"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

森住凪『異国の館に恋の降る』

4576090747異国の館に恋の降る (二見シャレード文庫 も 3-1)
森住 凪 あさとえいり
二見書房 2009-05-22

by G-Tools

 明治期、建築家の書生ぽいことしていた日本人子が、御主人様が友人のヨーロッパ某国貴族に頼み込んでくれたおかげて、建築を学ぶため留学することになりまして。

 架空の国なのは、考証が面倒だからなのかなあ。
 それはさておき、友人に頼まれたから仕方なく、という感じの貴族さまと、がんばりやの受けなのだが、なんかわりとふつうの話だった。受けが好奇の目にさらされたり、攻め父に排除されそうになったり、攻めは意外に受けを守ってくれて、ラブ。

 貴族×平民ものはわりとすきなのだが、すごくダメでもなく、面白く感じられる部分もなく、ちょっと読んでて平坦でつらかった…。
 あと攻めが受けのがんばっている様子を見てほれる、というのはありきたりすぎるなあ、とか思ってしまうのは、しかしなんだか随分すれた感想だよなあ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1767

コメントを投稿

with Ajax Amazon