"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

高尾理一『愛咬の掟』

477309964X愛咬の掟 (クロスノベルス)
高尾 理一
笠倉出版社 2009-07

by G-Tools

 警官だった父はヤクザに情報流して結局消され、母もその心労で亡くなり、ヤクザをうらみつつ父を殺した犯人を捜し出して汚名をはらそうと、警官になった主人公。時効が迫る中、父の事件にかかわっていたと見られるヤクザをはってたら、なんか素っ裸で手足を鎖につながれてた。

 全体的にそこそこ面白かったのだが、なんだかものたりなかったかもしれないのと、ヤクザ×猫はもう『龍と仔猫』を書いたじゃないか…というハテナがどうしてもあった感じ。
 あ、そういえば、今回は龍ではなく虎なのか。

 父の事件がらみの展開はそこそこ面白かったし、結末も甘くはない終わり方で、受けも混乱した心をもてあましながら終わっている感じはよかったと思う。だから物足りないというのは、ラブというか、恋愛をふくめた関係性がよくわからないせいだと思う。
 そもそも冒頭からなんでいきなりヤクザが警官にこんなに執心してるのかがよくわからんし、そして最後までそれはよくわからないままだったので、ハテナなのである。ヤクザの気持ちの深さは書かれているけれど、なんで好きになったのか、なんで猫扱いしてんのかがわからないから、記号的というかテンプレというか、恐いけれど・受けにやたらに執心して・なんでもしてくれちゃうヤクザさん、というありがちキャラになってしまっていて、もったいない感じ。
 お話としての結末はいいけれど、恋愛物語としての結末はない感じだし(や、エロがなかったとかそういうことではなく)、攻めの気持ちもよくわからんし、受けも攻めを受け入れ切れた感じがしないので、お話として終わっていない感があるのかなあと思う。端的に言えば、良くも悪くも続編あるの?という感じ。続編を期待する気持ちもあるし、きっちりお話のカタをつけてほしい、という気持ちもあるし。

 続編といえば、攻めの部下とアホな手下はスピンオフねらいなのか?というCPだなあと思った。こないだの『二十六年目の恋人』でも脇CPがやたら出てきてたし、最近こういうの多い…のかな。この作家は今まであんまりそういうあからさまな脇CP書いてこなかった気がするので、意外な感じ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1790

コメントを投稿

with Ajax Amazon