"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

雪代鞠絵『honey』

4778102967honey (ショコラノベルス)
雪代 鞠絵 門地 かおり
心交社 2006-09-09

by G-Tools

 ちょうどつづけて読んだ記憶モノ小説その1。
 でも読んだのはたしか先月くらい。

 高校生の受けは、わけあって赤の他人である攻めに世話になっている。攻めは医師でゲイ、職場の恋人を家につれてきていちゃこらしてる。受けはそんな二人をうざったがるフリしてツンツンしつつも、ほんとは攻めがすきなのです。が、ある日いさかい中に階段落ちした受けは記憶喪失になってしまい、保護者だという攻めを信頼するわなつくわのスキスキ攻撃で、今までとは180度ちがう受けのかわゆさに攻めはくらくら云々。

 という、そんな表題作はとっても面白かった。
 攻めには恋人がいるし、自分のような子供は好みじゃないって言われてるし、受けはひねくれてツンツンせざるを得ない状況で。でもなんとか家事で役にたって、攻めの傍にいたい、というけなげぶり。そんなあれやこれやが記憶喪失になってすっとんでしまい、突然登場した攻めに最初は警戒するも、どんどんなついていくあたり、前段とのギャップがとてもせつなかわゆい。前段だけだったらツンデレお子様受けだし、あんまり感情移入できなかった気がする。
 手帳のこととか、記憶喪失になって家事ができなくなったり、甘いものに喜んだりするというエピソードがうまく活かされてて、とってもよかった。

 攻めは、受けの面倒を見なきゃ行けないのがめんどくさくって、かわいい受けに次第にメロメロになりつつ、でもそいえば受けのこと全然知らなかったってことに気づいて、普段の受けのけなげさやかわいさに気づいていく過程がとってもよい。結構ダメ人間なんですが(笑、受けの隠していたもろもろに気づいてすんごいおおらかになってしまうあたり、攻めの成長物語でもあるのかな。

 記憶が戻って微妙に気持ちは通じないまま終わっているので、続編が絶対ほしい感じなのだけれど、しかし続編はちょっとイマイチだった…。あたりまえかもしれないけれど、続編は記憶喪失ものではないし、受けが大ケガをしてなんかいっぱいいっぱいになってワガママしてしまうという感じなので、正直あまり好きなタイプの話ではなかった。受けのいっぱいいっぱいさもわかるけれど、でもワガママにふりまわされる攻めも気の毒で。甘甘な後日談も読みたい感じ。

 そんなわけでまあしかし、全体にはとっても面白かった感じです。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1800

コメントを投稿

with Ajax Amazon