"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

いとう由貴『天使と野獣』

 髪を切りました。こんな短いのは久々です。美容師さんに、アレみたいにしてください、とはとても言えず、なんとか回りくどく意思表示したのですが、わりとイメージ通りにしてもらえてよかったですv

477810742X天使と野獣 (ショコラノベルス)
いとう 由貴 六芦 かえで
心交社 2009-04-10

by G-Tools

 北東欧?あたりの架空の国にピアノ留学中の日本人受け。道に迷って邸の前で行き倒れたら、その邸の貴族が助けてくれて滞在させてくれることになりました。しかし受けをたすけてくれたのは、ほんとは隣の邸のなんか悪い噂がつきまとう嫌われ者貴族=攻めだったのです。受けは噂も気にせず隣りの貴族に近づいて、攻めも天真爛漫な受けが好きになってしまい、なんかそういうことになるのですが、お世話になってた貴族がなんか遺産問題でもめてるらしく事件が続発、攻めがそれら事件の犯人だと疑われたりなんだり。

 なんだか薄かったなあ。後半とばしてしまった。
 架空の国である必要あったのかなあ。
 遺産問題がクローズアップされてたけど、あんまし面白みがないし恋愛物語にからめてもあんまし面白くなかったし、解決に関してもなんか飛びすぎてちょっとそらぞらしくなってしまってる印象だ。
 受けはいい子というかむしろむやみに天真爛漫というか、なんかあんまり感情移入できない。性別受け的な印象もある。
 攻めはせっかくヒゲなのにあんまし活きてない。悪い噂のせいで孤独な攻め、でもほんとは優しい、というキャラもあんまし奥行きがなくて魅力的には感じられなかった。

 うーん、いろんな要素がなんかそれぞれ微妙に活躍できてないというか、勿体ないような、なんかそんな感じ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1743

コメント

えええ!
アレってなんですか。ヒントください!時間差ですみません!

>マリィさん
おもわせぶりでもうしわけない。
しかし、恥ずかしくてとてもここには書けません…。

コメントを投稿

with Ajax Amazon