"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

西江彩夏『ナルシストの憂鬱』

 なんかいそがしいので本を読んでいる時間がないはずなのにー結末が気になってとまらなくなってしまった。

4862635970ナルシストの憂鬱 (B-BOY NOVELS)
西江 彩夏
リブレ出版 2009-05

by G-Tools

 わー!変な攻めのお話ですよ!

 家電店のクレーム係の受けは、そこそこきれいめなお兄さんですがゲイなのです。隣りにこしてきたイケメンはとにかくイケメンだしめちゃ好みなのですが、とにかくワガママ俺様ナルシストではた迷惑なのです。電化製品こわれたとかで夜中に呼ばれたり、いくらタイプでもこんなん好きになれないぞ…とか思ってたら、しだいにイケメンの孤独さとか不器用さ素直さとかに気づいていつのまにやらフォーリンラヴですかね、あれれ。

 わー、途中までは神のように面白く、こ、これはヤバい…!と、なにがヤバいのかよくわからないなりにかなりの危機感と期待感でゾクゾクさせてくれてたのですが、後半ちょっとグダったような。
 しかし後書きによるとこれがファースト単行本なのだそうで、一作目からあんまり神作品でも困ってしまう(?)ので、それにグダっていてもなおかなり魅力的なお話とキャラなので、よかったのかなと思います。

 しかし攻めカワイイなあ。正直読み終えて思い返すと、ワガママなのは正直だからで、率直さは素直さでもあって、実は真面目で勤勉で、恋人になると甘やかしまくりで、でも有事のさいにはいじわるで、と、なんかあんましキャラたってない気もするのだが、そんなこんなをまるっとくくって勢いで書ききってくれてる感じ。あと、よくわからんけどとにかく変であることだけは確かなので、変なキャラ好きのあたしの萌えをきっちり刺激してくれた感じ。
 受けは自分の思ってる事言えないのが優しいキャラと勘違いされがちで、それで元カレともうまくいかなかったり、クレーム処理がうまかったり、それで攻めのワガママにも振り回されたり。で、その攻めになんとか自分の思いや考えを伝えようとがんばったり、するっと伝えてたり

 なんか後半はなにが問題点なのかがだんだんぼやけてきてた気がする。
 攻めが出来ないのは怖いからで、なんで怖いのかというと受けへの遠慮だと本人は思ってるけど、受けが考えるにたぶん攻めは自分をさらけだせないからで、それがナルシストだということなのだろうが、あんましそのあたりはっきり書かれてなかったしややわかりづらい。そして、攻めのそういうところを埋めてあげたいのに、逃げてしまって別れを選んで、自分も悲しいし攻めにも申し訳なくて、という辛さはわかるのだが、それをひっくりかえして別れを諦める決心をさせてくれたのは、攻めがなりふりかまわずに来てくれたからなんだよね?ということは、それがナルシシズムを超えた、ということなので、寝る寝ないにかかわらず、それだけで攻めとやりなおそうと思えたのだ、ってことかな?
 と、まあなんか説明はできる気がしますが、もうちょっと整理して説明もしてほしかったなあ。

 というわけで、キャラもお話も構成があらっぽい気がしましたが、荒削りさが魅力でもあるような気もするし、いろんな意味で面白かった。

 タイトルはあんまし合っていないし、インパクトにも欠ける気がしてもったいない。
 絵は、金ひかるはすきなのだが、線がやわらかすぎるので、この話というかこの攻めには合わない気がした。もっとカッチリしたゴテゴテイケメンを書けるイラストレーターさんがよい気がするのです。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1748

コメントを投稿

with Ajax Amazon