"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

神香うらら『桃色☆王子―胸の秘密はミルキーピンク』

 ちょっと変態ぽい話(テキストのじゃなくてあたしの)が出てきますので、すみませんです。あとネタバレもしてます。

4829624299桃色☆王子―胸の秘密はミルキーピンク (プラチナ文庫アリス)
神香 うらら
プランタン出版 2009-05-11

by G-Tools

 風変わりなほど赤い赤毛を気にしてる小国の第三王子は、ちょっと年上の大国の第一王子とおさななじみなのですが、成人式でなんかプロポーズされるのです。なんとか逃げようとがんばるものの、攻め王子が病気だとの知らせでとるものもとりあえず駆けつけてしまう受け王子。なんでも攻め王子は特殊な病気で、愛する者の母乳を飲まないと治らないらしいのです。

 …結局おちち出てこなかったじゃないか。詐欺だ。くそう(綴じ込み部分は妄想だったので除外です。
 ていうか、まさか攻め王子の病気は受け王子をだますための工作ではないわよね?まさかそんな安いオチではないわよね?という不安も的中し、ガッカリなのです。
 というわけで、あたしはド変態小説を期待してたのに、ただの強引攻めとかわいくて若干ツンデレでちょっとおバカな受けのお話だったのですよ。

 あと二人のキャラ立てもちょっとよわく、攻めはなんか強引なばっかりで、受けのことあんまし考えてなくないか?というとこもあったり、あとなんでそんなに受けに執着するのかよくわからない。受けは受けで、話の流れでは成長してからも攻め王子に結構なついてるっぽい感じだったのに、プロポーズ後の反応は変なこと言う幼なじみにツンツンしてるだけにしか見えず、なんか幼なじみと仲良し設定とはちょっと違和感があった。

 綴じ込み小説とかスクラッチとか桃のにおいつき、とかアホな装丁はたまには面白いね。でもよく見ると、これ文庫にしては結構高いね。
 でも好きな作家さんの小説をこういうアホ装丁で出してくれたら、すごくうれしいだろうなあ…。高尾理一とか、夜光花とか、出してくれないかしら。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1764

with Ajax Amazon