"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

砂原糖子『ラブストーリーで会いましょう』上・下

4344816854ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)
砂原 糖子
幻冬舎コミックス 2009-06-16

by G-Tools
4344817117ラブストーリーで会いましょう〈下〉 (幻冬舎ルチル文庫)
砂原 糖子
幻冬舎コミックス 2009-07-15

by G-Tools

 柴門ふみの作品みたいなタイトルだ。
 下巻の発売まで待って、一気に読んだ。面白かった。

 やや不本意ながら女性雑誌の編集部にいる攻めは、連載を引き受けてくれた超人気恋愛小説家の担当になったのだが、作家せんせいがへんなひとで、打ち合わせのたびにシナリオをファクスしてきて、ヒロインの相手役を演じさせられてのデートなのです。もともと自然大好き系元気でおおらかな編集者は、作家のへんな要望にふりまわされ、更にはきっちり予定くんで時間ぴったりに行動するありさまにハテナなのです。でもそういう強迫症には過去のトラウマがあったりとか、そのためもあって恋愛などしたこともする予定もないだとかいう作家先生に、編集者は次第に惹かれていって云々。

 へんなひと、特に恋愛不感症な主人公は好きだし、この受けもよかった。ただ、強迫とかトラウマにかんしては、へん、と言ってしまうのもひどいかなあという感じだし、むしろ本質的には不器用受けというかかわいそう受けなのだろう。でも印象としてへんなひと受けなのだけれど。
 受けの小説はどうやらまんま柴門ふみみたいな恋愛小説らしく、なんかあんま共感できなそうだなあ、とか思った。が、受け自身があくまでフィクションとして、仕事として書いているというモチベーションと、その小説に人生変えられたファンの温度差、そして彼の言葉で自分の恋愛に気づき始める小説家、という展開はベタながらよかった。
 あと、攻めにもらったマリモのエピソードとかもいい差し色になってた。

 攻めはわりとまあふつうの感覚のひとで、アフリカとか自然とか大好きとか、実は実家が結構なおうちとか、ありがちなキャラクタかもしれないけどいろいろな重層性もあって、いいキャラだった。

 お話はそんなこんなで、男で・しかもこんなへんな作家に惚れてしまっていっぱいいっぱいな攻めと、不器用で自分の気持ちにも周りの人の気持ちにも中々気づけない受けの、すれ違いな関係を中心とした話で面白かった。
 しかしこの梗概で上下巻って随分分量多いなあと思っていたら、結構脇キャラがよく出てきてて、攻めの同期の軟派なイケメン→オタクな外見の後輩とか、攻めの見合い相手のお嬢様とか、いいキャラが多い。
 特に、受けの家の向かいのアパートに住む恋愛体質なゲイのこは、下巻に看護士の彼氏との出会い編がかなり長く分量とられてて、これがまたいいんですよー。受けの大ファンで、恋愛がわかっていない受けに本人の著作をお薦めするとことかカワイイ。
 と、この話は、へんな受けのわりに、受け攻めふたりきりの世界、でないところがいいのだ(へんなひと主人公の話は、ふたりきり世界のが多い気がするし、そういうのも好きなのだけれど。長めで、けっこういろんなノイズ(脇キャラだけでなく、マリモとかも含めて)があって、でもそれが面白かった感じ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1803

with Ajax Amazon