとばし読みしてしまった。

 水島忍『アルテミスの生贄』
 秘密サロンに出ると行って行方不明になった兄について調べたくて、勤務先のバーのオーナーの父がやってるらしい秘密サロンに近づく受け。
 秘密サロンがふつうすぎた。受けが平凡すぎた。攻めがなぜ受けを好きなのかわからん。さんざん忠告されて、兄のこと探るには他にも手がありそうなのにサロンに行こうとする受けがちょっとお馬鹿に見える。ので、途中で飽きてしまった。

 夜光花『愛を乞う』
 家の借金のかたに買われて、同い年の金持ち息子の性欲処理係にされた受け。高校卒業までという期限に望みをたくしてなんとか過ごしていたのだが、全寮制の高校に入ってから攻めがなんだか…。
 面白くなくはないのだが、わかりやすすぎる筋というか、高校卒業後の別離とか含めて予想どおりの流れすぎた。そして、この作家の持ち味があんまり活かされてないというか、普通のお話だった。まあ、性欲処理係という設定はよく考えると結構異様なんだけどね。高校卒業の辺りでしんどくなってきて、あとはざっと読んでしまった。
 ところでこのタイトルつけたのはたぶん『不浄の回廊』を名付けた人だよね?キャラ文庫のこの担当さんはセンスいいと思う。

 結城一美『この胸の秘めごと』
 ネタバレします。
 これちょっとかなり、いまいちだったなあ。オビの「誰も見たことのない、100%善意の恋愛詐欺!」というアオリ文句は面白そうだったのに。
 ノンケ上司への恋をゲイバーで出会った遊び人ぽいタチに相談して、その通りにしたらなんかうまくいったのだが、タチちょっと上司に似てる気が。
 なんかやな予感するよね。タチが上司か、あるいはタチと上司が双子か、どっちもやだなあと思ったけど後者で、受けが入れ替わりに気づかずエッチまでしてるというなんだそれな展開。それだけでもオイオイなのだが、更にその後タチが実はいろいろ考えてくれてたことを知ってタチとくっつくとか、なんだそれ。3Pならまだしも…。何が何だか、地雷大杉、萌えな過ぎ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1919

コメントを投稿

with Ajax Amazon